挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
神級回復呪文使いが転生したら……こうなった。~調子に乗ったランディの、神罰転生~ 作者:鹿鳴館
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

99/120

【90話】ムアミレプ王国の怪 後編


 アンジェラ女王様と、その御一行に英雄と感謝されて、はや十数分。

 おかげで、ストライキングスの効果は切れてしまった。

 残る『ストライキングス』は、後1回分だ。

 保険を使う事にした。

 問題はどうやって、使うかだが……



「ランディ・ライトグラム殿、ソナタ等は命の恩人じゃ、アルテシアンナからの帰路には是非とも、妾のいる『稀天宮』へ足を運んで欲しいのじゃ、盛大にもてなすのじゃ」

 あっ、足掛かりみっけ。

「女王様、ありがとうございます。 しかしまだ、完全に助けたわけではありません。 『礼』は無事に脱出してからにしましょう。 あとですね、貢ぎ物が通路の一画に放置しているんですが、一緒に通路に行って受け取って貰えないでしょうか?」

 僕の言葉に、従者達が疑問や警戒を深めた。


  「女王様、なりません! この者等、怪しすぎます!」

「ネオハイム……しかし」

 このネオハイム、割とちょろいと見た!

「ネオハイムさんと言いましたか? グランヒーリング」

「なっ。なに!」

「あなたも魔法の武器があれば、ガーゴイルを倒せるくらいの猛者と見ました」

「お、おうその通りだ」

 ぼくは、呪文の効果が切れた木槌を渡す。

「あなたが居れば、女王様は安心でしょう。一緒に取りに行きましょう」

「ま、任せろ。女王様、こやつ若輩ながらも見る目があり、誠実なようです。女王様の御身はこのネオハイムが御守りいたします。行ってみましょう」

 想像以上にちょろすぎた。


 ……
 …………

「この、糞餓鬼! 騙したな? 離せぇ 離せぇ!!」


 ネオハイムは通路の奥で、テスターに羽交い締めされている。

 僕とダナムは、女王様に接近している。
 近くには、動きを封じ込めたガーゴイルが1体転がっている。

「女王様。 貴女の女の象徴を頂きます。ダナム」

「本当にやるのか?」

 ダナムはナイフを取り出す。

「何をするのじゃ、や、止めるのじゃ、お願いじゃ、い、いやぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」


 ……
 …………

「女王様『起動』と言ってみて下さい」

「はぁ、はぁ、次は何をするのじゃ? 『起動』」

 ガーゴイルに変化がおきた。

 《言語マースラント語、確認。生体情報、確認。防衛モード、終了。護衛モード、移行》

 予想通り、ガーゴイルが再起動したので、 封じ込めを解く。

 ガーゴイルは、女王様の前に移動して立ち止まる。

 《お帰りなさいませ、主様》

「えっ? えっ? 何? 何なのじゃ?」

「このガーゴイルを、女王様の命令で動くようにしました。本来なら指を数本使うから、髪と血で上手くいってよかったよかった」

「なっ!?」

 女王様は驚いている。

「なあ、ダナム。 ランディは戦闘能力が化け物な回復魔法使いだと、思ってたんだが……」
 
「ランディの学院成績は、礼儀作法と生活常識以外は全てぶっちぎりのトップだ。しかも、まだまだかくし球があるぞ。解毒魔法フルコンプなんて序の口だ。俺様は何が起きても驚かないぞ」

 そう言うダナムも、ランディの行動に退いていた。


 《主様、そこの人間、侵入者ですか? 排除しますか?》

「この、者達は客人だ。ただ、あの少年は軽く殴って欲しいのじゃ」

 《了解、しました》

 何言ってるの?
 やめてぇ、ガーゴイルが襲ってくるぅ。


 ……
 …………

 《主様、任務、不可能でした。お役に立てず、申し訳ありません。自壊します》

「まて、妾が悪かったのじゃ。自害しないでくれっ」

 慌てる女王様と、素手でガーゴイルを止めた僕を、ダナムとテスターが冷ややかな目で見る。

「今のは、わざと殴られてやるのが優しさだと、俺は思うんだが」

「俺様もそう思うが、ランディはそう言った空気が読めない。ランディの両親も苦労していた」

「なるほど」

 なんだ、このアウェイな雰囲気は。

 少しすると、精神浸食でもされているのか、女王様が『ガーディアン、あのガーディアンが妾の命を聞く、あのガーディアンが妾の物に』と妖しい瞳で呟いていた。

 確かに『量産型』にしては高度な作りのガーゴイルだが、興奮しすぎなんじゃないのかな。

 《主様、客人を管理者様、部屋まで、お連れいたしますか? 接待用の飲み物、あります》

「なに、そんな部屋があるのか? 妾の従者たちが奥の部屋で助けを待っているのじゃ、その者たちも連れていけるか?」

 《主様の許可、あれば、問題ありません》

 すると、ガーゴイルはドシドシと進んでいった。
 そう、僕たちが女王様達を助けた部屋に向かって。


 《侵入者発見、排除》

「ひぃっ!? ガーディアンだっ!」
「助けてくれぇ!!」

「待てっ、待つのじゃ。その者達は妾の従者だ」

 《侵入者、客人に変更》

 少し引いた所で見てると、面白いな。


「ふっ、妾はこの者達のおかげで、あのガーディアンを支配下にする事ができたのじゃ。」

 《主様、休憩出来る、部屋まで、お連れします。飲み物あります》

「さ、さすがはアンジェラ女王様だ」
「アンジェラ女王、バンザイ!!」
「助かった、生きて帰れる」
「やはり、アンジェラ様は正当なる王だったか」
「アンジェラ様、そのお髪はいったい」
「アンジェラ女王、どうすればあのガーディアンを従えさせる事が出来るのですか?」

「それは……」
「はい、ストップ。それは言ってはなりません」

 慌てて、言い出しそうになった女王様を止める。

 そんなのが広まったら大変でしょ?
 それに、従者達を見ると女王様ほど、髪の長い人はいない。

「女王様、これは我が国のトップシークレットです(嘘)。それに、この中では女王様しか出来ない術でございます(半分嘘)」

「そうか、解ったのじゃ。よくよく考えれば、微妙な妾の立場も、改善されるほどの事なのじゃ」


 ガーディアンは僕達のやり取りは無視して、壁に拳を当てている。

 すると、地下に下る階段が出てきた。


 地下迷宮見たいで、ワクワクするぞオラ。

 しかし残念な事に、進んだ先は簡素な部屋で、シンプルなケースが大量に置いてあるだけの部屋だった。

 ほら、従者の人々も白けて……あれっ?


「ば、バカな……こ、これは」
「この、重厚かつ上品なケースは」
「「4種の秘薬!」」
「あり得ないのじゃ『4種の秘薬』は、年間に2つも発掘されれば、多いと言われるくらい貴重な遺物なのじゃぞ」

 どうやら、僕の予想を大きくはずして、大変貴重な物だったらしい。

 《飲み物、あります。どうぞ》
 ガーゴイルは、事もあろうか、その秘薬を持ち出していた。
 ガーゴイルも、その価値は解らないようだ。

 そう言えば、今まで見てきた遺跡の出土品は『判別器』『測定器』『殻に被われる物』の3つだったが、どれも『太陽の魔力』と言われる物を必要とするタイプだった。

 流石に気になったから、女王様に質問した。

「この『4種の秘薬』は、今現在たったの2国しか発掘されていない、稀少な神器なのじゃ。判別器等と違い、消費するタイプの神器で、ケースの中には秘薬が入っている。その秘薬とは、1つ怪我を完全に回復する秘薬。2つ、魔力を完全に回復する。3つ、どんな病もたちどころに治してしまう秘薬。4つ、全ての毒を中和する。どうじゃ、聞いているだけでも痺れてくるような神器じゃろ?」

「…………ウン、ソウデスネ」
「確かに、素晴らしい遺物だが、素晴らしい遺物なんだが」

 テスターは僕を見る。

「ランディと一緒にいると『4種の秘薬』の価値が薄れてしまうような」

 そんなことはないぞ、ダナムにテスター。
 僕だって、魔力回復なんて出来ないからな。
 エリクサーだったら僕も欲しい。

「秘薬が欲しいか? 本来なら1国の国王しか手にする事が出来ない代物なのじゃが、そなたらは命の恩人どころか、大量の秘薬をもたらしてくれた大恩がある。3つ持っていくが良い」


 やった。
 価値は詳しくは判別出来ないけど、すごいものらしいから、いざって時に使えるだろう。


「なりません、いくら我々の命を救ったからと言って、国宝の『4種の秘薬』を3つも、渡すなどもっての外です!!」

 《主様に逆らう対象確認、排除》

 ガーゴイルが突然、異論を唱えた従者に切りかかる。
 なんとかその男の服を、掴んで引っ張る。
 このガーゴイルけっこう恐いです。

「ひっ、ひえぇぇ」

「女王様、早く止めないとこいつ死んじゃうよ」

「ガーディアン、止めるのじゃそやつは敵ではない! そうじゃよな?」

「ははは、はい、その通りです。先程の失言申し訳ありませんでしたっ!」
 



 こうして『4種の秘薬』を3つも貰って、遺跡を脱出した。

 女王様は、事情を少し装飾して話し、喝采を浴びていた。

 ただ、よからぬ気配を感じるから、ちょっとだけ確認しようと思う。

「第3レベル呪文……ディテクトイービルLVⅠ」

 ここまでは小声で、これからは大声で話す。

「私が、アンジェラ女王様救出作戦を成功させたランディ・ライトグラムです。 今回名誉ある任務を成功させた事を誇りに思います!」

 僕にも、感謝等の叫び声が浴びせられた。
 でも、見ましたよ。

 この瞬間、僕に対して敵対反応を表示した3人を。


 ……
 …………

 女王様一行と別れる時に、この3人に注意するように進言した。

 女王様は、夫の信頼ある人物だからあり得ないと言っていたが『カマをかけてみたら』と言っておいた。
 後は、自己責任だからな。


 こうして、僕達はアルテシアンナに向かって旅を続けた。

 因みに道中、消費するはずのお金は、支援物資の追加と共に増やしてしまった。



【教えてランディ先生】

今日は【遺跡】と言われる場所から出土されるオーパーツの話をしましょう。

今まで、判明してるのは
素質をみる、判別器。
強さを計る、測定器。
体力を失うと殻で被われる、卵
遺跡を守るガーディアンを安全に通過出来る、通行器。
様々なマジックポーションが入っている、4種の秘薬。

そして、裏設定の
『鋭利なメス』
『開墾説明書(米の章)』
『開墾説明書(養殖の章)』
『開墾説明書(樹の章)』

等がありまして、開墾説明書はターベールやアルテシアンナにしか出土していません。

さて、何か素敵なオーパーツがあったらドシドシていあんしてくださいね。

でも【水晶のドクロ】とかは要りません。
m(._.)m


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ