挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
あいつとの電話 作者:酒井しのぶ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

25/25

熟女フェチの本領発揮

S: あんた高橋さんと二人で健康ランドに行ったんですって?

Y: ああそうだ どこで誰に聞いたんだ

S: めぐみさんに聞いたのよ

Y: めぐみだと? おまえいつからめぐみとそんな 主婦の井戸端会議みたいな会話をするようになったんだ

S: めぐみさんは高橋さんの奥さんみたいなもんなんだし あんたのお姉さんなんだから ちょくちょく連絡とっているのよ

Y: それであれか どこそこのスーパーのタイムセールでサンマが安かったとか あっちよりこっちのドラッグストアのほうがトイレットペーパーが安かったとか そんなババァみたいな会話をしているわけだな

S: してないわよ あんたと高橋さんがバカで間抜けだって話しかしてないわ

Y: そうか そんな無駄な話しかしてなかったか

S: で? なんで男二人で健康ランドなんかに行ったのよ

Y: 男二人で健康ランドに行く理由を いちいちおまえに話さなきゃならないのか

S: 実は女連れだったとか? あ! 健康ランドで合コンとか!?

Y: ジジババの慰労会じゃないんだぞ 健康ランドで合コンなんかするわけないだろう

S: あぁぁああ!! あんたたち 健康ランドじゃなくって ソープランドに行ってたのね!?

Y: なぜそうなる

S: だって高橋さんの仕事って 風俗雑誌の編集長でしょ? 風俗嬢に知り合いがたくさんいるんでしょ? 風俗嬢と合コンしたりしているんでしょう?

Y: すべてあっているが ソープランドには行ってないぞ

S: じゃあなにしに健康ランドに行ってたのよ

Y: 健康ランドってのは 普通はだいたい風呂に入るために行くもんだぞ

S: 男二人で? お風呂?? バカじゃないのあんたたち

Y: なぜそうなる

S: サウナで匿名係長の真似でもしていたわけ? あんたのカシューナッツで?? 健康ランドのサウナじゃ ボインのお姉ちゃんは現れないわよ?

Y: おまえの想像力には驚かされるな 特命係長の真似だと? サウナであんなデカイもんおっ立てたら 大火傷するだけだ バカかおまえは

S: バカって言うなバカ!! じゃあなにしてたのよ!! ハッキリ言いなさい!!

Y: ハッキリもへったくりもあるか 風呂に入ってアカスリしてもらって 生ビールを何杯か飲んだだけだ

S: アカスリですって? 健康ランド勤務の花も散りかけたババァに ゴシゴシとアカスリしてもらったって言うの? それだけ?? 若い女と遊んでいたんじゃないっていうの!?

Y: おまえ おれが熟女フェチだってことを忘れたのか ババァのアカスリも捨てたもんじゃないぞ 風呂だからこっちは素っ裸だしな なかなか興奮するんだ アカスリってのはオーラルマッサージみたいなもんだからな それはそれで気持がいいんだ 高橋だってあのニヤケ面をさらにほころばしていたぞ 終わったあとに半立ちのナニをババァに見せて笑っていたぐらいだからな

S: あんたたち ババァ相手に鼻の下を五メートルも伸ばしていたって言うの!? 信じられない!!!

Y: 鼻の下が五メートルも伸びるヤツがいたら見てみたいもんだな

S: だったらいますぐ鏡でも眺めてきなさい

Y: やれやれだな 他に用がないならもう切るぞ

S: あぁぁああ!! ちょっと待ちなさい!!!

Y: それじゃあまたな

S: 待ちなさいってば!!! ババァとあたしとどっ……


【酒井しのぶのブログを紹介】
しのぶのあっちがわ
酒井しのぶの作品や更新情報の紹介、作家として思うことなどを書いているブログです。

【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 2bb0b57b.png

一話読みきり短編作品集 d4e47648.png

電話での会話形式による超ショートショート集 aaa332cb.png

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらクリックにご協力ください。 一人でも多くの人にわたくしの作品を読んでもらいたい……。 そんな小さな願いのために、お願いいたします。
cont_access.php?citi_cont_id=866010373&s site_access.php?citi_id=483086774&size=8 にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン all_banner-4.gif

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ