挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
あいつとの電話 作者:酒井しのぶ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

23/25

今年のバレンタイン

S: もうすぐバレンタインだから どこかに連れてってよ

Y: おまえバカか

S: バカとはなによ!! バカはあんたでしょ!!

Y: バレンタインってのは 女が男にくそったれに甘いチョコレートをプレゼントするイベントだろう なんでおれがおまえをどこかに連れていってやらなきゃならんのだ

S: あら アメリカかぶれなあんたにしちゃ 間抜けな発言ね

Y: なぜだ

S: 女がチョコをプレゼントするのは 日本だけよ チョコレートメーカーに踊らされた日本人が風習にしただけなのよ

Y: 知っているぞ おれはチョコレートなんてくそったれに甘いものは食わん おれにそんなものはよこさなくていいからな 

S: だから あんたにチョコなんかあげないわよ あんたがあたしを楽しませなさいって言ってるのよ!

Y: やれやれだな まったく

S: なんでもいいから 温泉旅行を計画しなさい

Y: また温泉か そこらへんの健康ランドでいいじゃないか

S: ジジババのデートじゃないのよ!!

Y: 遠出をしたって疲れるだけだ 温泉に入るために疲れてどうする

S: あたしは疲れないわ 疲れるのはあんただけよ だから関係ないわ

Y: おまえ 自分がとてつもなくおかしなことを言っているってわかっているのか

S: なにがよ?

Y: おまえはいま おれに温泉に連れていってくれと お願いしているんじゃないのか? だったら おれが疲れようが関係ないなんてことは言わんだろう 普通はねぎらいの言葉を言うもんだ

S: おかしなことを言っているのはあんたよ あたしはあんたにお願いなんかしてないわ あたしはあんたに 命令してるのよ 

Y: そうだったか おれの勘違いだったってことか

S: そうよ わかった? わかったらさっさと温泉の予約をしなさい

Y: いますぐにか どこに行くのかも決まっていないのにか しかもおまえとのくだらん会話で電話を使っちまっているのにか

S: あたしとの電話のどこがくだらないっていうのよ!!

Y: まぁいいだろう 場所を決めろ そしたらおまえとのどうでもいい電話を終わらせてからホテルの予約をしてやる

S: 場所はどこでもいいわ 

Y: そうか じゃあ都内で温泉が出る健康ランドを探しておく それじゃあな

S: ちょっと待ちなさい!! 都内なんてだめよ!! 健康ランドなんて絶対ダメ!!

Y: どこでもいいと言ったのはおまえだろう

S: もういいわ あたしが予約するから あんたバレンタインの連休は仕事を入れないようにしておきなさいよね

Y: そうか 今年のバレンタインは連休なのか

S: そうよ だから一泊くらいで温泉旅行をしようって言っているんじゃないの

S: 連休じゃどこも混んでいるだろう 別の日にしろ

S: 別っていつよ?

Y: そうだな 来年のバレンタインなんてどうだ?

S: いまからぶっ殺しに行くから そこでじっ……


【酒井しのぶのブログを紹介】
しのぶのあっちがわ
酒井しのぶの作品や更新情報の紹介、作家として思うことなどを書いているブログです。

【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 2bb0b57b.png

一話読みきり短編作品集 d4e47648.png

電話での会話形式による超ショートショート集 aaa332cb.png

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらクリックにご協力ください。 一人でも多くの人にわたくしの作品を読んでもらいたい……。 そんな小さな願いのために、お願いいたします。
cont_access.php?citi_cont_id=866010373&s site_access.php?citi_id=483086774&size=8 にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン all_banner-4.gif
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ