挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
神級回復呪文使いが転生したら……こうなった。~調子に乗ったランディの、神罰転生~ 作者:鹿鳴館
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

7/110

【6話】ランディ戦闘訓練開始

 僕が五歳になった丁度その頃、使用人が二人増えたんだ。

 僕は教えてもらっていないが、実際は元々いた使用人が帰って来たって事だ。

 この国の准男爵家は国から二人の使用人が与えられる。
 二人の賃金は国から支払われる。
 二人はダーナス家が六年前に大きな借金をしたために、一時的に凍結状態になって国に出向していた。
 簡単に言うと長期の出稼ぎみたいな物だ。
 そして、借金が完済になって、ダーナス家に戻れる事になった。
 この事実を僕が知ったのは、だいぶ先の話だ。


 二人の内、一人は執事のシープレス、雑務が得意な初老の男性。
 もう一人は傭兵のセナリース、セナリースは実力的には、伯爵家の傭兵になっていてもおかしくないほど、腕のたつ傭兵なんだけど、かなり言葉遣いが悪く、あらゆる貴族に疎まれてきた。
 しかし、貴族の礼儀など気にしない脳筋ロイエンとは、ウマが合うらしく、ロイエンが准男爵になってから、ずっとダーナス家に雇われている。

 僕は、セナリースが来たタイミングで、戦闘訓練を始める事になった。

 初めは、剣の恐さを知ってもらうため、短剣だが本物の剣を使い軽い素振りをする事になった。

 ところが僕が短剣を振りかぶった瞬間、盛大に嘔吐して、意識を失った。

「うおっ!? ボン? 大丈夫かボン! おお~い、旦那ぁ! 突然ボンが吐いてぶっ倒れたぞぉ!」



 気がついたら、僕はベッドに寝かされていた。
 ……そうか、僕は転生しても肉体は、前世同様『クレリック』なんだと実感した。

 前世の僕は、クレリック呪文を使う契約として、数多の神々の中から『自由の暗黒女神カレアス』を選んでいたらしい。
 クレリックとしての縛りは『食べる又は工作目的以外での刃物使用不可』
 カレアスの信徒としての縛りは『食べる目的以外で、同族の未成年の殺害を禁じる』だった。

 今回は、クレリックとしての掟に抵触したっぽい……はぁ、転生してもいろいろ誓約が残ってるなぁ……
 アバン○トラッシュ、使いたかったなぁ……


 ここで、僕は一つ大事な事を失念していた……クレリックの掟に抵触していた事実から、クレリック呪文の使える可能性が残っている事に……


 翌日、僕はめげずに木刀を持って、訓練に挑んだ。
 木刀を振りかぶっても大丈夫だったので安心安心。

 しかし、昨日の件で、ロイエンが心配しまくりだったよ……おかげてロイエンまで訓練に参加する事になってしまった。
 この親バカがっ……

 なんて思っていたら、ロイエンがこんな事を言ってきた。

「ランディ、走り込みと素振りばかりじゃつまらんだろ? その木刀でパパに打ち込みをやってみるか?」

「パパ……良いの? 怪我しない?」
(やったぁストレス解消にロイエンを使える!)

「パパはこう見えても、凄く強いんだぞ……本気で打ち込みなさい」

 そうですか……この身体はまだまだ未成熟だけど本気で行きます……ん?

 木刀を構えたその時、ロイエンに打ち込みたくなるようなスキを見つけましたよ……んふっ、スキ有り!

 ヒュッ……カン!
「うお!?」
 ロイエンは驚いていたが、あっさりと受け止められた。

 あれぇ、結構なスキを見つけたつもりだったんだけどなぁ……おっ? スキ見っけ。

 ヒュンッ……カンッ!
「あぶなっ!」

 ……
 …………

 暫く、ロイエン相手に打ち込んだ……

 しかし、僕の本気で打ち込んだ攻撃は、(ことごと)く受け止められてしまった。
 弱くなったなぁ……

 この様子を見たセナリースが、呆れ半分でロイエンを貶す。
「よう、旦那ぁ……暫く見ないうちに、とんでもなく弱くなったなぁ……はぁ情けない……しかたねぇ、 おいボン! 打ち込みは強えやつとやった方がいいぞ。残念だが、旦那は弱くなったみてぇだ……おれが受けてやるからな」

 ロイエンの木刀を奪い取り、振り回す。
「さあ、来な……だが生半可な攻撃じゃ掠りもしないからな」

 次はセナリースか……おっ左脇付近にスキ見っけ。
「えいっ!」
 ヒュッ……カン!

「なにぃぃぃぃ!?」

 あっ今度は右足……ヒュッ……

「うわっ…………うおっ!?…………ぬぁぁ……何で?…………おお! ……まずっ!…………」

 結局一撃も当てることが出来なかった。
 この二人、強い……いや、僕が弱いんだ……凹むなぁ……

 木刀だから、棍とそんなに変わらないかなぁと思っていたら意外に使い(にく)い。
 そのうち、ロイエンに頼んで、棍にしてもらおう……と考えながら、帰宅した。



 庭先のロイエンルーガとセナリースは、二人で顔を見合わせた。

「なぁ、旦那ぁ……ボンの打撃……速いワケじゃねぇよな?」

「ああ、お前も感じたか……確かに遅い……いや五歳にしては頑張ってる……だが所詮子供の剣速……よそ見しながらでも、余裕で対処出来るはず……はずなんだけどなぁ」

「だけどよぉ、おれと旦那は避ける事も出来ずに、木刀で受ける事を強要された……あんな遅いのに何で避けづらいんだ?」


「「???」」

 暫く二人で考え込んでいた。


 △▲△▲△▲△▲△▲

 アリサは『超』が付くぐらい、僕になついている。

 同い年とは言え、全ての事柄で僕の方が抜きん出ている。(まぁ当たり前だけどな)

 そのせいか、アリサは僕を万能な兄という位置付けで見ているのかもしれない。

 というわけで、アリサは僕が出掛けようとすると、『アリサもいくぅ』か『ランディいっちゃダメぇ』とか言う。

 そんな台詞は、もっと色気のある女性にして欲しい物だ。
 そう、せめてレジーナくらいじゃないとね……

 そんな、アリサも自分であそびに出掛ける時は、一人で出掛ける事も有る。
 特に、近所の女子(もちろん子供)に誘われた時は、独りでほいほい出掛ける。

 まるで『ランディには女の子を紹介なんてさせないよ』と言ってるみたいである。

 そんなで僕が独りになる時に、レジーナの瞳が『キュピーン!』と輝く。

「おぼっちゃま……お願いします」
 と……

 そう……僕は未だに、授乳プレイを強要されていた。
 そんなに、僕の舌技が気に入ったんですか? レジーナさん……一度封印した『ビッチ』の呼称を復活させる必要が有りそうですね。

 でも、楽しいから授乳プレイはしている。
 さらにレジーナは、五年たった今でも、母乳が出る……驚きだ……女体の神秘と言うものだろうか……


 そんなある日、アリサが近所の子達と遊びに出掛けている時に事件は起こった。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ