挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
幻想再帰のアリュージョニスト 作者:最近

第3章 特権者のヒロイック・シンドローム、さもなくばアズーリア・ヘレゼクシュの憂鬱

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

55/179

0-4 『祈りの価値』

 ――貴方の名前は今日からマリー・スー。
 突然村に現れた、とてもきらきらした女性。
 彼女はダーシェンカと名乗ると、そう言って『かたち』を与えてくれた。
 霊長類の女の子。
 魔女の影、その卵なのだと彼女は教えてくれた。
 小さな私にはちんぷんかんぷんだったけれど。
 妹の形態に引き摺られていた私の変身形態は、そうしてちょっとだけ変化したらしい。自分ではよくわからないけれど、摸倣先が二つに増えて『個我』が強固になったとかなんとか。
 やっぱり難しい言葉ばっかり。
 私にはわからないことだらけ。
 ダーシェンカはその他にも色んな話をしてくれた。
 難しいことはよくわからない。
 けれど色々な話を聞くのは単純に楽しかった。
 私たちは未知が大好物。
 知らないものをいっぱい食べて、触手で影の中に詰め込んだら、それをバラバラにして組み替えたり、法則性を見つけて関連付けしたり。

『抽象化と推論能力の自覚まであと一歩ですね』

 そんな、全く理解できない言葉もただ暗記して、全部ばらばらに解体して、その他の摸倣したものと関連付けていく。
 人里に降りた時、同じくらいの子供たちに『真似っこしかできない馬鹿生物』ってからかわれたのを思い出す。
 ビーチェが追い払ってくれたけれど、私だけじゃなくて村のみんなやビーチェまで馬鹿にされたのが悲しくて泣いてしまった。

『創造とは、人格とは、智慧とは、そして知能とは、果たしてどのようなものでしょうか』

 ダーシェンカが、かつてのビーチェと似たような事を言ったから、私は驚いてしまう。もしかすると心の中を覗けるのだろうか。
 怖くなってうずくまる。
 そうしたら、ダーシェンカはやさしく私の頭を撫でてくれた。

『それを確かめるのに、うってつけの場がありますよ』

 うってつけ?

『貴方が失った何かを取り戻す為に』

 失ったもの。
 私は二つのものを同時に見失った。
 なにより大事なベアトリーチェと、妹を呼び止める為の言葉を。

『知恵競べ、してみませんか?』

 お父さん、お母さん、長老様、村のみんな。
 周りの誰もが口を揃えて『ダーシェンカ様がそう仰るなら』と言って、私はそのきらきらした女の人に預けられる事になった。
 失われた何かを、取り戻す為に。
 住み慣れた家から離れるのは心細かったけれど、お手紙を書くからねとお母さんが言ってくれたからちょっとだけ勇気が湧いた。
 ――この人と一緒に行けば、私は見失ってしまった妹を、そして言葉をまた見つけることができるのだろうか。
 一歩を踏み出すのはひどく不安だったけれど。
 ビーチェともう会えないのはもっと怖かった。
 だから私は最初の手紙を出す事にした。
 実のところ、妹に書き方は教わっていたけれど、実際に書くのはそれが始めて。
 長老様の所に滞在していたダーシェンカという女性に手紙を手渡すと、彼女はあらと口に手を当てて、それから私の頭を撫でてこう言った。

『よろしくお願いしますね、小さなマリー』

 そして私は、朝と夜の区別がない、とても不思議な場所に連れてこられた。
 黒百合宮という名前だと、ダーシェンカが教えてくれた。
 未知なる末妹。最後の魔女。呪文の座。二番目の三叉槍。言われている意味はよくわからなかったけれど、その候補者を育て、選ぶための場所なのだという。
 二種類の人がいるのだと、なんとなく見分けがついた。
 『候補』と『姉妹』――末妹候補が生徒で、キュトスの姉妹が先生だった。
 そこは不思議な学校だった。
 一人一人別々の授業を受けるけれど、同じ先生に教わる時には机を並べることもある。生徒の数は私の他に三人だけ。
 なんだかとってもきらきらした服やぱーっとした装飾品を身につけていて、身体の回りを『風』や『波』がぐるぐるしていた。
 あとから授業で教わったけれど、摸倣子が沢山の意味を媒介しているからそう見えるらしい。
 高級な服を着ていると、『流行ミーム』や『デザインミーム』が運動するらしい。不思議だと感じたのは、他の三人にはそういうものが私ほどはっきりと見えていないらしいと知った時だ。
 私の見ている世界は、他の人が見ている世界とは違うんだ。
 みんな年上で背が高いから、視点だって私よりずっと高い。
 なんだか眩しい人達だなあと思った。
 近寄るのがなんだか怖い。
 優しい声で話しかけてくるけれど、ダーシェンカがくれた帳面で返事をするとどうしてももたもたしてしまって会話をするのも一苦労。
 三角帽子の人と三角耳が生えた人、それからちょっとだけ私と似た雰囲気の人たちはみんな私に親切にしてくれたけれど、お話しているとなんだか申し訳無くなってしまって、自然と彼女たちを避けるようになった。
 迷惑をかけてしまうから、というのもあるけれど、声を使って素早く話せない自分がなんだか惨めな気がしたからだ。
 そうしてしばらく経ったある日、私は『彩石の儀』というものに参加することになった。
 アストラル界に飛び込む、なんて言われてもよくわからなかったし、そんなことができるとは思えなかったけれど、ダーシェンカに言われるがまま適当に手足を動かしていたら、いつの間にか一番だと言われてしまった。
 びっくりした。
 アストラル界というのはよくわからない。
 私はただ、影の海を泳ぐようにしているだけ。
 それでも、私が何の実感もなく一番になってしまったことで、周囲の様子は一変した。人が増えたのだ。
 生徒の数は四人から倍の八人に。
 それから、ダーシェンカが『えこひいきに見られちゃうから』と言って私のそばを離れていった。寂しくなって泣いてしまったけれど、新しい白黒の兎みたいな先生はよくわからないけどおかしくて優しい人だったからすぐに寂しく無くなった。
 なにより、毎日お菓子を沢山くれるのが素敵だ。
 私やその先生も含めて一人一人が『号』という色の名前を持っていて、彩石の儀の最中はその号で呼び合うのが倣いらしい。
 ――色。
 もちろん、それが何かは知っている。
 『電磁波』というものだとビーチェに教えて貰ったし、黒百合宮でも習った所だ。ちゃんと理解している。それぞれ違うこともわかる。わかると思う。
 ――少し不安だった。
 本当に違うのだろうか。
 私の見ている色は、他の人が見ている色と同じ?
 違うのはわかるけど、その『違い』は同じ『違い』なのだろうか。
 わかると思う。だから、私は必死になって『みんながどう違うか』を覚えることにした。色の違いとみんなの違い。それは違うものだけど、色の名前と号の名前は同じものだ。似ているのなら、似たように覚えられる。
 似たものは同じだって、授業で習った。
 だからこれで正しいはずだ。
 隣国ドラトリアから留学に来ている穏やかなお嬢様イエローは内側に何か変なものがいて、頭から三角耳になって飛び出している。
 そのお姉さんで、こっちはどこかねじの外れているグリーンは『かたち』があやふやな所が私そっくり。
 クロウサー家というとても大きな一族の令嬢、三角帽子のシアンは明るくてちょっとうるさい。
 周囲の全てを怖がっているようなびくびく屋のホワイトは、背丈が小さくて少し親近感。でも一番年上なんだってシアンに聞かされてびっくり。
 頭の横で長い髪を束ねたグレーはとっても近寄り難い雰囲気で、周りと壁を作っているみたいだった。でも勇気を出してお手紙を出してみたら意外と気さくで親しみやすい子。すぐに私たちは友達になった。
 頭の花飾りが艶やかな明るいティールは、裏庭で花壇のお世話をするのが好きな優しい子。最初は上手に話せなかったけど、葉っぱでお手紙を書くやり方を教わってからは密かな文通相手になった。後でみんなに見つかって、ずるいずるいと一悶着あってからは全員で葉っぱの手紙を送り合うことになった。
 何を言っているんだかさっぱりわからないけどお菓子をたくさんくれるから大好きなクリア先生。
 それから、いじわるでえらそうで――誰よりきれいなブラック。
 最後に私――アズールが加わって、その小さな世界は完成する。
 八人の黒百合の子供たち。
 クリア先生は、そんなふうに私たちを呼んで、いつしか私たちも自分たちがそうなんだと受け入れていった。
 名前を付けること。
 それが一番はじめに人が覚える呪文なのだと、私はそうして学んだのだ。



 ブラック――と言っても二人の時はだいたい本名で呼んでいたけれど――が私に呪文の勉強を教えてくれるようになってからしばらく経った。
 最初はなんて失礼で嫌な子なんだろうと思ったけれど、彼女と一緒にいると安心できた。年下なのにしっかりしていてとっても物知り。
 なんだか妹と一緒にいるみたいで、私はついつい彼女に甘えてしまう。
 ――それはなんだかいけないことのような気がしたけれど、気がつけば彼女は私にとって一番身近な人になっていた。
 離れるなんて、もう考えられない。
 そのうち、次々と仲の良い相手が増えていった。
 隠れて裏庭にいる私たちを見ていたティールとホワイト。
 それから恐がりなホワイトに構いたがるシアン。
 シアンと仲の良いイエローとグリーンの姉妹が加わって、そこにクリア先生がお菓子を持ってやってくる。
 いつも独りのグレーとも仲良くしたいねとみんなで話して、丁度その頃ティールと私の文通から発展した『葉っぱの伝言板』を使って話しかける作戦を決行。
 結果は良好で、実はとっても穏やかで親しみやすい人だったグレーも仲間入り。
 どうしてか両手に手袋をしているのが不思議だった。私が着ている黒衣みたいに『風』や『波』を遮る素材でできているみたいで、もしかしたら私の仲間なのかなと思ったけど違うみたい。
 グレーはとてもいい子だったけれど、どうも私の事を避けている感じがして少し寂しかった。嫌われてるのかなと思って落ち込んだ。
 ある日、アストラル界での戦いで初めて負けた。
 とっても強いパープルとヴァーミリオン、それからフルブライトとノーレイが一斉に襲いかかってきて、今までずっと負け知らずだった私はとうとう敗れてしまった。はじめはぽかんとしていたけれど、時間が経ってなんだか悔しくなってきた。
 その時に最後まで勝ち残ったのはパープルらしい。
 どうにかしてパープルに勝ちたい。
 そう思った私は、以前はパープルと同じ【虹のホルケナウ】という場所にいたグレーに葉っぱの伝言板で質問した。

『アズールからグレーへ。パープルってどんな人?』

 当然、それは他のみんなにも伝わるから、

『ブラックからグレーへ。ジルも知りたい。無敵だとか未来予知ができるとか聞いてるけど本当なの』

『ホワイトから全員へ。ていうかホルケナウ組の奴ら絶対結託してやがりますぅ。こっちも全員でシメてやるのがいいと思いまーす』

『ティールから全員へ。みんなで力を合わせるのって素敵ね! いつもは好敵手だけどここぞという時に結束するのって私やってみたかったの』

『シアンからホワイトへ。こないだお姉ちゃん協力しようってそっちから言ってきたのに私の背中を撃ったよね。ひどいよ』

『イエローとグリーンから全員へ。ところで皆さん、故郷から素敵なロクゼン茶の葉っぱが送られてきたのですが、今度のお茶会でいかがです?』

 などと、関係無い方向に脱線したりもしつつ、結局は全員が話に入ってくることになった。
 その後お茶会をしながらグレーの話を聞くことになった。
 周囲から視線を向けられてグレーはやや居心地悪そうだったけれど、おずおずと話し始める。つまり、端末に文字を打ち込んで立体投影するということだ。
 私やジルがいるとき、話す時は文字を使う。
 ティールの『葉っぱの伝言板』と同時期にできた、私たちのルールだった。

『パープル――紫のティエポロスはね、なんだか不思議な子だよ。あたしはそれなりに話すんだけど、ぽわぽわしてるっていうか、ぽやんってしてるっていうか』

『それ自分のことじゃないの? と姉様が仰っています。セリアもそう思います』

 話の腰を折るのはよくあることだ。音がぶつかって打ち消し合ったりしないから、みんな好き勝手に卓上に文字を浮かべていくのである。記録も残るから混乱する心配もない。

『あたしそんなにぽわぽわしてないもん。それで、ティエポロスが未来予知できるのは本当だよ。よくホルケナウから星見の塔に行って、ビークレットお姉様のところで時間操作呪術を教わってるって』

『私、それ知ってる。塔にいた頃、フルブライト――コルセスカと一緒に優秀だって噂になってたもの。私は白百合宮に行っちゃったからあまり知らないけど、ホルケナウにいたんだね』

『未来予知かあ。あの超絶機動の秘密はそういうことだったんだね。ていうか時間系の呪術ってめっちゃ難しいって教わったんだけど何なの? その人らは天才なの? ずっこい!』

『貴方の重力操作や慣性制御も高位呪術なんですが。えっと、それはともかくですね。私ちょっと気付いたことあるんですが。多分、パープルとブルーって組んでますよね』

 ホワイトの発言に、全員の視線が集まる。
 びくりと怯えて縮こまってしまったので、シアンがふわふわと浮遊してよしよしと落ち着かせに向かった。

『その事ならジルも気になってた。単にあの大量のブルーを警戒して、接近を予知しているのだとばかり思っていたけれど――注意して見ていると、両者が連動しているように見えることがある。まるで、状況をある程度まで制御するかのように』

 沢山の『群れ』であるブルーは、私でも撃滅に時間がかかる強敵だ。
 相手をするのは面倒だし、誰かと戦っていた場合は戦闘を中断せざるを得ない。
 誰彼構わず襲いかかってくるから、災害とかそういうものに近い。

 だからブルーがパープルと組んでいるだなんて想像したことも無かったけれど――確かに、言われてみればこの間の戦いでは、パープルが戦場を突っ切ったせいで私はブルーの群れをいっぺんに相手にしなくてはならなくなった。

 いつもなら、みんなが思い思いの相手を狙うから強敵がいっぺんに襲いかかってくることはないのだけれど。
 あれは、未来が見えるパープルの『場を支配する力』なのだろうか。
 グレーが思い出したかのように発言する。

『そう言えば、ティエポロスは使い魔の成績も凄かったよ。トライデントを除けば塔で一番だって。トライデントって人、あたし見たこと無いけど』

『パープルがブルーを操ってるということかしら? と姉様が仰っています。セリアもそう思います』

『逆の場合もあるんじゃないかしら。主人と使い魔の関係性って一方的とは限らないのよ。私と植物もそうだし。あるいは、対等な協力者っていうこともあり得る』

『そもそも、別に組んじゃ駄目なんて規則は無い。ここは』

『はい、私も賛成です。腐れヴァージリア以外で協力してパープルとブルーをやっつけちゃいましょう。あ、ヴァージリアは自爆でもしててください』

『あの虎やろーには私もこないだやられたんだよね。私も賛成。あとお姉ちゃんちょっと自重しようか。ヴァージリアもお願いだから暴力はやめてあげて』

 そんな風にして私たちは悪巧みを終え、そうして八人からなる一大勢力が結成された。名前はもちろん『黒百合の子供たち』だ。集団名があった方が呪力が高まるのだと、使い魔の呪術に詳しいティールが教えてくれた。
 試みは上手く行った。私たちは序盤に信号弾を打ち上げた大樹型のティールのところに集合し、その後は固まって移動した。
 やがてブルーがやってきた。しかし私たちは散り散りになることなく、防御と迎撃に優れた要塞の如きティールを中心にブルーと真っ向から対決する。
 私が縦横無尽に駆け回って青い群れを薙ぎ払い、空からホワイトのカラスとシアンの雲が光線を浴びせ、索敵に優れたグレーが他の敵の接近を察知するとイエローの翼猫とグリーンの深海魚が遊撃する。
 青き群体の嵐、その中に潜んでいた紫色の虎が隙を見せた私におそいかかる。
 とその時、同じくそれまで息をひそめていた黒き兎が、無防備になった攻撃の瞬間を狙って必殺の一撃をお見舞いした。
 大量の光線が空間を駆け抜ける。
 パープルの全身が穴だらけになり、ブラックが作戦を成功させたことに全員が沸き立つ。その後、数が減ったブルーを駆逐するのは簡単だった。
 首尾良く勝利したのは良かったのだが、その直後にホワイトが裏切ってグレーとティールを倒し、消耗した私たちは次々とホワイトに敗れていった。
 結局そのホワイトもブラックに返り討ちにあい、フルブライトを破ったヴァーミリオンとの一騎打ちにも勝利したブラックがその戦いの勝者となった。
 初めて一位になった、と実世界でジルは声もなく静かに泣いた。彼女が涙を流している所を初めて見た私は驚いてしまったけれど、それは悲しい涙ではなく、嬉しい涙だったから、私はよかったねと帳面に書き付けて、お祝いに自分用にとっておいたお菓子をあげた。
 必勝を期してこれ以上ないほどの瞬間に裏切ったホワイトは歯ぎしりして、

『うぐぐ。いつか必ずヴァージリアをこてんぱんにしてやります。今度はもっと鮮やかに裏切って――』

『裏切るのはやめなよお姉ちゃん。みんなに嫌われちゃうよ』

『次にお姉ちゃんって言ったら蹴飛ばしますよ』

 などと、シアンとやりあっていたが――。
 その日の夕食後、私たちはみんなでお菓子とお茶でささやかなお祝いをした。
 クリア先生が明日は休日だからと特別に許してくれたのだ。先生は手をぱんぱんと打ち合わせると八人でもとても食べきれないほどのお菓子を出してくれた。
 大量のお菓子はひとりでに動き出すと裏庭に駆け出していく。
 そして出来上がったのはお菓子の小屋。
 ちょっとした合宿場ですと先生は言って、私たちはこの上なく素敵な空間でその夜を過ごした。
 そう――夜。
 朝も夜も無い黒百合宮だというのに、その小屋の中には夜があった。
 なんとなれば、小屋の屋根はチョコレートでできていたからだ。
 真っ黒なチョコレートに真ん丸焼き菓子のお月様。
 四つの円の周りには金平糖のお星様。
 時折それは空から落ちてきて、流れ星のように意地汚く口を開けた私の所にやってきてくれる。
 ふわふわと浮かぶ綿菓子の暗雲が焼き菓子の月を隠して、浮き上がったシアンがそれをまとめて食べてしまう。
 四番目の月が食べられたと言ってジルが拗ねてしまい、私が新月なんだよと言って慰めたりして、その夜は穏やかに過ぎていった。
 夜に弱いシアンが欠伸をしながらも付き合ってくれたり、逆に私が元気になったり、概日リズムを自在に変化させられるグレーがなんだかいつになく活発だったりと、それはそれは楽しい時間だった。
 兎にも角にも、私たちはそんな風に協力したり競い合ったりと、静かだけど言葉の多さという点では騒がしい日々を送っていた。



 全てが順調だったかと言うと、必ずしもそうでもなかった。
 みんなの話す大陸共通語は方言混じりで聞いていて面白かったけれど意思を伝え合うのがちょっと難しい。
 音は違う癖に、文字で書くとたまに知らない単語が出てくる他はほとんど同じで二重に新鮮。
 古き神エーラマーンの加護によって変移していく文字はみんながわかるように大陸共通語のかたちをとるけれど、音はそうはいかない。
 『外』だと混ざり合ったりするらしいけれど、先生たちはそれはあんまり良くないことだと考えているらしい。
 私の『お師様』は頬を膨らませて、『誤解と混乱の元だから統一した方がいいのに』と抗議していたが、何度も却下されたせいでしょぼくれてしまった。私は事情がわからないながらも彼女を慰めた。
 四つめの月の王女様であるブラック――ヴァージリアは、世界中の言葉を整理する『図書館』の力がこの黒百合宮に届かないのが不満なんだとか。
 よくわからないけれど、家族に会えなくて寂しいのかなと思った。
 【心話】に頼ると教育上良くないから、という先生がたの言葉はよくわからなかったけど、私たちはたまに相手の言っている事がわからなくなりつつもなんだかんだで仲良く過ごしていた。
 ――実を言えば、たまに喧嘩はしたけれど。
 ――もっと正直に言えば、心がブラックなヴァージリアが(これは毒舌なイエローがにこやかに言った)ちっちゃなホワイトを虐めたり、悪い魔女から可哀想な少女を救うべく仲間想いのティールやシアンが立ち上がったり、間に入った私が何故か両方から追い回されたり、どっちの味方なのと両方から引っ張られたせいで分裂してしまったりと色々あったのだけれど。
 衝突してしまうのも仕方が無いのかも知れない。
 『黒百合の子供たち』の中には、一人として似た人がいなかった。
 みんなの言葉はちょっとずつ癖があって、文字の筆致もそれぞればらばら。
 私は人の顔の区別があんまりつかないけど、きっと顔立ちも全然違う。
 顔の全体像が把握できなかったから、私は服装と声で他の皆を区別していた。
 そんな私だったから、時折どこかから聞こえてくる綺麗な歌声のことはずっと気になっていた。
 あれは誰の歌声なのだろう。伸びやかなその歌声は、よく声を聴く周囲の子供たちの誰にも似ていなかった。
 ふと気付く。
 黒百合の子供たちの中に、声を出さない子供は二人いる。
 声が出せない私と、耳が聞こえないヴァージリア――ジルだ。
 私は杖の適性が低い為、端末が使えない。いわゆる『機械音痴』というやつだった。だから帳面を使って会話をする。ジルは私と同じく筆談で人と会話する。
 会話の方法が同じというのは、とても気安いことだ。
 けれど、私はいつでも彼女と一緒にいたのに、その声を聞いたことがなかった。
 愕然とした。
 とてとて走り出して、何度か転びながらも歌声が聞こえる方へと急ぐ。
 大理石の廊下を突っ切り、浮遊する螺旋階段を駆け上がり、光の滝を通り抜け、影の扉を開いて屋上へ。
 そこは小さな『星見の塔』だった。
 天文台と呼ぶのだと、後でジルに教えてもらった。
 途方もなく大きな望遠鏡、瓶の中にある帆船模型と六分儀、柱から伸びる影が私の故郷スキリシアと繋がって動く日時計、取り付けられた大鎌が不気味な『生死と収獲の暦』の石版。
 透明な呪文の結界の下は、不思議な呪具で溢れていた。
 太陽と星の下で、とても綺麗な少女が綺麗なことばを歌い上げる。
 陳腐かもしれないけれど、私は本当に綺麗だとしか思わなかった。
 その姿も、その歌声も。
 同じように綺麗だと思った人はいる。
 私にとってそれは妹ビーチェだった。あの子だけが私の一番綺麗で素敵なもの。
 けれど――その日はじめて私はそうではない誰かを『一番素敵だ』と思った。
 歌が終わるまで、私はずっとその場所に佇んでいた。
 やがて全てが終わり、静謐があたりに満ちる。
 振り向いたジルはそこでようやく私に気がついて、さっと頬を赤らめた。
 それから、傷付いたように息を飲んで、無言のまま涙を流した。
 その涙がいつか見たような嬉し涙ではなく悲しい涙だとわかったから、私は、

『どうして泣くの』

 と帳面を取り出して問いかけた。すると彼女は、

『変だと思ったでしょう』

 と不思議な事を端末に表示した。
 そして調子の外れた下手で耳障りな歌を聴かせてごめんなさい、もうしないから誰にも言わないでと素早く打ち込んで、そのままその場を立ち去ろうとする。
 私は取りすがって、そんなことないと否定した。

『素敵な歌声だったよ。私は喋れないけど耳は聞こえるからわかるよ。とっても上手だった』

『嘘。そんなの信じない』

 ヴァージリアは耳が聞こえない。だから、自分の歌声がどんなに素敵なのか知らないんだと私は思った。
 それを正確に伝える術が無いことを歯痒く思ったけれど、どうにかして今の自分の気持ちを伝えたいと私は思って、精一杯の言葉を文字にしていった。
 それはとても遅くて、ひどくもどかしい作業だった。
 みんながあたりまえのようにできる喋るという素早い行為が自分にはできない。
 それでも私には言葉しかない。
 書くことでしか、想いを伝えられない。
 私が彼女の歌を聴いて感動したという気持ちは『ほんとう』のはずなのに。
 それは、このちっぽけな紙の上だけにしか表現できないのだ。
 なんて歯痒くて不自由なんだろう。

『語彙が貧弱。もっと比喩の勉強をしないと、立派な呪文使いになれない』

 しばらくして、ヴァージリアは涙を拭いながら片手でそう打ち込んだ。

『けれど、勢いは伝わった。さすが、感性だけで勝ち続けてるアズールの言葉には力がある――ような気がするけど錯覚かも』

 錯覚でもいいと私は思った。
 それが一時の幻でも、すぐに消えてしまうような泡沫の言葉でも。
 その言葉を受け取って、私の想いが感覚されている瞬間だけは『ほんとう』だと思ったから。そんな想いも、やがて私の中で消えていくのだろうか。

『ありがとう。嘘でも嬉しい』

『嘘じゃないよ。きっとみんな素敵だって言ってくれる』

 そうだ、と私は思いつく。

『もっと色んな人にジルの歌を聴いて貰えばいいんだよ。黒百合宮だけじゃない。外の世界の色々な人に。きっとみんな認めてくれるよ』

 この上ない妙案だと私は思った。
 黒百合宮のみんなは身内みたいなものだから、素敵だと褒めても疑い深いヴァージリアは信じないだろう。
 ならば、世界中の人に聞いて貰えば、ヴァージリアは自分を信じられるのではないか。自分の歌声が綺麗じゃないなんて悲しい思い込みを、粉々に砕くことができるのではないか。
 ヴァージリアは絶対に嫌といって譲らなかったけれど、私はその思いつきがいつか実現できたらいいなと思った。
 私たちは、しばらく二人並んで空を見上げた。
 太陽が燦々と輝いて、星空がきらきらと煌めいている。

『故郷の月が見えないのが残念』

 とヴァージリアは端末に打ち込んだけれど、私は月ならあるとその思い違いを訂正する。
 太陽の圧倒的な存在感のせいで目立たないけれど、空の端に下弦の月が見えている。そこから放たれる微弱な呪力を、私は敏感に感じ取っていた。
 四番目の月、太陰は規則正しくこの大地の周りを巡っている。
 だからこそ昼間でも空に昇るのだ。

『ね、昼間でも月は昇るんだよ』

 私は年下のお師様に何かを教えられるということが嬉しくて、得意になった。
 ヴァージリアはフードを深々とかぶりなおして表情を隠した。
 端末の上で指が止まる。何かを言おうとして、何も言えなくて。
 しばらく迷った後、彼女は端末で私の頭を軽くはたいた。ひどいと思った。
 取り留めなく話を続ける。
 ここは星が綺麗に見えて素敵だと文章にしたためて手渡しすると、ヴァージリアは星見の塔ではもっと綺麗で鮮やかだった、と伝えてくる。
 私はここよりも綺麗に星が見える場所があるなんて信じられなくて、ヴァージリアを嘘つき呼ばわりしたけれど、あんまりにも強く彼女が『本当だ』と主張するので『ならそこまで連れて行って』と要求した。
 ヴァージリアは嘆息して言った。

『いつか末妹候補の最終選考が始まったら、嫌でも行く事になる』

『そっか。そしたら、きっと私たちのどっちかが呪文の座だね』

『大した自信。だけど、勝つのは私』

 黒百合宮にいる誰もが、いずれは勝利のためにぶつかり合うことになる相手だ。
 どれだけ仲良くしていても――仲良くしているからこそ、お互いに手は抜けない。ヴァージリアは呪文のお師様だけれど、知識はともかく実践なら私の方が上手だから実際に競い合ったらどうなるかわからない。
 黒百合宮以外の拠点、星見の塔や虹のホルケナウにもとても凄い強敵が沢山いる。紫のティエポロスや緋のサンズ、明のコルセスカや暗のトリシューラといった天才たちは分野が違うけれど、最終的には四魔女として競い合うことになるかもしれない。
 それは少し寂しくて悲しくて――けれど、決して避けられない未来。
 私は後ろめたくなった。
 だって私には、切実な末妹になりたいという動機が無かったから。
 元々私は、この場所に声を――妹を取り戻す為の術を探しにやってきたのだ。
 呪術を学ぶことで力をつけ、いつか彼女がいるはずのもう一つの大地へ。
 それは、末妹になるという目的からずれているのではないだろうか。
 妹の事をヴァージリアの前で口にするのはなぜだかわからないけれど後ろめたかった。だから私は誤魔化すように訊ねる。

『ジルは、末妹になったらどうするの?』

 質問から長い時間が経ったけれど、私たちは時間を置いたやり取りには慣れっこだったから気長に返事を待つことができた。
 やがて、ヴァージリアは端末を私に示す。

『沢山、たくさんある。最初にお母様にお知らせするの。そしたらいっぱい褒めて欲しい。お姉様にも、本当に妹になれましたって胸を張って言いたい。故郷のみんなにどうだって威張ってやりたい。『図書館』のシステムを改革して、もっと効率化したい。それに』

『それに?』

『女神の眷族になれば、耳が聞こえるようになっても大丈夫かもしれない』

 不思議な言い回しだなと思っていると、ヴァージリアはゆっくりと自らの事情を端末に打ち込んでいった。彼女が自分の耳のことについて喋るのはそれが初めてだった。

『ジルは生まれる前からお姉様とお母様に呪詛をかけられて、末妹になるための調整を受けてきた。星見の塔にこの人ありと謳われた碩学の三女カタルマリーナお姉様と、その弟子にして呪いにおいて並ぶ者無しとまで言われたお母様の呪詛はジルの肉体を変異させ、高い呪術適性と引き替えに異形の耳を与え、代わりに聴力を喪失させたの』

 それを恨みに思うことも、悲観することも無く、ただ呪われた運命を尊ぶようにヴァージリアは言葉を紡いだ。
 最愛の庇護者たちからの呪い。
 かくあれと望まれた期待。
 それは重く、おぞましく、けれども彼女にとってなにより尊く聖なるもの。
 ヴァージリアはそれをただ誇らしく思っているようだった。
 家族という運命――その愛、その呪い。
 それは果たして、虐待であるのか、それとも可能な限りの力を与えるという優しさであるのか。
 彼女はあらかじめ失われた者なのか。それとも与えられた者なのか。
 私は何もわからず、ただヴァージリアの誇りをそのまま受け止めることにした。
 正しいものがあるとすれば、それは彼女の意思だけだ。そう思ったから。

『けれど、聴力の喪失は意図されたものだった。ジルの異形の耳は大気の震えではなくアストラルの波動を捉える。イエローの、セリアックの耳を見たでしょう。あの人ならざる三角の耳同様に、この世のものではない耳はこの世のものではない音を聴く。この耳があるからこそ、ジルは呪文の才を伸ばす事ができた』

 そして、と更に続けていく。
 ヴァージリアの欠落は、欠落以上の意味があると彼女は言う。

『音声言語を聞いてしまうがゆえに陥穽に捕らわれる事もある。話し言葉とはとても便利。速くて強力。けれど同じくらい危うく慎重さにかけることがある。呪文使いは言葉の繰り手。だから、言葉を誰よりも丁寧に扱わないとならない。その戒めを込めて、あえて私の耳を閉ざしたのだとお姉様は教えてくれた』

 私は、その文字の群れをぼんやりと眺めた。
 音声。大気を震わせて伝える速い言葉。
 私はそれが紡げなくて、届かなくてかけがえのないものを失った。
 言葉を発しても意味は無かったかも知れない。
 けれど、何もできなかったという後悔は傷になって私の言葉をこの心の中から消し去ってしまった。
 同時に、妹の内心を考えない不用意な言葉が致命的な事態を生んだという傷も同じ場所に刻まれていて、私は正しさというものを見失った。
 ヴァージリアの言葉は正しくも思えたし、同時にそれでも言葉を発するしかない場面だってあるようにも思えた。
 『遅さ』よりも『速さ』が必要なこともあるのではないか。
 反発にも似た気持ち。
 私たちのやり取りは遅く、言葉はどこまでももどかしい。
 言葉は時に速すぎて、思いもよらず誰かを傷つける。
 言葉は時に遅すぎて、大切な瞬間に届かない。

『カタルマリーナお姉様はかつては歌姫とまで言われた強い呪文の歌い手だった。その力は際限なく増大し続け、いつしか極大の呪いとなって聴いた者の心を震わせ、砕いてしまうまでになった。だからお姉様は口に封印を施し、筆談や人形による腹話術で間接的な会話を行う。けれど、ジルの前でだけはそれを気にする必要が無かった。お姉様はときどき防音の結界を張った部屋で、ジルひとりを聴衆にして歌うことがある。ジルにはそれを聴くことが叶わないけれど、それでいいの。歌いたいけれど歌えないお姉様の、せめてもの慰めになれる。そのことがジルは嬉しいから』

 もしかしたら、と私は思った。
 ヴァージリアの師が耳の聞こえない弟子を手元に置いているのは、寂しかったからなのかもしれない。
 歌を聴いてくれる身近な誰かが欲しかったから、一番大切なその相手から音を奪い去った。歌声を聞いてしまえば、その心を砕いてしまうから。
 だとすればそれは、とても身勝手で、とても悲しいこと。

『素敵な声の歌姫と誰からも賞賛されたお姉様。大断絶の前、歌姫カタルマリーナの名は尊敬を込めて語られた。けれど、その歌声の呪力が高まれば高まるほど魂を打ち砕くほどの力は増していき、遂にはある出来事をきっかけにその名は忌み名となってしまった。それ以降、キュトスの姉妹の名もまた邪悪な色合いを帯びて巷間に流布していった』

『それが、パレルノ山六千人殺しなんだね』

 私もその話は知っていた。有名な話。キュトスの姉妹の恐ろしさを語るときに、最初に出てくる虐殺の逸話だ。

『あれは槍神教に都合のいいようにねじ曲げられた歴史。最初に手を出したのはあちら。四十八番のミュリエンティお姉様と七十番のカスミストお姉様たちを拉致監禁し、非道な人体実験を行っていたリクシャマー帝国と槍神教の神官たちが全ての元凶なの。カタルマリーナお姉様とビークレットお姉様は二人を救出に向かったの。そして、もう二度と星見の塔に手出しをしようと思わなくなるように、見せしめとして虐殺を行った。そうして恐怖を世界に刻み付けたの』

 星見の塔の九姉は、俗に悪魔の九姉と呼ばれ恐れられている。
 けれど、内部では彼女たちは守護の九姉と呼ばれて敬われているのだ。それは、強大な魔女たちが世界にかけた呪いなのだろう。
 歌姫ではなく、死の囀りと異名を変えたカタルマリーナお姉様のことを、私は悲しい人だと感じた。
 そしてそうせざるをえなかった世界の残酷さもまた、とても悲しい。

『いつか、女神になって強い魂を手に入れたら、お姉様の歌を聴けるかもしれない。そうしたら、歌姫という名がおぞましいものじゃなく、素敵な称号だって世界に示せるかもしれない。ううん、そもそも、この世界がこんなに悪意や争いに満ちていて、誰かを守るために暴力を示して抑止力としなければならないような状況をどうにかできれば、ジルは』

 その続きは、言葉にならなかった。
 ヴァージリアはなんだか恥ずかしそうにして、今度はそっちの番、と私をつついた。末妹になる理由を話せと言うことらしい。
 どうしようか。
 なんだか、妹の事を話さないとずるい気がした。
 けれど、それを話したらヴァージリアに失礼な気もしていた。
 それはひどく彼女を傷つけるような――だから、私はもう一つの『理由』を選んだ。それもまた嘘ではないから。
 私の欠落。
 それは沢山ある。
 話し言葉――声が無い。
 色がよくわからないし、顔もよくわからない。
 かたちも質感も細かさも、正直に言えばちゃんと同じように理解できているかは怪しいのだ。
 全て正確に学んでいる自信はある。
 故郷で長老やビーチェに教わった様々な知識や、黒百合宮に来てから得た知識。
 それらは私の中に蓄積されて――けれど実感として像を結ばない。
 私の理解している色は、本当にその色でいいの?
 この言葉の意味は、あなたが使う言葉と全く同じなの?
 全部全部、正しいのか同じなのか。
 正確に真似たつもりでもどこか違うのではないか。
 けれど、私の内側なんて私だってわかりはしない。他の人と同じかどうかなんてわからない。
 だから、私が見ている世界の色とヴァージリアが見ている世界の色が同じかは全くわからないのだ。
 それがどうしようもなく怖くて、私はただその実感が欲しいと伝えた。
 ヴァージリアは、もはやただ悩みを打ち明けただけの私の言葉を聞くと少しだけ考え込んで、やがて教えてくれた。

『あなたがわからないのは、多分たったひとつのこと』

『ひとつ? 沢山あるよ?』

『本質的には同じものが欠落しているの。それは構造。あるいは繋がり。もしくは、そう――連関』

 私は首を傾げた。
 声、色、顔、かたち――それらがどう繋がるのかよくわからなかった。

『あなたはとても難しいことで悩んでいる。同時に、それは簡単でもある。あるいは、難易度を定められない、答えの出ないどうしようもないことかもしれない。それをあなたは、ずっと探し続けることになるのかも』

『そうなの? なんだか怖いよ』

『それが夜の民の宿命なのかも。あなたたちは特殊な――そしてとても原始的で根源的で、素晴らしく可能性に満ちた身体構造をしているから』

 原始的と言われてしまった。
 それは昔、人里に降りた時に霊長類の子供たちが私に向かって発した言葉だ。
 原始人、野蛮人、未開の部族――意味がよく分からなくても、石を投げつけられれば悪意には気付く。
 けれど、ヴァージリアは決してそういった悪意に基づいて原始的という言葉を使ったわけではないようだった。
 そこからの言葉は、とても難しくてついていくのがやっと――というよりもほとんどついて行けなかった。

『疑似細菌の群体によって創造される創発的生命。夜の民は天然の呪術式汎用計算機である性質上、知能の在り方が呪術的になる。だからこそ全眷族種で最大の呪術適性を持っているの。呪術的思考――すなわち寄せ集めの仕事ブリコラージュ。理論に基づいて設計するエンジニアリングの対極』

『どういうこと?』

『既知のものを寄せ集めて、それらを部品として何が作れるかを試行錯誤する。その果てに、何か新しいものが生まれるかもしれない』

『かも?』

『生まれないかもしれない』

『えー』

『でもそれは他の方法でも一緒。杖的思考は硬質で正確だけれど、この世界では飛躍だって必要』

 ヴァージリアは夜の民を褒めてくれているのだろうか。
 世界中の大多数は私たちほど純粋に呪文の世界に生きていない。
 誰もが、確かな杖の世界に依って立っている。

『杖の世界観――科学的思考の枠組みというのは、少なくともこの世界では絶対じゃない。再現性のある事象や対象への分析といった事が正確に行えない――あるいは間接的にしかできないこの世界においては、不確かな物理法則を前提とした反科学的思考こそが実践的な科学的思考になり得てしまう。科学は、その科学的思考を放棄することによってようやく科学的な知見の獲得が可能になるの』

『ジルが言ってること、よくわかんない』

『噛み砕いて説明する。たとえば、事象と事象との関係性に着目するとき、似た部分や違う部分があれば、連想や類推ができる。呪文でも同じ。前に基礎を教えたはず。論理和と論理積と否定』

 噛み砕いても難しい。
 ヴァージリアはこういうところが意地悪だと思う。

『ええっと、何々また何々、何々かつ何々、何々でないならば、だっけ』

『そう。科学的思考だろうと呪術的思考だろうと、そういう思考の根本的な部分は同じ。呪術的な思考とは既知の記号を操作し、再構成していく総当たりの探求。体系化された学術や概念よりも、記号や象徴を重点的に参照する野生の思考のこと』

『やせいのしこう?』

 原始的、というのと同じ意味だとなんとなくわかった。

『それも、実際には言葉遊びでしかないけど――ねえマリー。真似だけで創造ができるかどうかを答えてみて』

『真似しただけじゃ偽物だから、本物は作れないんじゃないかな』

『なら、その本物はどうやって作ればいいんだと思う』

『それは、えっと、閃きとか。勉強して、知識とか技術とか色々身につけて』

『どうやって閃くの。何も見ず、何も聞かず、一切の感覚を入力されること無しに閃きが得られると思うの。勉強するというのは知識を真似することじゃないの』

 私は返答に窮した。
 そういえばそうだ。けれど、真似を続けるだけではやっぱりそれは偽物のような気がする。直感と理屈が噛み合わない。
 けれど、なんとなくヴァージリアは私を、そして夜の民を祝福してくれているような気がする。
 私は色々な子に馬鹿にされてきたけれど――馬鹿にされるばかりじゃないのだと。優しいお師様は、そんなふうにして私に自信を与えてくれていた。
 相変わらず、意味は全くわからないけれど。
 お話もひたすら長かった。
 将来、私まで長い話好きになったらどう責任をとってくれるんだろう。

『どんな考え方をしても、純粋な無からなにかを作り出す事はできない。思考というのは原理的に既知という有り合わせで行うしかない。未知は知覚できないがゆえに未知なの。人は未知に対抗する為に、概念や体系で戦う杖や、記号や象徴で戦う呪文を編み出した。更に、人は既知ではないもの、という定義で間接的に未知を掌握することを試みたけど、結局の所それは既知が増えただけだった。本質的な未知とは、未知の定義ゆえに存在できないし確かめられないの。星見の塔がやっている試み――未知なる末妹の選定も同じ。実のところこの選定は本質的な誤謬と矛盾を抱えている』

 そろそろぼんやりとし始めた頭で、とうとうこの人は星見の塔の批判まで始めたぞ、とやや引きつつ考える。
 色々と難しいことを考えているヴァージリアの見ている世界はどうなっているんだろう。
 複雑すぎて、ごちゃごちゃして躓きそうになったりしないのかな。

『でも、その過程で起こる運動には意味がある。ジルはそう思ってる。だから目指すの。未知なる末妹を』

 過程こそが大事。
 手垢についた表現だったけれど、なんだかそれがヴァージリアの口から出たと言うことが素敵な気がして、私はその言葉を胸に刻み付けた。
 真似でも、偽物でも、言葉が届かなくても、不正確でも。
 瞬間だけは、嘘じゃない。
 そんな気がする。

『最初は、お母様とお姉様の期待に応えたいだけだった。ジルには、きっと自分が無いの。期待されてるから。そう生まれついたから。舗装された道を歩いていくだけで良かった。けど、それだけじゃつまらないってずっと思ってた』

 そんなこと無いよと否定しようかと思ったけれど、彼女の瞳には私に歌を聞かれた時のような自分への疑念が無かった。
 もし、私の言葉が届いたのだとすれば。
 それは、私にとっての救いでもある。

『ジルが――お母様やお姉様じゃなくて、ジル自身が何かをしてみたい。それが、綺麗で、素敵なことであればいい。イルディアンサの王族であるジルに何ができるのか。何をすべきなのか。何がしたいのか。ずっと考えてた』

 ヴァージリアの細い指先が端末の上を踊る。
 透き通った瞳が端末と私とを交互に見て、言葉と意思を伝えていく。
 言葉だけが、私たちのつながりだった。

『色んな人が、誰かと違うことで苦しんでる。異なっていることを押しつけられて悲しんでる。地上は恐怖で支配されて、引き裂かれたもう一つの大地と終わりのない争いを続けている』

 黒百合宮で学んだ世界のこと。
 複雑な社会。宗教。国家。民族。その他にも多くの問題と争いが世界を複雑に引き裂いている。
 黒百合の子供たち――八人はそれぞれ異なる生い立ちと背景を持っている。
 そのことを少しずつ知っていく中で、ヴァージリアは静かに想いを育てていったのだろう。それは、私との関わりとはまた別の所でだ。

『ここにいるみんなは、この世界に苦しめられてる――ジルはそんな風に思った。だとすれば、その原因をどうにかするしかない』

 ヴァージリアは、みんなと言葉にした。
 彼女の視界には家族がいて、周囲のみんながいて、そしてそれを取り巻く漠然とした世界があるのだろうか。

『普遍なる言語。それによって創造される世界秩序。ジルは、それが見たい』

 世界と対峙するように。
 ヴァージリアは言葉を紡ぐ。

『ここにいるみんなはそれぞれ生まれたところも育ったところもばらばら。性格は全然噛み合わないし、考え方だって違う。けれど、こうやって仲良くできるんだって、ジルははじめて知ったの』

『私も。私も、最初はジルと仲良くなれるなんて思いもしなかった。けど、ジルと仲良くなって、そうしたらみんなとも仲良くなれたよ』

 私たちは一瞬だけ手を合わせた。文字を記すためにすぐ離すことになる手だけれど、その行為に何か意味がある気がして。

『世界が平和になって、みんながこうして手を取り合えればいい』

 手を取り合う。
 向かい合って掌をあわせて、指を絡めて。
 私たちは、静謐なひとときの中で見つめ合った。

『ジルは、末妹に――女神になったら、世界に秩序をもたらすの』

『そうしたら――地獄とも、争わずに済むの?』

『うん』

 素敵だと思った。そうなったら、私は奪われた妹の身体を、魂を、争うこと無く取り戻せるのだろうか。

『私もそれがいい。私も、末妹になって世界を平和にしたい』

 そう伝えると、ヴァージリアは持ち前の意地悪さを発揮してこう返す。

『それはだめ。末妹になるのはジルだから』

 それからはもう、じゃれ合うようなやり取りが続くだけ。

『えー。私もなりたいよ』

『駄目。先着一名様だから』

『じゃあ私、ジルに負けない』

『弟子の分際で生意気』

『弟子なら、妹ってことだもん。ジルの妹ってことはジルより末妹に近いもん』

『――屁理屈』

『呪文の上手は屁理屈の上手だってタマちゃん先生が言ってたもん』

『生意気』

『ジルはそればっか!』

 難しいお話じゃなくなっても、私たちの軽やかなやりとりはちょっとだけ遅くてもどかしくて――けれど二人の間では完璧に呼吸が合っていた。
 それは、遠い遠い日々のこと。
 世界が平和でありますようにと未来に祈った幸せなひとときのこと。
 たとえいつか相対する時が来るのだとしても。
 たとえいつか道が分かたれる時が来るのだとしても。
 交わした言葉の確かさを、繋いだ手の感触を、決して忘れないでいたいと。
 私は願い、ただ祈った。









+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ