挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
神級回復呪文使いが転生したら……こうなった。~調子に乗ったランディの、神罰転生~ 作者:鹿鳴館
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

63/120

【57話】七味鳥の罠

 今までほとんど絡んだ事がない、モンテラード先輩が、突然僕のところに来た。

「ランディ、ランディ君? 」

 なんで疑問系なの? 僕は間違いなくランディですが。
「ランディで、いいですよ。 どうしました? ……あっ」

 モンテラード先輩の視線が、僕をあまり見ていない、何かを気にしている。
 そして、気づいた。
 あれは『七味鳥』じゃん! しかも二羽。
 もしかしてサプライズプレゼント?

「ランディなら、あれを捕まえる事が出来るか」

「去年は一日以上、かかりましたが、今回ならもう少し早く捕まえられるかも」

 モンテラード先輩は悩んでる様子だったが、いまの隊列を崩してでも捕まえに行くと見た。
 だって、涎が溢れてますよ。

「ランディ、捕まえてみよう。 一日以上かかるなら諦めるけど……何とかなりそうなら頼む」

 モンテラード先輩が僕に頭を下げている。
 この先輩ってそんな人だっけか?
 威張ってはいなかったけど『俺は凄いんだぞ』オーラを垂れ流していたのに。

 第5レベル呪文に目覚めるまでは、以前食べたメニューを再現出来ない。
 出来るなら僕も、今日食べたい……

 おっそう言えば、あれなら簡単に捕まるかな。
「よし! モンテラード先輩行きましょう! ちょっと待ってください」

 ◇◆◇◆◇◆◇◆


 一人の教官が、ランディ他数名がいないことに気づいた。

「ハベンスキー学院長、スクット・リッツ教官、ランディ他二名の生徒が行方不明です」

「早速問題起きたぁ!!」

「あの小僧(ランディ)に限って、深刻なトラブルはないだろう。 よし、休憩だ」

「あの~、リッツ君…… なんで仕切ってるの? 」

 ◇◆◇◆◇◆◇◆


 僕は、ためらうソイフォンを拉致って運んでいる。

「ふう、ここまで一緒に来たら同罪だね」
 
「いやいや、ランディが強引に運んだんだろ?」
「知らない内に、同罪になっただ」

 驚くモンテラード先輩に、半べそのソイフォン。

 ソイフォンを担いで走っても、走る速度を二割しか落としていない僕に、モンテラード先輩が呆れている。

 まあ、そんなことはどうでもいい。

「ソイフォン、あの二羽の鳥を狙って ライトニングを撃ってくれ、出来るか?」

「え? ……あ、あれをだか? 距離があるだな。 出来そうだども、威力はどうするだ?」

「もちろん、威力は最弱で頼むよ、もし生きてても、あと僕が食べ……僕が捕まえる」
 魔法の効果距離を伸ばすと加速度的に消費魔力は増えるけど、ソイフォンなら二、三発くらいなら余裕だろう。

 僕は、魔法攻撃を約一分にモンテラード先輩に指定して、隠密で七味鳥の近くまで移動した。
 あの鳥は気配に敏感で、近づきすぎると逃げちゃうからね。

 ◆◇◆◇◆◇

 七味鳥の気付けない、限界ギリギリまで接近したら、ソイフォンの電撃が放たれた。

 落下する七味鳥……今だ! ダッシュで落下地点に駆け寄る。

 落下した七味鳥の内、一羽は気絶していて、もう一羽はジタバタしていた。

「スゲーなソイフォン。僕が数日かけて捕らえた七味鳥を一発かよ……僕は?」

 僕は、異様な気配を感じて、急いで七味鳥を生け捕りにして、その気配の方に向かって走る。

 そして、その方向には巨大な猫、じゃなくて虎がいる。

「お前じゃない、第1レベル呪文……ライト」

 明りの呪文を虎の眼にかけて、一時的に視力を奪ったが、念のため嗅覚も奪っておこう。

「第2レベル呪文……ストライキング」

 自分の拳に魔法の力を乗せ、虎の鼻先を潰しておく。
「ギャウン!!」

「放置してゴメンね。 後でちゃんと処理して食べるから」

 そう、異様な気配はこいつじゃない。
 虎の視力と嗅覚を潰して、その気配に向かってはしった。



 そしてその先には、鉄の檻に閉じ込められた七味鳥が二羽と、外見があからさまに怪しい、三人の男がいた。

「なんだと!?」
「見つかった」
「こうなったら……」

 三人は僕を見て刃物を取り出した。

 この三人は刃物を取り出しているのに、ピリピリするような殺気は感じない。

 そんな奴は大概、弱いやつなんだけど、七味鳥を二羽も捕まえる程の手練れ、僕の七味鳥を狙っているんだな。

 よし! この鳥を懸けて命の奪い合いだ、行くぞ!


 ◆◇◆◇◆◇◆◇

 騙された……こんなに弱かったなんて。

 今、僕を騙した三人の男は真っ裸になって、木の枝に吊り下げてられている。

「全く、期待はずれもいいとこです」

「むぐうっ!」
「んむ~、んむ~」
「ん~~、ん~~!」

「なに言ってるか解りませんよ?」

 まあ、猿ぐつわを噛ませて、亀甲縛りで拘束してるからね。
 素晴らしい出来映えだ。
 これが、厳つい男三人組みじゃなかったら、もっとよかったんだけどな。

「脆い材料で作った縄だから、頑張ればじきに脱出できるよ。 じゃあね」
 こうして、唸る男共を背中にこの場を去った。


 ◆◇◆◇◆◇◆◇

 ガサガサッ

「ランディ、随分と遅……ひぃ!?」
「ト、トラの化け物が七味鳥を持って来ただ!?」

 えっとですね、虎を背負って鳥を持って歩いてるだけなんだけど。

「酷いです。 ランディですよお! 鳥4羽と獣1匹ゲットしたぞお!」

「なんだランディかって、七味鳥を4羽も?」
「たすか、おらが狙った七味鳥は2羽だったはずだど」

「フフフ、ラッキーボーイランディにかかれば、これくらい良くある事さ。 さあ、血抜きして美味しく食べるための下準備をしよう」

 モンテラード先輩とソイフォンは、血抜きは出来ても、内臓を出すのは苦手なようだ。

 まあ、第1レベル呪文の『ピュリファイフード』を使えば、内臓も問題なく食べられるけどね。


 そうして、戦利品を持って帰ると『褒めたいけど、怒らなきゃ』『怒りたいけど、褒めちぎりたい』『厳しく叱ると、七味鳥を分けてもらえないかも』とは額に書いてあるんじゃないかなってくらい、ハゲジィ達の顔に気持ちが湧き出ていた。

 リッツ教官が罰を一つ考えておくと言った後は、宴会になった。

 しかし、何人かは泣きながら食べてるな、モンテラード先輩なんか鼻水まで垂らしているし……そんな先輩だっけか、まあ楽しそうで何よりだな。

 こうして、八武祭前に楽しい時を過ごした。



 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 時間を少し(さかのぼ)り……

「しかし、例の子供を一人戦闘不能にするのに『七味鳥』を四羽も用意するなんて、お偉方は何を考えているんだか……」

「まあ、シナリオじゃ『七味鳥』を追いかけて、落とし穴にはまって、八武祭に間に合わなくなった頃を見計らって、偶然を装い助けるって話だからな」

「第二案は、ベジタリタイガーに襲わせて、危機一髪の所で助けて、遠くに運んで治療させる……か。山賊に見せかけて拐っちまえばいいのによ」

「まあ、お偉方は人為的な事件にしたくないんだろ。 それより、そろそろじゃねぇのか」


 三人男は資料にある少年『モンテラード・トリアス』が罠にかかるように誘導の準備を始めようとしたその時、電撃が七味鳥目掛けて放たれ、七味鳥が落下した。

「な、なんだ今のは」
「ら、落雷!?」
「バカな、空は雲一つ無いぞ」

 三人は話し合い、一つの結論に達した。
「まさか、魔法攻撃なのか?」
「それしか考えられない」
「それが本当なら、急いで報告しなくては……誰だ!」

 三人は、物音がした方を見た。

 そこには、ランディが七味鳥を持って来ていた。


「なんだと!?」
「見つかった」
「こうなったら……」

 三人はランディを見て反射的に刃物を取り出してしまった。

 ランディはキョロキョロしたあとに、納得したように三人向かって襲いかかった。

 三人対一匹なら、ベジタリタイガーに勝てるくらいの手練れであったが、呪文で腕を魔法の武器の様に強化したランディの敵ではなかった。

 三人は2分とかからず、意識を刈り取られ、装備衣類を全て剥がされた。

 三人が気づいた時には、猿ぐつわを嵌められ吊るされていて『ヒーリング』をかけられていた。



「全く、期待はずれもいいとこです」

「むぐうっ!」
(まさか、こいつがもう一人の注意人物!)
「んむ~、んむ~」
(ランディ・ダーナス、強すぎだろ)
「ん~~、ん~~!」
(謎の新魔法に化物ランディ、急いで知らせなくては!)


「なに言ってるか解りませんよ」

 ランディは満足そうに三人を見つめて『七味鳥』を持ち逃げしていった。

「んむっ!? んむぅっ!!」
(えっそのまま放置!? 助けろっ!!)

「う~~、う~~!」
(ここは蛭の生息地、裸はマズイ!)

「ん~~!? ん~~っ!!」
(俺の股間に何かくっついた!? 蛭だぁぁぁぁっ!!)



 数日後、三人は縛っているロープが崩れて助かった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ