挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
神級回復呪文使いが転生したら……こうなった。~調子に乗ったランディの、神罰転生~ 作者:鹿鳴館
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

73/120

【67話】第8試合、緊急開催

「う、うわぁぁぁぁぁ!」

「だ、ダメだ、勝てない」

 1人づつ、確実に相手チームの選手を殻に閉じ込めていく。

 午前の対戦相手、ウェステンバーグ高等学院の選手達は、勝てないならと1人でも多くの対戦相手を倒そうと頑張ってくれたが、午後のズューデン高等学院は途中から戦意喪失してしまった。


「勝者、ウエストコート高等学院!」

 これで、ほぼ準優勝が確定した。
 残るは午後後半の2試合だけど、ここまで全勝のサウスコート学院を除けば、みんな2敗以上しているからだ。

 このあと、リッツ教官の命令で最終戦を観戦することになった。

 観戦する試合は、サウスコート学院対ノースコート学院。

 最後に優勝するチームを見ていけって事かな?

 サウスコートの選手と監督はこっち……だと思うが、チラチラみたり、にらんだりしてる。
 そして、何かの作戦でも言い渡しているようだ。

 なんか引っ掛かるな。
 試合開始位置も、後ろ側に集まっているのも変だ。


「サウスコート高等学院VS(バーサス)ノースコート高等学院、試合開始」


「「「「ファイヤーボール!」」」」

 ファイヤーボールが8発! 両手魔法使い4人の攻撃、なんだけど着弾点が手前過ぎて誰にも当たらない……あっ。

 サウスコートの選手全員が場外に向かって走り出した。


 それを見た審判も固まり、一呼吸遅れて気づいた対戦相手も、呆然と見守っている。

 そして、場外に出た。

「しょ……勝者ノースコート高等学院?」

 審判さん、何故疑問形なの?

 辺りはドヨドヨとざわめき立っている。

 サウスコート学院の選手がこっちに指を差す。

「「「これが俺たちの挑戦状だ!!」」」
「「「これが私たちの挑戦状だ!!」」」
「「これが僕たちの挑戦状だ!!」」

 よく見ると、選手と監督の意思疎通がとれている。

 そして、監督はリッツ教官を睨んでいた。

 さらに、リッツ教官はニヤニヤしている。

 まさか、あんた何か仕込んだな?

「リッツ教官、もしかして何かしました?」

「ん? 気づいたか。 今朝方な、向こうの監督とばったり会ったから、ついでに挑発しておいた」

「なるほど」

「実力ナンバー1のサウスコート学院の監督って言ったら、面白いくらいに乗ってきた」

「酷いっ! でも、そうなると優勝はどうなるの?」

 リッツ教官に聞いてみた。

「ここのルールなど知らんな。ただ、優勝決定戦をすれば盛り上がるけどな」

 ……
 …………

 控え室に戻って、みんなと雑談していたら、八武祭運営係のおじさんがやって来た。

「ウエストコート高等学院の選手に伝えます。 この後、運営側(こちら)の準備が出来次第、サウスコート高等学院との、優勝決定戦を開催する」

 まさか、今年中にリベンジの機会が来るとは思わなかった。


 ダナムやモンテ先輩たちも、やり返してやるって意気込んでる。


 しかし、サウスコートの選手は、初っぱなから全力で両手魔法を使うだろう。
 試合開始地点は距離があるから、きつい戦いになるのは予想できる。

 なにか、作戦を考えよう。
 出来れば、みんなで勝利を勝ち取りたい。


 ◆◇◆◇◆◇◆◇

 優勝決定戦のために、急遽第8試合が組み込まれたが、観客は減るどころか、立ち見しないと入れないほどの混雑になっていた。


 試合開始前に、布陣を決める。
 相手は前衛5人、後衛3人のオーソドックススタイルだ。

 こちらは前衛6人、後衛2人だが、前衛を5対1の左右に分けて、布陣した。
 そう、僕独り孤立した作戦だ。
 しかも後衛は前よりに位置させている。

 相手はどう切り返してくるかな?

「サウスコート高等学院VS(バーサス)ウエストコート高等学院、試合開始」


 ダッシュと同時に、攻撃魔法のかけ声がする。
「「「「「ファイヤーボール!!」」」」」
「ライトニング!」

 両手魔法5人だと!? 完全に騙された。

 まずい、急げ! この弾数、ジエホウ1人じゃ焼け石に水だ……急げ!!

 トクン、トクン、ドクンッ。

 突然身体が動かなくなった。
 しかも、周りの音が聞こえ難くなったのに、鼓動の音がやけにうるさい。
 なんで急に身体が重くなった?

 ……いや違う、周りの動きがスローに見える、そして自分の動きも鈍い。

 ファイヤーボールがゆっくりと進んでいるのが分かる。

 こ、これは、まさか『神速』?
 なんと、この年齢で『神速』を開眼したのか?


 ならば、この水中を歩いてるような感覚に身を任せちゃ駄目だ。
 無理矢理にでもこの中を全力で走るようにする。

 ファイヤーボール2発は後衛の2人に、もう2発はモンテ先輩が率いる前衛に、残りの6発は僕に向かっている。

 この調子なら、真っ直ぐ進んでも2発分は避ける事が出来る。

「ラ~ン~ディ~の~う~ご~き~が~は~や~い~!?」

 うわぁ、声も聞き取りづらいなぁ

 ド~ゴ~ォ~ン! ド~ゴ~ォ~ン!
 ファイヤーボールの爆発音まで、重低音でゆっくり聞こえる。

 もう少しで、相手にチームの後衛にたどり着く。

 その時『神速』の効果が切れた。

 無様にも、つまずいて転んだが、無理矢理自分の身体を一回転させて、その勢いに任せて攻撃した。

 さあ、相手は3人……いや、1人下がったから2人だ、そのうち1人は二刀流か、利き腕がないぶん良い装備をしている。

 僕は、避ける事に気を使わず、全力で相手を倒す事に集中した。

 切れ味の悪い剣と言っても、当たれば切れるが、切断は出来ない程度だ。

 肉体強化の使えない攻撃魔法使いは、申し訳ないがザコだ。
 だけど、相手の力強いまなざしのせいで、ザコだと思えない。
 勝てないと分かってるのに、勝利を確信してるかのように攻撃してくる。

 ここで頑張れば、仲間が勝ちをもぎ取ってくれると信じてる目だ。
 お陰で瞬殺出来ず、時間がかかってしまった。

 僕の身体に10個の切り傷が刻まれた時、相手の2人は殻に被われた。


 みんなはどうなっている? 急いで確認する。

 不味い、見てるだけで分かる。
 モンテ先輩のところは、みんな頑張ってるから若干劣勢程度で収まっている。

 ファイヤーボールを、たくさん喰らっていた筈なのに……


 問題はジエ君とソイフォンだ、いつ殻に被われてもおかしくない。

 僕と彼らの距離は少々ある。
 回復魔法は、間に合いそうにない。
 もし間に合っても、グランヒーリングの回復時間、3秒を考えると2人とも救うのは無理だ。

 その時、肉体強化魔法なしで、僕に挑んだ選手の顔を思い出した。

 そうだ、出し惜しみしてる場合じゃない。

 出来る事を試す!
「ソイフォン、ジエホウ持ちこたえてくれ! 神速!!」

 ドクン!

 空気が重い……鼓動がうるさい。
 2回目の神速は成功した。

 よし、 行くぞ!

 ドロリとまとわりつく、空気の中を突き進んだ。
人外四人衆の神速について……
アーサー1日5回、1回10分
ガル 1日3回、1回30分
カーズ 1日3回、1回5秒
ランディ1日?回、1回2~3秒

リッツ教官「俺のターンはまだかぁ!!」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ