挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
あいつとの電話 作者:酒井しのぶ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

22/25

イタリアからの電話

S: 元気にしてた?

Y: いつもとなにも変わらん

S: なにもってことはないでしょう? あたしがいなくって淋しいんじゃないの?

Y: そんなことはない いつも以上に順調だ それじゃあな

S: ああ! ちょっと待ちなさいよ!!

Y: なんだ? イタリアからコレクトコールでかけてきて 長電話をしようっていうのか おまえは

S: いいじゃないのよ! あんたいっつも がっつり稼いでるんでしょ

Y: がっつり稼いでも おまえの浪費に消えていくんだ 

S: あたしがいつどんな浪費をしているっていうのよ!!

Y: 言ってほしいのか?

S: 言ってみなさいよ!! 

Y: たとえばだな

S: たとえば?

Y: イタリアからのコレクトコールとかだ

S: あんたぶっ飛ばされたいの? それはいまの話でしょ

Y: そうだ いますでに無駄な浪費をしているってことだ

S: なによ! せっかく暇しているんだろうと思って電話してやったのに!!

Y: そうだ 暇なんだ だからかねが稼げない のんきに国際電話なんかしている場合じゃない

S: やれやれね

Y: それはおれの台詞だぞ

S: あたしがわざわざ イタリアから電話してやったんだから ありがとうとか 愛しているよとか ちょっとは気の利いた台詞でも言ってみたらどうなのよ!?

Y: 意味がわからん なぜイタリアからのコレクトコールがありがたいんだ? それに おれがおまえに愛しているなんて言うとでも思ったか?

S: やれやれだわ

Y: ところでおまえ なんでイタリアにいるんだ?

S: 旅行よ 

Y: そりゃそうだろう 労働ビザだったら大笑いだ 一人で旅行とは 淋しいのはおまえのほうじゃないか

S: 誰が一人って言ったかしら? 

Y: そうだな 誰かと一緒なのか

S: 当たり前じゃないの!

Y: そいつは男か?

S: 当たり前じゃないの! あたしはあんたなんかいなくったって ぜんぜん困らない女なのよ

Y: そうか だったら電話なんかしてこなくてもいいだろう 

S: なんて言い草なのかしら!! あんた本当にバカね!!

Y: バカはおまえだ 男と海外旅行しているのに 別の男に電話なんかするな おれに惚れているのは自分ですって言っているようなもんだぞ

S: なっ! なに言ってんのよ!! そんなことあるわけないじゃないの!! バカ!!

Y: ああそうか おまえイタリアで男に振られたのか

S: なに言ってんのよ!! あたしが男に振られるなんてありえないわ!!

Y: だったら その男とよろしくやっていろ おれはおれでこっちで若い女と楽しく腰でも振りあうさ それじゃあな

S: ちょっと待ちなさい!! 若い女って誰よ!! あたしだってじゅうぶん若…… 


【酒井しのぶのブログを紹介】
しのぶのあっちがわ
酒井しのぶの作品や更新情報の紹介、作家として思うことなどを書いているブログです。

【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 2bb0b57b.png

一話読みきり短編作品集 d4e47648.png

電話での会話形式による超ショートショート集 aaa332cb.png

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらクリックにご協力ください。 一人でも多くの人にわたくしの作品を読んでもらいたい……。 そんな小さな願いのために、お願いいたします。
cont_access.php?citi_cont_id=866010373&s site_access.php?citi_id=483086774&size=8 にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン all_banner-4.gif
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ