挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
神級回復呪文使いが転生したら……こうなった。~調子に乗ったランディの、神罰転生~ 作者:鹿鳴館
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

68/110

【62話】第3試合、ノルデンバーグ高等学院

 八武祭2日目、午後の対戦相手は、ノルデンバーグ高等学院だ。

 このチームは3年生に、優秀なハイブリット種の選手がいるらしい。
 名前は『アジャンタ・トゥーラス』って聞いた。

 そのアジャンタは、うちのアリサと違い、使える魔法が『攻撃魔法』『回復魔法』『肉体強化魔法』と、三つも持っているらしい。
 おまけに『魔神の加護』のギフトを持つ、反則的な小僧だって話だ。

 まあ、今は僕も小僧なんだけどね。
 そんな事より今回の僕の役割は、みんなを活躍させるサポート役に徹する事だ。

 だが、僕にはもうひとつやることがある。

 下剤入りの高級ランチを振る舞ってくれた、どこかのお偉いさんに、僕たちの元気(・・)な姿を見せてあげなくちゃね。

 想像すると、笑いが漏れちゃいそうです。

「ランディ、その笑いかだは、気持ち悪いだ」

 ソイフォンに突っ込まれた……どうやら漏れていました。


「ウエストコート高等学院VS(バーサス)ノルデンバーグ高等学院、試合開始!」

「肉体強化!」
「肉体強化」
「肉体強化」
「肉体強化!」
「肉体強化ぁ!!」
「よっと」


「なにっ? っ、肉体強化!!」
「えっ? 肉体強化!!」
「……肉体強化」
「行くぞ、肉体強化!」
「そりゃ、肉体強化3」
「望むところだ、離されるなよ」
「おおっ!?」
「おおっ!」


 両チーム、肉体強化魔法を発動して、一気に詰め寄る。
 相手チームは、こっちの予想外の動きに戸惑ったのか、困惑の表情だ。
 しかし、それも一瞬だけで、戦いに影響はないだろう。

 6対8の戦いになるけど、午前の試合で魔力が温存できたので、全力の肉体強化魔法を使っている。


 この世界の鍛えた人間は、並外れてHPが高い。
 学院に在籍してる生徒たちも、例外ではない。

 だから、切れ味の悪い剣だと、何回も当てないと倒せない。

「エクスヒーリング」
 相手チームが、負傷した味方を回復させる。

 だけど、回復役とヒーリングをかけてもらってる生徒は六秒間戦線離脱する。

 もちろん、こっちの回復時にも同じ事は起きる。
「グランヒーリング」

「なっ!?」
「グランヒール、嘘だろ」
「んなっ!?」
 相手チームの何人かが、僕の回復魔法に驚く。

「グランヒーリングを使えるだと!?」
「馬鹿め、そんな大技3回も使えば枯渇するぞ」

 えっとですね、グランヒーリングなら40回近く使えるんだけど。

 ……
 …………

「グランヒーリング」
 グランヒーリングは、たった3秒で魔法が掛け終わる。
 戦闘中ならば、エクスヒーリングよりグランヒーリングの方が有効手段だと、誰にでも解る。

 しかし、エクスヒーリングはHPの25%回復で、消費魔力は30。
 一方、グランヒーリングはHPの50%回復で、消費魔力は100。
 燃費の意味でなら、グラヒーヒングはかなり効率が悪いのだ

 魔神のギフトでも持っていないかぎり、魔力総量が多い生徒でも魔力総量は300~400なのだ。

 八武祭に参加するほとんどの生徒は、魔力枯渇を恐れて、ヒーリングまたは、エクスヒーリングを使用する。
 グランヒーリングを使われない理由はもうひとつある。
 グランヒーリングの、魔力の流れは難しいらしい。
 僕は一発で覚えたけど。

 八武祭に参加している回復魔法使いの選手も、三人に二人はエクスヒーリング止まりだと言っていた。

 だから、グランヒーリングを試合中に使うのは珍しいのだろう。

 相手チームは回復要員が二人いるようだが、一時的に戦線離脱する度に、こちらの攻撃回数が増える。

「ダナムっ、回復させるけど、いつも通り戦ってろ!」

「えっ? なっ!? わ、分かった」

「グランヒーリング」
 さすがダナム、戸惑ったの一瞬だけで、通常通り戦ってくれた。

 これは誰にでも出来る技じゃない。
 たぶん、ダナムと、カティスくらいだろうな、人神の加護を持ったやつらが肉体強化魔法なんかつかったら、一瞬は離されるだろう。
 さらに、僕を信頼していなければ全力で戦えなくなり、かえって足を引っ張ってしまう。

 まあ、戦いながらの回復魔法は、ダナムとカティス二人で充分だ。

 ……
 …………

「グランヒーリング」

 5回目のグランヒーリングの後から、注目を浴びるようになった。

 おや、やり過ぎたか?

「魔神の加護持ちかぁ!」
 相手の一人が、叫びながら僕を狙ってきた。

 ハンマーの柄を使い、あしらって、余裕のあるラディスとカティスのところに誘導する。

「くそっ! 先輩! ダーナスを狙ってくれ!」

 なにっ!? 僕の家名を知ってるだと?

 僕なんて、相手の選手の名前なんか、一人しか覚えてないぞ。
 たしか……ハイブリットの『オジャンダ』だったかな……

 いや、そんなことより、相手はもう僕を狙う余裕なんて有るのかな?

 少し長引いた戦いだったが、相手はもう半数が殻に被われて、戦線離脱している。

 しかも、こちらは離脱者無し。

 そして、相手チームの五人目が戦線離脱したところで、負けを認めた。

「勝者、ウエストコート高等学院!」

 驚き混じりの大歓声の中、悠々と歩いていると、またしても、サウスコート陣営と目が合った。

 午前とは違い、仲の良い友達感覚で、笑顔で手を振る。

 そしたら、午前とは違う選手がキレて僕に向かって来ようとした。

 このチーム、沸点が低いね。

「モンテ先輩、ラディス、明日の対戦相手を教えてくれ」

「前から思っていたんだが、私も年上なんだが」

「あれっ? なんでかな……まあ、良いじゃん。 ねっダナム」

「ああ、ランディがそれで良いなら、かまわない。だけど、よく俺が本気で戦ってるのに、触れたままでいられるな」

「ああ、あれには驚いた、私にもできるか?」

「えっと、話せば長くなりますが、モンテ先輩は流石に無理です」

「そうか、詳しくは夜のミーティングで聞こう」

 こうして、明日はリッツ教官が、どんなお題を出すのか楽しみにしながら、会場をあとにした。


 ◆◇◆◇◆◇◆◇


 八武祭、特別観戦室では、周囲の視線を忘れ、ランディの活躍を食い入るように見つめていた二人がいる。

 午前の新魔法『ライトニング』や『総力戦での圧勝』で注目度がサウスコート高等学院よりも、上回っているのに、ランディ本人の活躍が目立っていないので、二人は不満気であった。

 その二人とは、ロベルト・フォン・アルカディアとエリザベート・フォン・ウエストコートの二名だ。

 だが、周囲の公爵や侯爵は、子供のような二人にいちいち反応している場合ではなかった。
 ロベルトは、本当に子供なのだが。

 大貴族たちは、新魔法『ライトニング』の情報共有化の事で、舌戦が繰り広げられていた。

 結果は現法律上、新魔法『ライトニング』はウエストコート公爵が管理する事になった。

 それでも、諦めきれない一部の貴族は、学院長のハベンスキーを勧誘していた。

「ハベンスキー学院長殿、貴方はうちの領内で、要職に就きたいと思いませんか? 」

「ガルムハウゼン卿、この場での些か礼儀がなっていないと思うが、それにハベンスキーはどこにもやらんぞ?」

「何を言う、メッサー卿よ貴殿は、あのハベンスキー学院長殿をなくしたい、殺したいと去年は言っておられましたな?」

「んなっ!? あ、あれは……冗談だ、そうだよな、ハベンスキー?」

 ウエストコート高等学院の、担当侯爵のメッサーは、今までの暴言が、こんな形で自分の首を絞めるとは、思っても見なかった。


 メッサー卿の窮地を救ったのは、ウエストコート公爵だった。

「ガルムハウゼン卿よ、その辺で許してやってくれ。 学院長はすでに我がウエストコートの財産なのだ」

「……はっ、分かりました」

 そんな、会話が繰り広げているなか、王宮騎士(ロイヤルナイツ)は、ランディの戦闘能力の高さに目を付けていた。

「なぁ、お前はあんな芸当ができるか?」

「ん? 戦いながらの回復魔法か?」

「ああ、そうだ。 どうだ?」

「相手が格下、しかも一ヶ月以上の時をかけて、訓練すれば、三秒なら……」

「あとは、わざと動きを制限するとかか?」

「だが、そんな事はしていない」

「ランディは百戦錬磨の猛者か?」

「あんなに強かったら、スクット・リッツに目を付けられるぞ?」

「リッツさんに目をつけられて、五体満足なんてあり得ないと、思いますが?」

「まさか……」


 この夜、王宮騎士(ロイヤルナイツ)はウィルソン王に、ランディの王宮騎士推薦の話をした。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ