挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
神級回復呪文使いが転生したら……こうなった。~調子に乗ったランディの、神罰転生~ 作者:鹿鳴館
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

64/120

【58話】八武祭開催

 無事に開会式を終えて、控え室にいる。

 レギュラーメンバーの八名と、補欠二名。
 大人は、監督のリッツ教官と、知らない教官の二名。
 さらに、戦闘後の回復要員として、どっかのおっちゃんが二名。

 ハゲジィは特別閲覧席に連行され、マキナスジジィはアリサを含めた、次回八武祭の有力メンバーを一般席で見学してるって話だ。

 控え室で、リッツ教官が真面目な顔で話す。

 普段は眠そうな顔か、楽しそうな顔しか見ないから、珍しい。

「それでは、予選が始まる前に、モンテラード、ランディ、ソイフォン三人の罰を言い渡す」

 あっ忘れてた……どんな罰なんでしょう。
 今の僕に、堪える罰なんてあるかなあ。

「初戦のお前らには制限を課す。 モンテラードは槍を持て、ランディは盾のみ装備だ。 ソイフォンは電撃魔法は封印して、解除に専念しろ。 以上だ」

 なんと、僕ら粗相組(七味鳥の為に迷惑かけた三人組)は、制限付きで戦わされるらしい。


 教官やら生徒達から、やり過ぎだと抗議が出た。
 僕はリッツ教官の意図を探るため、じっと見ている。

「はっきり言っとくが、ランディが本気で戦ったらどうなると思う? 去年の八武祭の七学院と、同程度の実力なら半数の学院はランディ一人に負けちまうぞ」

「「「…………」」」

「それに、この俺が丸一年も鍛えぬいたお前らがいる。 はっきり言って両手魔法の攻略さえすれば、お前らは全勝しちまうだろうな。 そこで先の罰も兼ねて、戦いを面白くしてやろうと思ったんだ。 どうだ楽しそうだろ?」

 まあ最悪、六勝一敗なら準優勝は出来るな。
 みんなには悪いけど、これはこれで楽しそうだ。

 教官達は頭を抱えてる様だが、生徒達は納得した顔になってる。

 でも、呪文なし、身体能力は前世の約半分で、連携のとれた相手との八対一じゃ、まだ厳しいんじゃないかな。



 コンコン
「ウエストコート学院様、予選の時間です」

 毎年変わる予選の内容、今年は何かな?


 今年は大ハンマーを使った力比べだった。
 代表者が次々と大ハンマーを的にぶっ叩いて、動いたブイの測定をしている。

 結果は四位だ。
 この順位で、これから始まる対戦相手が決まる。

 そして、簡易判別器を使って『魔法使い枠』の三人を確認して、判別器を使って『ギフトなし枠』の生徒を確認した。

 なぜみんな判別器を使わないのか聞いたら、判別器をは超希少で一つにつき、二人しか計れないらしい。
 そして、再び使うには太陽の魔力を長時間にわたって吸収しなければ、ならないらしい。

 でも、それって『ソーラーパネル』なんじゃないかと思うぞ。


 ◆◇◆◇◆◇◆◇

 そこそこ美味い食事をした後、リッツ教官がニヤニヤしながら話し出した。

「お前ら、対戦相手が決まったぞ。 初戦は十年連続優勝を成し遂げている、サウスコート高等学院だ!」

 流石にみんなビックリしてんな。
 あの両手魔法軍団か……去年を見たかぎりじゃ剣さばきもトップクラスだったんだよな。

 初戦は負けかな。

「優勝を狙うなら初戦の戦い方も大事たが、いかにそれ以降の試合を上手く進めるかに、かかっているぞ」

 う~ん、リッツ教官は何を考えているんだろう……初戦を負けたら優勝は絶望的じゃん。
 その時、リッツ教官が小声で呟いたのを聞き逃さなかった。

「何せあいつらは、そろってプライドが高いからな……」

 プライド……プライドか。
 僕も何となく解ったぞ。
 でも、そんな事ってもう賭けだよね。

「なあ、みんな今回は勝敗抜きにして、観客を驚かすのを楽しまないか?」

「どういう事だ、ランディ?」

「去年は七位だったけど、毎年最下位だったウチが、サウスコートの、やつらを苦しめたら、みんなどれだけ驚くと思う?」

 質問してきたダナムに答えをあげる。

「はっきり言って、僕抜きでもあれだけ強くなってるんだ、去年のイメージをもった観客の顔を想像してみようぜ。 さらに、サウスコートの両手魔法を、ソイフォンとジエホウで両手キャンセル魔法を見せたら……楽しくなってこないか」

 するとみんなは悪戯っ子の顔に変わっていった。
 この世界の子供たちは、日本と比べると大人になるのが早いが、こんな様子をみてるとまだまだ少年だな、と思ってしまう。

「よし、やってやるか」
「ああ、周りの驚く顔が楽しみだな」
「だけど、試合中によそ見をするなよ」
「去年のあいつらは、二人で攻撃魔法を使ってたよな?」
「ならファイヤーボール四発だな、それならソイフォンとジエホウでキャンセル出来る」
「やつらの必勝法を破れる!」
「もしかして……」

 みんな、急に元気が出てきたな……だけど去年のサウスコート学院の生徒を見る限半数は両利きだった。
 もし、それが全員攻撃魔法を使えたら……
 まあ、それは戦ってから考えよう。

 それなら、あれが有効に使えるな。
「リッツ教官、僕たち三人は試合が始まるまで持たせて欲しい物があるんですが」


 ◆◇◆◇◆◇◆◇


 八武祭の試合は初日は各学院、一戦するだけで終わる。

 試合場は二つしかないため、第一試合、第二試合と別れる。

 今回、僕達ウエストコート高等学院は第二試合なのだが、微妙に注目を集め始めた。

 理由の一つは、常勝チームサウスコート高等学院が出場するから。
 もう一つは、僕、モンテラード先輩とソイフォンが珍しい物を持っていたから。

 それは(のぼり)だ。
 ほら、どう考えても売れない様な辺鄙な土地に『好評分譲中』とか書いてあるの見たことあるよね?
 今回はそれを『校則違反をしたため反省中』と書いて、持っているのだ。

「ランディ、これは何の役に立つんだ?」
「恥ずかしいずら」
「うん、役に立たないかも知れないけど、七味鳥食べたじゃん」
「オラ、無理矢理拐われたのに……」

 対戦相手のサウスコートも指を指して笑っている。

 ちょっと恥ずかしいが、出だしの油断を誘えるかも知れない。


 そして、僕らの出番が来た。

 僕は大盾と小型の盾を装備した。
 観客席からは少々どよめきの声が聞こえたが、対戦相手の反応はない。

 珍しいけど、想定内って感じだ。

 さあ、そろそろ試合開始だ。
 相手がどれだけ油断してるか、試してやる!

「サウスコート高等学院VS(バーサス)ウエストコート高等学院、試合開始!!」
次回未定……たぶん土曜かと
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ