挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
神級回復呪文使いが転生したら……こうなった。~調子に乗ったランディの、神罰転生~ 作者:鹿鳴館
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

74/120

【68話】もう1つの新魔法

 ソイフォンとジエ君が倒れる前に、なんとかたどり着いた。

 ちょうど神速の効果が切れたが、間に合って良かった。

「「「ファイヤーボール!」」」
「アルテミットヒーリング」


 回復魔法を受けたソイフォンが、ビックリしてこっちを見たけど、それどころじゃない。
 ファイヤーボールの着弾前にジエ君も回復させないと。
「アルテミットヒーリング」

 ドガァァァァァン!!

 くっ、あちち……間に合ったな、ん? 今度はダナムがいっぱいいっぱいみたいだ。

 だが、今度は余裕で間に合う。

「ソイフォン、ジエホウ!行くよ」
 混戦状態の仲間に向かって、進もうとしたら()けた。

「ランディ!?」
「ランディ、どうしただか? 」

 あ、足が動かない。
 まさか『神速』を無理に使った副作用か?
 開眼したその日に、2回も神速を使ったからか……普通は発動すら、しないはずだもんな。


「ソイフォン、すまん肩を貸してくれ」

 ソイフォンに肩をかりて、少しでも早くみんなと合流しなくちゃ、あいつらは混戦の中でも無理矢理隙を見つけて、攻撃魔法を使ってくる。

 対戦相手の後衛1人が余裕のあるせいか、僕らの状態に気がついて、攻撃してきた。
「ファイヤーボール!」

 2発のファイヤーボールを、ソイフォンとジエ君は冷静に対処する。
「キャンソル」
「キャンセル」

 すると、ソイフォンがぐらつき、一緒に倒れた。

「ランディ、すまないだ……魔力の涸渇が近いみたいだ」

 しまったぁ! 魔力を温存気味に試合をしてたけど、この試合は3戦目だ。

 キャンセル主体のジエ君より、ライトニングを使っていたソイフォンに、負担が掛かっていたか。

「ジエホウ、肩を貸してくれ」
 ハンマーを杖がわりに、起き上がる。

 みんなのところにたどり着いたあたりで、なんとか、足に力が入るようになった。

 ダナムは、ギリギリいっぱいだな……

「ダナム、待たせた。 アルテミットヒーリング」

 僅か1秒で、ダナムが完全回復する。
「なっ?」
「なんだと!?」
「アルテ……えっ?」
「は?」
「???」

 しめたっ、僕の新魔法にみんな固まってる、反撃のチャンスだ!
「今だ! み、ん……な?」

「………………」
「聞いてない……」
「一瞬で治った?」
「私の耳がおかしくなった?」
「俺は気絶して、夢を見てるらしい」

 味方も固まって動いてない。

 審判まで、僕をじぃ~~っと見て動かない。


 1・2・3・4・5秒数えると、みんな同時に我にかえり、戦いが再開される。
 タイミングが同じなんて、仲良すぎだろ?

 6対5の乱戦が始まる。

 相手側は、僕が2人倒して、後衛が1人残っているから5人。
 こちら側は、ソイフォンの魔力涸渇が近く、戦闘不可能でジエ君は僕に守られながら、攻撃魔法のキャンセル要員で戦闘に参加しないから6人。

「アルテミットヒーリング!」

 この、回復魔法は使い勝手が良い。
 回復呪文は、一瞬で傷を治療するが、5秒に1度しか使えない。

 アーサーや殆どのクレリックは、10秒に1度しか使えないから、それでもすごい方なんだがね。
 混戦状態を維持するために、神経を使っているから、この場では時間がかかるエクスヒーリングや、グランヒーリングは不向きだ。

「アルテミットヒーリング」

 今の回復で、完全にこちら側が優勢になった。

 相手側の3人がほぼ同時に殻に被われ、ラディスとカティスがそのタイミングで後衛の1人に向かって突き進む。

「ファイヤーボール」
「キャンセル」

 ラディス達に向けて放たれた攻撃魔法は、ジエ君によって、かき消される。

 その直後、後衛がなす術もなくやられて、殻に被われた時、残った2人は膝を落とした。

 終わったか……
 この瞬間、僕と同じくみんなの力が一瞬抜ける。

 しかしよく見ると、膝を落としてるが、拳に力が入ってる……不味い!

「神速!」
「「ファイヤーボール!!」」


 ドクン。
 油断したせいで、0コンマ数秒しか先手を取れなかった。

 空気が今まで以上に重い。
 ファイヤーボールの着弾点付近で、体力の消耗してる味方は…………いた、まりな先輩だ。

 よし、間に合う!

 しかし、僕の神速はたった2歩で効果が切れて、副作用のせいか、足が動かず目眩もする。

 しかも、まりな先輩まで届かない。

 ドンッ!

「ランディ!」

 なんと、ダナムがまりな先輩の方に、僕を突き飛ばした。

 これなら届く。

「ダナム、ナイス! アルテミットヒーリング!!」
 ドガァァァァン!

 ファイヤーボールとアルテミットヒーリングはほとんど同時だった。

 まりな先輩は無事か?

 しかし、僕はまりな先輩の無事を確認出来なかった。

 アルテミットヒーリングを使った瞬間、視界が真っ暗になった。

 これは、魔力の枯渇?

 そんなバカな……いくらアルテミットヒーリングを連発したからって、5回程度、だろ……な、ん……で……?

 薄れゆく意識の中、考えた。
 まりな先輩、回復は間に合ったかな? 残りは、たった2人だけど、勝ったよな? 信じてるぞ……僕の新しい仲間たち…………


 ◆◇◆◇◆◇◆◇


「……ん、んんっ」

「!?」

 ずいぶんと眠っていた気がする……寝起きで『ボ~』っとするのはいつ以来だろうか。
「ん? はっ! 試合はどうなった??」

「キャア!」
「キャッ」

 慌てて起きて見回すと、小綺麗な部屋に女の人がたくさんいた。

 そのうちの、2人は見覚えがあるような、ないような。

 その中で、一番若く綺麗な女性が、僕の近くに来て話しかけてきた。
「ランディ……目が覚めたのね。 ふふっ、久しぶりね。 あっいけない、カンヌ! ランディに食事を持ってきて。 アセロラはお父様に報告……いや、いいわ、お父様に報告はランディの食後にしましょう」

「はい、お嬢様」

 カンヌと呼ばれた人は、小走りで行ってしまった。

 見たことがあるのは間違いないが、全く思い出せない。

 名前が思い出せないのを隠して、しばらくやり過ごそう。

「お姉さん、僕の……いや、最終戦は見ましたか?」

「ランディの出ていた試合ね。 優勝おめでとう、凄かったわ」

 勝ったんだ、やった。
 初めは、子供の遊びを楽しんでやろう! と思っていたけど、テスターと戦ったあたりから、本気で勝ちたいって思うようになったんだよなあ。

「試合、見てたんですか? ありがとう、お姉さん」

「……もしかして、ランディ私の事、忘れてる?」

 おぅ、二言話しただけで、もうバレた。
 なんて洞察力だ。

「顔は覚えてるんですけどねぇ、ごめんなさい」

 お姉さんは、一瞬悲しげな表情をしたけど、急に『閃いた』って顔になって、お手伝いさんを1人呼んで、ないしょ話をしてる。

 すると、お姉さんは綺麗なハンカチをお手伝いさんの口に詰め込み、これで解る? って感じで僕の方を見る。

 あっ思い出した。

「まさか、エル、エラ……エリ、エリザお姉さん?」

 エリザお姉さんは『ぱぁぁ』と喜んだ。

「思い出したのね、当たりよ」

 なんでエリザお姉さんが、ここにいるか解らないけど、八武祭に見学に来てもおかしくない身分か、観に行きやすい居住地だったんだろうな。
 あと、親がバトルマニアって可能性もあるか。


「僕の仲間たちは、どうなったか分かりますか」

「残念だけど、ランディ抜きで表彰式がおこなわれたわ。 それより、もう興奮しっぱなしだったんだから」

「はは、調子にのりましたからねぇ」

「お父様や王宮騎士ロイヤルナイツなんて、目玉が落ちちゃうかも? ってくらい、震えながら驚いていたのよ」

「……調子に乗り過ぎたみたいです」

「ランディは、本当に商人志望なの? ランディなら騎士の最高峰、王宮騎士にもなれるって話よ」

「ふうん、そうなんだぁ」

  再来年の僕の力を見越して言ったのかな?
 その頃なら、元王宮騎士のリッツ教官にも勝てそうだしね。

 ギュルルルゥゥ

「そう言えばすごくお腹が空いているんだけど?」

「そうよね、ランディ半日以上寝ていたもの……ちょっとカンヌを急かしましょう」

 そう言って、部屋を出た。

 う~ん、エリザお姉さんってば、なんて素敵な笑顔を向けて来るんだろうか。

 ランデイヤと融合する前の僕なら、これだけで落ちていたな。

 エリザお姉さんと暫しお話をしていると。
 疑問が出てきた。

 エリザお姉さんって何者?
 お手伝いさんの数、それより倒れた僕を、個室に隔離できるほどの権力の持ち主……。

 なんか嫌な予感がするなぁ。

 八武祭の開催中は、主任教官のマキナスジジィですら、僕ら選手達と接触が出来ないくらいのセキュリティなのに。

 そして、その疑問を解消するかの様に、扉から身なりの良い、ダンディーなおじさんが入ってきた。

 お手伝いさんが、一斉に頭を下げる。

 おじさんは、畏まらなくていいよって、感じで合図する。

「よい。 ランディ・ダーナス、此度の八武祭では素晴らしい活躍をしたな。 私も鼻が高い、礼を言う」


 この時、僕は失敗をした。
 少し考えれば予想が付くはずなのに、心の声が口に出てしまった。

「おじさん、誰?」


ネタバレ。
ランディ魔力枯渇の謎。

回答は、神速です。
完全に神速の条件を満たしていないランディは、足りない部分を魔力消費して、補っていました。

リッツ教官「説明はいらんから、俺のバトルは?」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ