挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
この世界がゲームだと俺だけが知っている 作者:ウスバー
225/239

第二百十六章 重なる指先、すれ違う想い

「――いよいよ、だな」
「……うん」

 天空都市の船首。
 その甲板に、俺は仮面を取ったサザーンと並んで立っていた。

「こんなところまで付き合わせて、ごめん」

 常ならぬ、儚げな声で彼女は言う。
 孤島の上空についたところでサザーンが甲板に出たいと言い出し、その意をくんだ俺がついてきたのだ。

「邪神の欠片の討伐は、僕の、ううん、一族の、悲願なんだ。
 そう考えたら急に、怖く、なって……」
「力を貸すって、言ったろ」

 遮るように返すと、彼女は「ありがとう」と微笑んで、寂しげに故郷を見下ろした。

「封魔の陣の、光。昔はあんなに嫌だったのに、何だか全部、懐かしいな」

 彼女にしか見えない光に向かって伸ばしていく、その震える手に……。
 俺はそっと、自分の手を重ねた。

「あ、あ、あ、あのっ、ソーマ!?」
「力を貸すって、言ったろ」

 俺がもう一度そう口にすると、彼女は真っ赤になってうつむいてしまった。
 その緊張をほぐすように、あえて軽い口調で話しかける。


「ほら、ゆっくり深呼吸してー」
「……う、うん」


「右手をピンと伸ばしてー」
「……うん」


「邪神の封印解いてー」
「うん。……え?」



 そして……。

 甲板の端で封印を解かれた邪神の欠片はひゅーんと落ちていって、封魔の陣にぶつかってベチャッてなって死んだ。

 消えていく死体を呆然と眺めるサザーンの肩を「やったな!」と叩くと、喜びが溢れ出したのか、彼女はそのまま泣き崩れたのだった。
悲願成就!


ソーマ「いいことをすると気持ちがいいなあ!!」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ