挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
幻想再帰のアリュージョニスト 作者:最近

第4章 傷つけるのはハートだけ、口づけるのは頬にだけ

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

107/183

死人の森の断章3-2 終端は弑された



「生きることはどうしてこんなにも辛いのか。王の地位など捨て去り、お前のように暮らすことができたならどんなに良いだろう。なあ、我が友ウォレスよ」

 オルヴァはどこか病的な口調で呟いた。
 そこは王宮の中にある噴水と庭木が十字に配列された美しい庭園である。
 特徴的なのは、小さな畑が存在していることだ。
 畑の隣、庭園の片隅に、煌びやかな王宮内に相応しからぬ小屋が建っている。

 小屋の中にはぼろを纏い、やせ細った老人がひっそりと暮らしており、こうして時に王と語らうことを許可されていた。
 いわゆる宮廷付き隠者であるウォレスは、普段は世捨て人としてひっそりと中庭で暮らしながら、時に王の助言者としてオルヴァを支えていた。
 日々の疲れからこの場所を訪れたオルヴァ王に、隠者ウォレスはこう言った。

「王よ。それは甘えです」

「あ、甘えなのか」

 オルヴァは気の置けない相手であるウォレスにそんな風に強い口調で非難されるとは思っていなかったので、衝撃を受けたような表情になった。
 もとより線の細い青年である。瞳の中で十字の輝きが減じていき、顔も俯きがちになると、端整な容貌は単に陰気な印象によって塗りつぶされてしまう。

「陛下は実際に最下層の暮らしを強いられても同じ事を言えますかな? 貴方様が君臨されているその地位は、万人が命を投げ出しても得られないものでございます。それを自ら捨てようなどとは片腹痛い。失礼ながら王は心が軟弱に過ぎる」

 追い打ちをかける隠者の言葉に、オルヴァは頭を押さえながら呻いた。

「しかし、日々が辛いのだ。不安なのだ。この恐れはどうしようもない。どのような富、どのような喜びもこの苦しみを癒してくれることはないのではないかと考えると、私はもう耐えられない。なあウォレス。こうした気鬱に効くようなまじないや秘薬などはないものだろうか」

「まじないや薬に頼ろうというその態度こそがまさしく甘えなのです。ご自身の力のみで切り抜けてこその強者。そもそも王の資格とは――ぐぇ」

 突然、隠者は喋るのを止めた。
 というよりも、途絶えさせられたのだ。
 王に厳しい言葉を掛け続けようとした隠者の首に、強靱な縄が絡みついて、きつく締め上げているのだった。

 伸び放題になった隠者の髪の毛と髭が、まるで蛇や長虫のように自ら動いて、老人の首に巻き付いたのである。
 隠者ウォレスは泡を吹き、目をぐるりと裏返らせていく。
 驚いたオルヴァが声を掛けようとすると、

「陛下、陛下」

 がくり、と直角に首を曲げた老人が、白目を剥いたまま口を開いた。だらしなく開かれた口から涎が垂れていくが、言葉は淀みなく吐き出されていく。

「陛下には儂がいるではございませんか。陛下は一人ではありません。信じ合える友が、仲間がいれば出来ないことなどなにもありません。よくこの儂に相談してくれました。我々が培ってきた絆さえあれば、もう心配することなどありませんよ。ほら、気持ちを分かち合えば不安などたちどころに消え去ったでしょう?」

 明らかに正気を失った顔のまま、早口で捲し立てる老人。
 オルヴァは気圧されて、しどろもどろになりながらも、どうにかして言葉を返そうとした。

「い、いや、私が言っているのはそういうことではなくてだな」

「おお! ではきっとまだまだ心を通じ合わせる必要がありますな。なあに、大丈夫です。腹を割って話し合いましょう。陛下が胸襟を開いて儂に何もかもを打ち明けて下されば、解消できぬ不安などありません」

 老人は親しげに身を寄せて、オルヴァの肩を何度か叩いた。
 この相手とは親しい仲だったが、このように馴れ馴れしくされた経験は無かったので、オルヴァは戸惑ってしまう。

「その、別にお前を信頼していないわけではなく、どう説明すれば良いのか」

「大丈夫です! 時間をかけて話し合えば、人は必ずわかり合えます! おおそうだ、陛下、私の胸に手を当ててみて下さい。心臓の鼓動が聞こえるでしょう? 我々はみな同じように生きているのです」

「え、あの、ああ、うん」

「そうでしょう! わかっていただけましたか! 世の中の大抵の問題は、実は大した問題ではないのです! どうですか、これが心を分かち合うということです。人はこんなにも容易くわかり合える。身分や考え方の差など些細なこと。人類は皆、大いなる母から生まれた子供たちですからな!」

 勢い良く血の混じった唾を吐き出しながら喋り倒す隠者ウォレスの身体が、突然力を失って倒れていく。
 だが寸前で停止し、上から糸か何かで吊り上げられるようにして立ち上がって行く。力を失った頭部はへし折れていたが、がくりと持ち上がる。

 かくかくと顎が無理矢理動いて、「仲間」とか「絆」とかそういった単語のみを吐き出し続けていった。その口から、涎で濡れた長い髪の毛が出てきたのを見てオルヴァは驚いてその場にへたり込む。

 と、王は掌に何か違和感を覚えて、片手を持ち上げた。
 手の中には、長い髪が皮膚にこびり付くようにしてびっしりと収まっていた。
 それは異様に軟らかく、指で触ると粘液と共にどろりと溶けていく。
 見ると、ありとあらゆる色彩と質感の髪の毛がそこら中に散乱していた。

 オルヴァは悲鳴を上げてその場から逃げ出した。
 その日以来、王が中庭に近付く事は無かった。
 心の支えを失った王は、日々の祭礼を繰り返す度にやせ細り、憔悴していく。
 そんなある日の事、王は妻を迎えることになった。

 何故か傷だらけで、知らされていたよりもずっと遅れて到着したものの、まだ年若い妃はとても美しかった。
 キシャルという名の王妃は、打撲と裂傷で満身創痍となりながらも柔らかな微笑みを王に向けた。オルヴァはこの上なく幸せな気持ちになった。

「こんなに美しい妻を娶ることができた私は幸せだ――ああ、しかし幸福と愛は燃え上がった炎のようなもの。いずれ灰となる定めに違いない。永続する想いなどあるものか! 愛の誓いなどいずれブレイスヴァに食らい尽くされるものに過ぎないのだ。愛だけではない、この世の全てはブレイスヴァによって食い尽くされる定めにある。ああ、なんとこの世界の儚いことか!」

 オルヴァが大仰な身振りと共に長い台詞を捲し立てると、それに応じてキシャルもまた手を振って言葉を返そうとする。
 そんな少女に、どこからともなく無数の悪口雑言が降り注ぎ、窓から花瓶が落ち、大理石の柱が倒れ、ありとあらゆる暴力が襲いかかる。
 そうした不条理に耐えながら、キシャルは言葉を紡ぐ。

「陛下、どうかお気を確かに。私が傍におります」

「やめろ、軽々しい慰めなど聞きたくない! 所詮マシュラム人のお前には、私の気持ちなど理解できないのだ!」

「はい、私には陛下のお気持ちはわかりません」

 錯乱寸前のオルヴァを、キシャルはしかと見据えて言葉を繋いでいく。
 強い眼差しを向けられた男は、生来の気の弱さゆえに狼狽えた。

「私はどうあっても貴方様の苦しみを知ることはできず、受け止めることはおろか分かち合うことすらできません。貴方様の苦しみは、懊悩は、悲嘆は、全て貴方様だけのものだからです」

 ですから、とキシャルはそこでぐっと身を乗り出して、王の衣に縋り付いて言った。視線は強いが、焦点がぶれている。灰色の瞳はオルヴァを見ているようでいて、彼を通してもっと別のものを見ているようだった。

「私にできるのは、貴方様の苦しみを肯定することだけ。人が抱いた喜びや苦しみ、あらゆる感覚の質はその人の中にしか存在できないし、例え同じ言葉で括られていたとしても、理解し合えたように思えたとしても、そんなものは言葉の上にしか存在しない幻想に過ぎません。人の想いは、魂は、決して共有できない」

 たとえば、とキシャルは顔の右半分を手で覆った。
 その手が降ろされると、美しい少女の顔が見るも無惨に腐り落ちていく。

「私が魂無き死人(哲学的ゾンビ)であったとしても、私が貴方様と同じ言葉を紡ぎ、同じように振る舞う限り、人と区別はつきません。ですが違う。決定的に違っています。同じだなんて嘘。私たちはどうしようもなく断絶している」

 ぼとりぼとりと肉が落ちていく。四方から飛来する突風や晴天の霹靂でその身を崩壊させていきながらも、キシャルは言葉を止めない。

哲学的ゾンビ(しびと)というのはね、『人は絶対にわかり合えない』という決定的断絶の象徴なのです。貴方様の感覚は貴方様にしか理解できず、私の感覚は私にしか理解できない。あってもなくても証明は決してできず、出来たように錯覚したなら、それは『不完全な言葉に翻訳』された、偽物なのです」

 キシャルは、何か遠くに存在するものを憎むように言葉を紡いだ。
 ――言葉を紡ぐ。そうした行為すら、彼女にとっては忌まわしいものだったのだろうか。唇が腐り落ちて、喉が抉れた後。
 オルヴァの心に響いたのは、まじないによる音の無い意思そのものだった。

 ――『人はわかり合える』などという甘い言葉に、どうか耳を貸さないで。

 ――私たちはどうしようもなく『違う』のですから。

 ――だから私は、人の痛みと苦悩を赦します。

 ――それだけが絶対的な他者にできるただ一つのことだから。

 キシャルは何かを憎むように、そうオルヴァに伝えた。
 気付けば、オルヴァの髪が異様なまでに伸びて、キシャルの身体に蔦のように這ってきている。少女は骨だけになった腕を伸ばし、王の全身を引き裂いた。

 絡みついた大量の髪の毛が白い指によって取り除かれ、オルヴァの肉体が幻であったかのようにかき消えていった。
 少女が骨だけの手で顔と喉を覆い隠す。一瞬後には元通りの生身が現れて、肉声が発せられた。

「お遊びはここまで。文字だけの劇など、私には退屈過ぎます。どうせなら、血と肉と骨を賭けて挑んできなさいな――それとも臆したの、器無き僣主よ。本物の女王に挑んで負けるのが怖いから出てこられないというわけ。『がらくたの紛い物』である事実が露見したら、困るものね?」 

 沈黙が、世界を支配した。
 次の瞬間。
 血のように赤い頭髪が生きているかのように地面を這ってキシャルに近付くと、その眼前で持ち上がって人の形をとった。
 赤毛の塊から青い血が溢れ出し、急速に固まっていく。

「しつこい。内実を伴わない呪文が、私は嫌い――あら?」

 キシャルはわずかに目を見開いた。
 赤毛と青い血によって構成されたどろどろの塊の中に、生身の左腕が混ざっていたからである。
 流体の動きに従って、その左腕は人体のあるべき場所に収まった。

 やがて不気味な人の形は色を宿し、先程までとほぼ違わぬオルヴァが現れる。
 ただひとつ違っていたのは、剥き出しの左腕。
 それは病的に線の細い王には不釣り合いで、拳は固く握られていた。
 キシャルは、薄く微笑んだ。

「やっと来てくれましたね。けど、それは目障りだわ」

 奇妙な左腕には、大量の赤毛が絡みついていた。
 忌々しげにそれを見て、少女は目を細める。

「続きと参りましょう、陛下?」

 倒れてきた柱を片手で粉砕しながら、キシャルは不敵な笑みを浮かべて言った。
 次々と倒壊してくる柱、ひび割れた天井から建材が落下し、見事な筒型の穹窿ヴォールトは無惨にも砕け散って王宮の一区画がまるごと崩落していく。
 迫り来る大質量を軽やかに躱して、キシャルはオルヴァに言った。

「さあ、私をつかまえてごらんなさい。愛するものを失う恐怖に抗う手段は、いつだって一つだけ。自らの手で相手を掻き抱くこと」

 瓦礫の雨を避けながら、舞うようにステップを踏んで遠ざかっていくキシャル。
 オルヴァは左腕を伸ばして、それから身体の方がついてこないことに苛立つように眉を寄せて、それから左腕に引きずられるような奇妙な動きで走り出す。

 逃げるキシャルを追いかけるオルヴァ。
 頭上からは瓦礫が、足下からは動く髪の毛が、それぞれ少女を追いかけるが、それらが軽やかな歩みを邪魔することはもはやできなかった。
 楽しそうに笑いながら踊る少女の姿に、陰鬱なオルヴァの表情にも次第に色が戻っていった。左手を伸ばす度に、絡みついた赤毛は解けて拘束が解かれていく。

 崩れゆく栄華の象徴を背景に、二人はお互いだけを気にしながら追いかけっこを続けた。左手が求めるたびに少女はそれを巧みに躱し、少女が自ら身を寄せると逆に男は怯えたように手を引いてしまう。

 そんな時間を過ごしているうちに、いつしか宮殿はただの瓦礫の山と化してしまっていた。大量の髪の毛もまたその下で埋もれている。
 邪魔するものはもはや無い。
 自由になった左手が、少女に届きかけたその時。

 瓦礫の下、どうしてかその一ヶ所だけが無事だった中庭の小屋から、みすぼらしい姿の老人が現れる。
 隠者は手に黒い本を持っており、それを開くと何事かもごもごと呟き始めた。
 すると、瓦礫の山が光り輝き始めた。

「ウォレス=グレンデルヒ! 一体何を――」

 キシャルが言うよりも早く、言葉が世界を書き換えた。

「『地位の断章』は領域と空間、そして場面すら掌握する。大詰め(クライマックス)の『状況』という所であるのに申し訳無いが、私の脚本ではヒロインの『地位』など添え物に過ぎないのだよ。女は大人しくトロフィーとして交換の対象になっているがいい」

 世界が、元通りの整然とした宮中に変貌する。
 更には王と王妃の位置関係すら変化してしまっており、隠者ウォレスと並んで立つオルヴァは居丈高な口調で眼下に跪く少女に命令した。
 その後頭部に、老人の指が深々と突き刺さっている。

「おお我が妻よ、お前が真に貞淑であるかどうか、試させて貰うぞ。私はこれから東部国境へ赴き、憎きテフィド=ラームの侵攻を食い止めねばならぬ! 私が戦場であの忌々しく肥え太ったまあるいハリモグラどもを墓穴に送っている間、お前が不貞を働かぬならばそれで良し。もし私を裏切ったなら、私はこれよりあらゆる女の地位を今より低いものとし、二度と夫の意思に逆らえぬようにする。良いな?」

「陛下、では代わりにお願いがございます。勝負や約束事は、対価や罰則があってこそでしょう? それともまさか、誇り高き男の中の男であらせられる方が、敗北を怖れるのですか?」

 キシャルは即座にそう言い返して、一方的に要求を押しつけられるだけの状況を覆して見せた。
 ウォレスの表情が憎々しげに歪んだ。すぐ傍で虚ろな表情をしているオルヴァの左手が素早く動いて、後頭部の老人の腕を掴んで引き剥がしたのだ。

「良いだろう。申してみるがよい」

「では、私が自らの誠実さを証明できたあかつきには、隠者殿が持つその『地位の断章』を所望します。己の心にある内なる法のみで振る舞いを律することができるのであれば、極端な法で抑え付ける必要など無いはずでしょう?」

「――許可しよう」

 オルヴァはそう言ってその場を去っていった。
 後に残されたキシャルは薄く笑み、ウォレスは顔を顰めた。
 老人はキシャルに向かって酷薄に言い捨てた。

「結末などわかり切っている。『女の愛というものは、 見たり、触ったりすることによって燃やし続けていなければ、どれほども続かないのである』からな」

 王は戦地へと赴き、長年いがみ合ってきたテフィド=ラーム、後世でラフディと呼ばれる国との戦いを繰り広げる。時代が下り、他国が仲裁に入って同盟を結ぶようになるまでにはまだ長い時間がかかる。領土侵犯に軍事演習といった挑発行為を両国が頻繁に行い、小規模な争いは常態化しているのだった。

 オルヴァは王宮に残してきたキシャルが誰かの腕に抱かれている事を想像し、狂乱した。妻の名を呼び、慟哭しながら腕の一振りで千の軍勢を吹き飛ばすその姿から、人は彼を【寝取られ王】の異名で呼び、恐れたという。

 オルヴァは戦いが終わると真っ先に妻のもとへ向かい、彼女が不貞を働いていないことを知り安堵すると即座に戦場へと舞い戻っていった。
 どれだけそのようなやり取りを繰り返して、妻を疑い続けても状況は変わらなかった。少女はただただ静かに夫の帰りを待ち続けた。

 ところで戦地で過ごす時間が長くなり、身を綺麗に整えておく余裕が無くなったオルヴァの髪は、長く伸びていた。
 それは彼の全身にまとわりつき、ついには左腕の全てを完全に覆い隠すまでになってしまっていた。

 オルヴァはあるとき、王宮に帰還するとキシャルの所ではなく中庭に赴いた。
 そして、隠者ウォレスにこう命じた。

「このままでは、私は妻を信じなくてはならなくなってしまう。そうすれば、私は彼女が失われるかも知れないという終わらない恐怖に苛まされ続けることになるだろう。そんな苦痛は耐え難い。我が友よ、どうか彼女を裏切らせてくれ」

 虚ろな目をしたまま、口の端から涎を垂らしたオルヴァはそう言って、口をカタ、カタ、と人形のように鳴らした。
 隠者ウォレスは快諾した。

「わかりました。全てお任せ下さい。見事彼女を誘惑してご覧にいれましょうぞ」

 老人は腕に覚えがある屈強な男たちを集め、更には諸国から高名なまじない使いたちを呼び寄せ、最後に大量の武器を揃えた。
 そうしてキシャルの寝室に襲撃をかけると、まず無数の呪いを少女の身に浴びせかけた。

 キシャルはそれらを全て一睨みで打ち破ったが、続いて投擲された様々な武器が少女の全身を切り裂いていき、更には一斉に突き出された槍がその小柄な身体を貫いた。槍衾が持ち上げられ、寝間着を引き裂かれ肌も露わな血まみれの少女は晒しものにされてしまう。

 そこにオルヴァが帰って来る。
 隠者ウォレスが、

「王よ、こやつは恥知らずにも我らを誘惑してきたのです。全てこの女が悪い!」

 と叫び、屈強な男たちがそれぞれ同意した。
 王はその光景を見て激怒した。

「私以外の男に身を貫かれる事を許したな、この売女めが!」

 額に青筋を浮かべて唾を吐くオルヴァを見て、キシャルは血の気を失った。
 口を開こうとするが、「言い訳など聞きたくもない」という叫びによって少女の言葉は打ち消されてしまう。

「やはり裏切ったではないか! ああ、やはり私が正しかった! 女など信じられない! こいつらが囁く愛など所詮は虚言なのだ! 空虚で薄っぺらな、吹けば飛ぶような代物にすぎぬ! 永遠の絆などと言った所で、それも全てブレイスヴァによって食い尽くされて、ああ、ああ! 空に、空にブレイスヴァが!」

 この世に絶望したオルヴァの瞳に、十字の輝きが宿った。
 頭上を仰いだ王の目から光が昇っていき、王宮を貫いて雲に突き刺さる。
 一瞬の沈黙。

 直後、大地が鳴動し、嵐が荒れ狂った。
 河川が氾濫し、王宮はまたしても崩壊していく。
 太陽と月は黒く染まり、想定しうるありとあらゆる天変地異が人の営みをいとも容易く破壊する。

 槍の拘束から逃れ、血まみれで倒れたキシャルは、それを見てしまう。
 王の絶望と恐怖に引きずられるようにして現れた、おぞましい恐怖そのものを。

 腐臭と共に、空から黒蛇が舞い降りた。
 喇叭が吹き鳴らされ、破滅の流星が大地に降り注ぐ。

 カシュラムは滅亡した。
 炎は九日九晩に渡って王国を焼き尽くし、巨大な黒蛇が人々を喰らった。怪物たちが這いずった後からは漆黒の苦蓬(アルテミシア)が生えて、希望が絶えたことを世に知らしめていく。

「あー♪ あー♪ あー♪」

 調子の外れた少女の声が、炎上する都に響いた。
 フリルの多い丸襟の胴衣ブラウスはどす黒い血に濡れて、螺旋状に巻かれた豊かな金髪が触手のようにうねって自らの頭部を穿孔していく。

 少女のように見えた顔は、よく見れば無数の蛇蝎だかつが集合した紛い物だった。生理的嫌悪感を喚起する長虫で構成された顔が歪み、汚濁を吐き出しながら甲高い声が宣言する。

「皆殺し、皆殺し――わたくしの目の前に存在するものは全て、全て、ぐつぐつ煮込んで美味しく料理して、綺麗に盛りつけした後で捨てましょう。生きとし生けるものは、このレストロオセが歪に意味を壊して差し上げます」

 唐突なカシュラムの滅亡。
 圧倒的な死をもたらしたのは、ジャッフハリムの悪夢と呼ばれた女である。
 レストロオセと名乗った以上、その宣名は世界を砕き、崩壊させていく。
 それがまことの名であることを、世界は滅びによって認めたのである。

 災厄はそれだけにとどまらなかった。
 後ろに控えていた石のような肌をした男が腕を振ると、最後まで抵抗を続けていた兵士たちが残らず消し飛んだ。続いて朱色の目をした男が指を鳴らすと、どこからともなく異形の軍勢が現れて生き残った人々の息の根を止めていった。 

 夥しい数の生命を内包したレストロオセの肉体が膨れあがり、屍体を飲み込んで捕食していく。無数の生物群によって構成された怪物は触手を伸ばすと、オルヴァ王を体内に取り込んだ。巨大な闇の中に閉じ込められた王の姿が見えなくなる。

「わたくしたちは一騎当千。ジャッフハリムの拡張を止める事は誰にもできない」

「――日本語訳ですから仕方ありませんが、一騎当千は明らかに過少申告ですよ」

 よろめきながら立ち上がったのは、蜂蜜色の髪をした少女だった。
 全身を穴だらけにしながらも、灰色の目で強く怪物を睨み付ける。

「出鱈目な展開にしてくれましたね。一体これは、どのような因果によって導き出された状況なのですか? カシュラムはクーデターによって滅ぶはず。ブレイスヴァという名のね。外敵に攻め滅ぼされる可能性は皆無ではありませんが、この時代のレストロオセは未だジャッフハリムの権力を掌握しきっていませんよ」

 問いかけに、レストロオセは豊かな金髪を蠢かせながら答えた。
 長く長く伸びていく髪の毛が、異形の怪物の各所に繋がってその巨体を操作しているのが見えた。さながらそれは巨大な人形のようである。

「全ての劇が行為と行為を繋ぐ因果関係によって成り立たなければならないなどと誰が決めたのです? あらゆる事象が物語的な整合性を有しているなど、リアリティの欠片も無い!」

 レストロオセは前触れもなく落ちてきた隕石に頭を粉砕された。
 直後、幾多の蝿が集まって新たな頭部を形成する。
 レストロオセの顎が人形のようにカタカタ動いて言った。

「人間は不意に訪れた病や事故などにより特に意味も無く死に! 次の瞬間には隕石の落下、火山の噴火、地震や津波などの天変地異により人類は滅亡する! これがリアル! 圧倒的理不尽で不条理な現実! 破綻せよ、破綻せよ、この舞台に勝者は存在しない! わたくしの思い通りにならない人形劇は全て中断し、出来の悪い繰り糸は破棄しましょう! 状況はいくらでも作り直せるのだから!」

「では、その不条理な『状況』の中で抗うだけです」

 キシャルの手の中で、『地位』という名の書物が光を放った。
 『地位』という言葉が内包する『事態』や『状況』といった意味が揺れ動きながら世界を書き換えていく。

「オルヴァ王は確かに不条理な振る舞いをしましたが、ああした邪悪さや破綻もまた人の性質でしょう。ならばそこには彼の中で完結する条理があるはず。本質的な意味での狂人などいないし、純粋な不条理劇などあり得ない。その程度の状況をぶつけただけでは物語の呪縛から逃れることはできませんよ、ラクルラール」

 見上げるような巨体の怪物は、カシュラムの言い伝えの中に登場する、名状しがたい存在の顕現であった。
 かつてカシュラムでは『終端』と呼ばれる神が崇められていたが、その最高神は下位である筈の何者かによって殺されたと言われている。

 それこそがブレイスヴァ。終端を弑するもの。
 万象を喰い殺し、その事実さえを喰らい尽くす、破壊と再生、無と有とを司る、カシュラム人にとっての世界の全て。

 カシュラムはクーデターで滅ぶことを運命づけられた国だった。
 現状の地位を脅かされることを根源的な恐怖として深層意識に刻み込まれたカシュラム人は、下から上へと突き上げる力に強い恐れを抱く。

 それは上位の者であればあるほど、そして支配する下層階級の数が多くなればなるほどに増していく。つまり、カシュラム最盛期の王にのし掛かる不安、忍び寄る恐怖はその精神の均衡を失わせるのに充分なものだったのである。

「カシュラム人は別に発狂してはいませんし、ブレイスヴァなんてありふれていますわ。それは何ら特別なことではありません。私は『狂っている』という認識を押しつけられた子を一人知っているけれど、彼女はそんな呪縛に向き合い続けてきた。私が逃げるわけにはいきませんよね」

 キシャルは書物を輝かせながら、少し離れた場所に立っている老人を見た。
 隠者ウォレスは傷一つ無いまま、険しい表情で異形の怪物を睨みつけている。

「力を貸していただけます? グレンデルヒ=ライニンサル」

「馬鹿なことを。そんな必要がどこにある?」

 老人は酷薄に言ったが、少女はそれよりも更に冷淡に言い返した。

「『寝取られる』という認識は、つまりパートナーを私有財産や交換可能な商品として捉えることです。彼の異名である【寝取られ王】のイメージが誇張され、定着した段階でオルヴァは貴方の世界観の枠内に収められてしまっている」

「そういうことだ。この戦いは私の勝ちだよ」

「本当にそう? 奪われるというのは、男性性の敗北ではなくて? それは英雄としての貴方のセキュリティホールになり得る。貴方はこの状況を自分の意思通りだと思っているようだけれど、それが誘導された結果だとしたらどうかしら」

「何が言いたい」

 老人の目の回りに皺が集まり、しわがれた声に険しさが混じった。
 少女は巨大な怪物に視線をやり、こう続けた。

「『あれ』は森羅を操り万象に操られる関係性の魔物。貴方の目指す【太陽の都】とてその影響下から逃れる事はできない。貴方もカラスなら、『神々の三本足』である『あれ』がどれだけ面倒かくらいわかるでしょう?」

 しばしの間、両者の間から言葉が途絶える。
 やがて老人は静かに嘆息して言った。

「いいだろう。付け加えるなら、このままではオルヴァ王の再生そのものが失敗する危険性があるからな――それで、どうするつもりだ? 最盛期の始原狂怖ルートホラーを正面から倒すのは骨だぞ。我ら【変異の三手】の全戦力が揃っていたとしても厳しい」

「私をあなたの勢力の中に含めるのはやめていただけます? 現在進行形で叛逆中なのですから」

 レストロオセが従える二人の男が、それぞれキシャルとウォレスに襲いかかる。
 豪腕の一振りと異形の軍勢。
 それを、老人は真っ向から受け止めて豪快に投げ飛ばし、少女は地の底から死人の軍勢を呼び出して対抗した。

 ありとあらゆる生物を内包した混沌の塊が、命の混濁した黒い触手を伸ばしてくる。キシャルとウォレスは次々と迫り来る脅威を回避しながら言葉を交わす。

「こんなふうにして、カシュラムがジャッフハリムに滅ぼされるなどという歴史は存在しなかったはず。『もしも』という思考実験の中だけに起こりえたこの状況が確定すれば、最悪これまでの全てが無駄になりかねません」

「と言って、このレストロオセを滅ぼすのは不可能に近い――難業に挑むは英雄の誉れだが、勇気と無謀を履き違えるは愚者の行いだ。ならば奴がここに現れるという因果そのものを更に過去に遡って消し去るしかあるまい。いかにあれが不条理それ自体であったとしても、存在の蓋然性をゼロにされればここには出現しなくなる道理だ」

 老人の肉体が膨張し、「六十パーセント」の声が響くと同時、石肌の巨漢が豪快に殴り飛ばされた。筋肉と脂肪の塊となった老人が純粋な暴力を振りまいていく。死人の軍勢を指揮するキシャルが言葉を繋いだ。

「残る劇はパーン・ガレニス・クロウサーの叛逆劇とカーティス・ドラトリアの誘拐譚でしたね。筋を書き換えて、対ジャッフハリムという要素を取り入れましょうか。こういうの、架空戦記って言うんですか?」

「さてな。幸い、四方の王のうち二人は既に無力化できている。時系列的には未来でだが、最終的に辻褄が合えばどうにでも改変できる」

 呪術による過去改変とは、基本的に厳密なものではない。
 代償として、ファジーに改変を当て嵌めて好き勝手に世界を弄るたびに杖的な世界の強度は失われていくが、その分だけあやふやな神秘性が世界に満ちていく。
 そしてそれは、二人の高位呪術師にとって望ましい事だった。

「残る北方のベフォニスと東方のクエスドレムを片付ければジャッフハリムの勢力は衰え、カシュラムに侵攻する余裕などなくなるであろう――つまり、この邪魔な連中が今ここにいるという事実を消し去るのだ。とりあえず今は道を作ってやる、さっさと行くがいい」

 言いながら、ウォレスは肥大化した二つの腕でレストロオセ配下の二人を抑え込む。しかし二人の男は共に尋常ならざる呪力を放ち、魁偉なる老人を吹き飛ばした。暴力と呪力が空中を吹き荒れ、激突していく。
 そうして生まれた隙を、キシャルは見逃さなかった。

 目指すは巨大な怪物、その腹の中。
 内側に囚われたオルヴァを救出すること。
 レストロオセは歪んだ笑みを浮かべながら金色の巻き髪に見える触手を伸ばしてくる。螺旋を描く先端がキシャルの肉を抉り、血を撒き散らしながら背中に抜けていった。全身を蹂躙されるおぞましい感覚にも構わず少女は前進を続ける。

「もう――私を差し置いて囚われの身だなんて。世話の焼けるお姫様ですこと」

 レストロオセは全身から触手を伸ばし続ける。それらは流動して蟷螂や象、狼や鮫、猛禽や長虫、人間や蛇などの様々な生物へと変化してキシャルを蹂躙する。爪が、牙が、角が、体当たりが、少女を幾度となく打ちのめす。
 だが、止まらない。

 全身の肉が削ぎ落とされて骨だけになった少女が、足下から這い上がってくる百足や蛇を振り払いながら足を進めていく。
 一歩進む事に骨に亀裂が入り、軋む音は次第に大きくなっていった。

「せめて、貴方だけでも。呪縛から、自由に――」

 骨が歪むような、奇怪な音がした。
 今までとは異なる感覚に、キシャルの歩みが止まる。
 そもそも骨に神経は通っていない。だというのに感覚があるということが異常であった。虚ろな眼窩を向けると、少女の肩に白い球体が嵌っていた。

 歪に膨らんだ骨腫が球体となり、そこを基点として全く別の骨格が形成されていく。球体関節の骨とでも言うべき奇形の骨。
 球となった肩から脚が伸び、膝があるべき場所と手首が連結される。
 人体を冒涜するかのような前衛芸術。おぞましい人体変形。

「なるほど、破壊では私を殺せない。ならば変形や付加によって攻撃するというわけですね――ドルネスタンルフの加護とは厄介なものね」

 不死に対するための常套手段。
 共に尋常な生命の範疇を逸脱した高位呪術師である両者は、殺せない相手を倒す為の手段を知り尽くしていた。

 球神の力を利用した呪術により、キシャルの全身に無数の球形が生まれ、弾け、異なる部位と連結されていく。それはまるで、子供が組み立て式の模型を出鱈目にくっつけた結果できた、出来損ないの作品のようであった。

 骨格が奇形化し、膨張し続けた結果としてキシャルの歩みが遅くなる。
 そして背後から更なる悪意が彼女を襲う。
 凄まじい衝撃。前のめりに吹き飛ばされ、そのまま後頭部を掴まれて地面を引きずり回されていく。

 二度、三度と頭蓋を地面に叩きつけられ、渾身の投擲によってレストロオセから引き離されてしまう。
 駄目押しとばかりに夥しい量の呪術攻撃がキシャルを打ちのめした。
 瓦礫の中から、よろめきながらも少女が立ち上がる。

「貴方も操作されているの、グレンデルヒ? それとも糸が絡みついているのは器である外世界人たちの方かしらね。いずれにせよ、情けないこと」

 空白の目が見ていたのは、全身に髪の毛を巻き付けた肉の塊。敵将の足止めをしていた筈の男は、言葉も無くキシャルの敵に回っていた。更には石肌の巨漢と軍勢を率いた男が左右からキシャルを挟撃せんと迫ってきている。

 震える足の指は既に砕けている。
 全身に球形の関節が生まれ、骨を上手く動かすことができなくなっている。
 混沌とした生物群を幾度となく迎撃した結果として、死人の軍勢の数は減っていた。次にレストロオセの一斉攻撃を受ければもはや防ぎきれないであろう。

「孤立無援、か」

 四方を敵に囲まれた不格好な骨の少女は、静かにそう呟いた。もはや音を発するための声帯などないのだが、呪文を唱えるための呪力は未だ残っている。
 だがそれもそろそろ打ち止めだ。
 彼女の周囲を浮遊していた黒い書物のうち、『愛情』と『道徳』、それに『健康』が輝きを失っていく。
 残る『地位』に蓄えられた呪力もあと僅かだ。

「我ながら情けない。万全の状態なら、この程度の窮地――いえ、言っても詮無いことね」 

 ついに、少女は力無く膝をついた。
 もはや打つ手は無い。このまま四方から敵軍に圧殺されて全ては終わる。
 炎上する世界。炎の中で、見覚えのある人形たちが何体も現れて、カタカタと口を鳴らしながら踊り狂う。

 天の闇からは無数の糸が伸び、それらは複雑怪奇に絡まって世界中に広がっていく。森羅万象の全てがその糸と繋がっており、繋がった場所は『毛根』となって糸の一部となるのだ。その糸、その髪の毛は、毛根を二つ有するのである。

 操る者と操られる者を繋ぎ、一つの生き物とする髪の毛の繰り糸。
 毛根が二つ以上あるのなら、頭髪は複数人のものとなる。
 それこそは感染呪術の奥義。
 感染呪術とはもともと一つのものであったもの同士が離れても相互に作用することを利用した技術。抜け毛を利用して呪いをかけることなどが相当する。

 『髪の毛』とは、最もありふれた感染呪術の媒体であり、その呪術体系の象徴でもある。二つの毛根が二者を繋ぐというのは、感染呪術が成立したことの呪術的な表現に等しい。あらゆるものに対して髪の毛を伸ばして繋げられる者にとって、森羅万象は自分の一部なのだ。

「イェツィラー」

 青い青い融血呪が、髪の毛を伝って世界に浸透する。
 流体は驚くほど細いが、同時に異常なまでに広範囲に広がっていく。
 ついに青い糸が力無く蹲る白骨死体に触れようとした、その時。

「アツィルト」

 青い流体が、凍結した。
 あらゆるものを融け合わせる呪術は、あらゆるものを固める呪術によってその動きを完全に停止させられている。少女ははっとして頭蓋骨を持ち上げた。
 その空洞だったはずの眼窩に異変が起きている。

 右の眼窩を埋めるように、青い氷が現れて義眼となっていたのだ。
 氷は凍結の範囲を広げていき、頭蓋骨の右半分を覆い尽くすほどになる。
 異形の右目が光を放ち、キシャルの全身を変質させていた骨腫を凍結させ、瞬時に砕いていく。

 更に骨の全身を氷が覆ったかと思うと、出現した無数の氷柱によって削り取られてたちまち氷の彫像が出現する。
 内部に白骨を透けさせた、それは氷の少女だった。
 滑らかな四肢と布の多い羽衣のような衣服を身につけており、全身が光を反射して美しく煌めく。その全てが柔らかく動く神秘的な氷で作られているのだった。

 命を持った氷の少女は、迫り来る軍勢を悉く氷の中に閉じ込めて、決然とレストロオセの方を見た。
 と、氷の内部で、白骨の口だけが静かに動いた。

「馬鹿ね。私は貴方の存在を揺るがせているというのに」

 氷の外面が、そっと首を横に振る。
 それから、繊細なつくりの唇が微かに動いて何かを呟いた。

「そう。それでも貴方は、誰かに共感して、味方せずにはいられないのね。同じ英雄でも、あの男とは大違い。本当に優しい子なのね。だからあの方も――すこし、妬けます」

 迫り来るレストロオセの混沌を、片手を振りかざして全て停止させる。
 少女は右目を輝かせて大量の触手を全て凍結させ、砕いていく。

「というか、あの意地の悪い子の姉だなんて信じられない――え? あらそうなの? 二人とも、クレアノーズの教育の賜物ということなのね。だとしたら、どうしてこうまで差がでるのかしら」

 氷の表面に繊細に彫られた表情が、不服そうに眉根を寄せた。
 内側の白骨死体の物言いが、よほど腹に据えかねたらしい。

「けれど、当然といえば当然かもしれないわ。私たちは起源を同じくする者同士。ならば、共感しあうことは必然で――えっ、ゲーム? 直前にプレイしたから? 何を言っているの? あ、ええと、好きなタイプの主人公だったって、その、ありがとう?」

 白骨死体は首を傾げた。つられて氷の少女も首を傾げるが、不思議そうな表情はどうして相手が困惑しているのかがわかっていない様子だった。彼女としては、ごく自然な感性で意思を伝えているだけなのである。

「我がことのはずなのに、最近の若い子の考えることはよくわからない――」

 少女は走る。
 迫り来る石肌の巨漢を足蹴にし、異形の軍勢を異界から呼び寄せる朱色の目をした男を凍結させ、肉塊と化した老人の超質量が生み出す運動エネルギーを停止させて、冷たく囁いた。

「凍れ」

 氷の檻に閉じ込められた老人を引っ掴んで、キシャルは空中に氷の足場を作って疾走と跳躍を繰り返す。
 目指すのは恐るべき狂怖ホラーの女王。
 呪祖レストロオセの腹の中。

「隠者ウォレス=グレンデルヒ! 王と対になる存在として、その役割を果たして貰うっ! 富める王と貧しき乞食よ、入れ替われっ!」

 キシャルの叫びと共に、『地位』の断章が輝いて呪文を発動させた。
 それは、ある時を境にして世界に浸透した物語類型の一つである。
 王と乞食、ないしはそれに類する庶民などが入れ替わり、それぞれ別の視点から互いの世界を体験するという、かりそめの転生。
 地位の入れ替え、価値の転倒。

 その呪術は、立場の異なる二人の位置を交換することができるのだ。
 巨大なレストロオセの体内に閉じこめられていたオルヴァがウォレスとなり、オルヴァは脱出に成功した。
 だが、オルヴァの全身には長い髪が巻き付いたままだ。

 オルヴァの肉体が不自然に動いて、彼を救い出したキシャルに襲いかかる。
 少女は不敵に笑った。

「油断したわね、ラクルラール」

 氷と銀色の鮮血が飛び散って、二人の顔を冷たく濡らした。
 少女の氷の腹を突き破って、手刀の形を作った右腕が髪の毛を切断していく。
 それは剣の子。刃を象った栄光の手。

「この子の剣は、貴方の支配を断ち切れるの――王国つかいまを殺すのはね、外敵を貫く槍ではなく、法の裁きを司る剣なのですよ」

 青い血液が飛散して、オルヴァの全身がどろどろに溶けていった。
 最後に残された左腕が、呪縛を断ち切った右腕と共に落下していく。
 それを見届けて、氷の少女はかすかに微笑んだ。
 両腕が輝き、秘められた禁忌が全て破られる。

「氷血呪の完全解放――その演技。これで世界は終焉を迎え、この劇は強制的に終幕を迎える。見なさいなラクルラール。貴方の用意した機械仕掛けから現れる神などよりも、こちらの方がよほど不条理よ」

 氷の少女が世界を、宇宙全てを停止させ、最後に事象の全てが砕け散る。
 そして現れた途方もなく長大な『何か』が、太陽すら穏やかに感じられるほどの莫大な熱量を発して世界を焼き尽くしていった。
 こうしてカシュラムは滅亡し、世界は終焉を迎えた。

 だがその終焉すら炎によって燃え上がり、何もかもが赤く染まっていく。
 あらゆる状況が破綻したまま、結末すらないままに全てが終わった。
 緞帳が引き裂かれ、落下し、舞台が崩落する。
 幕引きすらそこでは意味を持たない。

 物語など無く、終わりなど無意味となった。
 それは、物事は順序良く始まり、そして終わるという絶対的な『定め』に対する叛逆と言えよう。つまりは、こういうことだ。

 ――終端は、ここにしいされたのだ。







+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ