挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
あいつとの電話 作者:酒井しのぶ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

19/25

ファッキン・ジーザスより正しい

S: あんたの雑学が役に立つときがついに来たわよ

Y: なにか誤解があるようだから言っておくが おれは雑学王じゃないぞ 普通の一般的な知識しか持ち合わせない おまえがバカなだけだ

S: バカって言うな!! あんたのほうがもっとバカよ!

Y: そうか じゃあおれには答えられん またな

S: ああちょっと待ちなさいって! まだ質問すらしてないじゃないの!!

Y: バカだからわからん

S: すねちゃってかわいいとこあるじゃないの

Y: この連載がセリフのみで構成されているのをいいことに 読者に誤解を植えつける発言をするのはよせ すねてなんかいない やれやれと思っているだけだ

S: チップとデールって どっちがどっち?

Y: いきなり話題を変えてきやがったか なんだそれは?

S: 知らないの? ディズニーのアニメキャラよ

Y: ミッ○ーのナニがでかいってのは知っているがな

S: そのくだらないトリビアは いったいどこの誰の情報よ

Y: おれの妄想情報だ

S: タヌキじゃないんだからね あれはネズミよ!

Y: チップとデールはネズミなのか

S: 違うわよ チップとデールは…… あれ? なんだろう? リスかな?

Y: 知らないのか

S: どんぐり食べて 木に住んでいるから リスよ

Y: どんぐりを食って木に住んでいる生き物なんて ほかにもたくさんいるぞ

S: いいの!! あたしがリスって言ったらリスなの!!

Y: そうだな おれもそんな気がしてきたぜ おまえの言っていることは ファッキン・ジーザスよりも正しいからな

S: バカにしてるでしょ

Y: してないぞ これは真理だ おまえはおれにとって正しい存在だってことだ

S: それで? どっちがどっちなの?

Y: やれやれだなまったく 鼻が赤いのがデールだ 

S: 知ってるんじゃないの!! 

Y: あてずっぽうに言ってみただけだ

S: 嘘おっしゃい!!

Y: 本当だ おれはそんなどんぐりが主食の生き物なんて 見たこともない

S: じゃあなんで鼻が赤いって知ってるのよ!

Y: おまえ最近 探偵っぽい洞察力が芽生えてきてるな

S: 最近じゃないわ 前々からよ 生まれた時からの能力よ!

Y: やれやれだなまったく

S: で それは本当なんでしょうね

Y: なにがだ

S: 鼻が赤いのがデールだって

Y: さぁな

S: 適当に言ったの!?

Y: いや、おまえが置いていったチップとデールのタオルが目のまえにある チップとデールって書いてある文字の上にどんぐりを食ってる生き物が二匹いて 右のヤツの鼻が赤い だからだ

S: ちょっと待って あたしそんなタオル持ってないし あんたのところに置いていってなんかいないわよ

Y: そうだったか じゃあこれは真由美のだな

S: 嘘おっしゃい!! いったいどこの女のタオルなのよ!!

Y: 高橋のだったかもしれん

S: 高橋さんがそんなかわいいタオル持っているわけないでしょ!!

Y: やれやれだなまったく

S: やれやれはこっちよ! このトウヘンボクのスカポンタ……


注: 真由美 高橋 共にファッキン・シスターズ・クライストに登場します


【酒井しのぶのブログを紹介】
しのぶのあっちがわ
酒井しのぶの作品や更新情報の紹介、作家として思うことなどを書いているブログです。

【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 2bb0b57b.png

一話読みきり短編作品集 d4e47648.png

電話での会話形式による超ショートショート集 aaa332cb.png

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらクリックにご協力ください。 一人でも多くの人にわたくしの作品を読んでもらいたい……。 そんな小さな願いのために、お願いいたします。
cont_access.php?citi_cont_id=866010373&s site_access.php?citi_id=483086774&size=8 にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン all_banner-4.gif
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ