挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
神級回復呪文使いが転生したら……こうなった。~調子に乗ったランディの、神罰転生~ 作者:鹿鳴館
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

42/119

【39話】居眠り教官、目覚める

 俺の名前はスクット・リッツだ。

 俺は人神の加護を授かった、ギフト持ちだ。
 このギフトのおかげで、俺の人生は薔薇色になった。

 理由は、強敵と戦う機会に困る事がなかったからだ。

 始めは『近所のガキ大将』だったが『学院の先輩』『戦闘教官』『敵国の部隊長』と遊び相手は変わっていった。

 だがある日、俺の薔薇色の人生が終焉を迎えた。
 俺が活躍しすぎて、王宮騎士団(ロイヤルナイツ)に入団した頃だ。

 この頃になると、俺を楽しませてくれる強敵がいなくなっちまった。

 やる気の出る練習相手は居るが、同じ王宮騎士団だから、本気の戦闘はほとんど出来なくなった。

 たまに、喧嘩を吹っ掛けて戦うが、その度に謹慎になった。
 本気で戦った訳じゃねぇのによ。

 戦争に参加しても、王宮騎士団は滅多に前線に出ねぇ。
 勝手に前線に出りゃ、またしても謹慎。

 そして、戦う機会を無くした俺は、どんどんやる気を無くした。
 そして、王宮騎士団をクビになり、次の働き口はガキ共……高等学院のお坊ちゃん達のお守りだった。

 俺の人生はここで終わった……
 ただ生きているだけになった。
 ここでの唯一の楽しみは、序列二位と三位の教官を研修と称して、なぶる事だが、渇いた心を潤すには至らない……しかもあいつらは、理由を付けては研修を逃げるから、唯一の楽しみすら月に一度有るか無いかだ……

 ガキ共の、つまらん祭りを見させられた後は、お偉方の説教なんだが、俺のところには来ない……
 いっそのこと、侯爵とかぶん殴れば強敵と戦えるかもと何度も考えたが、飯代を出してくれる奴らに、まともな理由もなく襲いかかる訳にもいかねぇしな……

 ある日、ハゲの学院長がいつにない表情で俺を探していた。
 面倒な予感がして、滅多に行かない1年生と2年生の校舎に逃げた。

 ここなら見つからないだろう……
 ふと気づくと、フラット・シャープの奴が、ガキ共をつれて遊んでやがる……こいつは確か序列4位なんだが、肉体強化に頼りすぎるところがあるから、燃えてこない。

 もう少し強くなれば、難癖つけて稽古(ぶちのめ)してやるのに……

 何気なしに見ていると、子供にしちゃあ活きの良いのが居る様だが、ガキ共には興味ねぇな……


 ん? なんだ? 次のガキは俺の身長くらいある棍を持っているぞ? 射程を長くして被弾を避けるのか? はっくだらねぇ……フラットの奴に思いっきりやられちまえ…………

 あっ? 今、ガキの初動が解らなかったぞ……ボケすぎたか……
 俺は目を擦って、真面目に見ることにした。

 なっ!? こいつあの身体で、フラット相手に優勢に戦ってるだと?

 ガキをジックリ見てると、強烈な違和感がする。
 どこからどう見てもガキだ……腕力もガキ、速度もガキ、なのに棍を振り下ろす様は、百年間休まず棍を振り続けていたかのような、重厚さを感じる。
 
 しかも棍で攻撃を受ける時に、円形になるようにいなしてる……
 はっ、十代前半のガキがとんでもねぇ事をしやがる。

 ガキじゃなかったら、俺が遊んでやったのに…………おっ、流石にフラットも本気を出すか……

 さて、あのガキがどんな負け方をするかな……

 ……
 …………

 おい、あのガキ……フラットの剣気を受けて平気なのか?
 いや……それより、下手すりゃ死んでもおかしくない攻撃を受けて……喜んでる?

 こいつ……勝てないと見るや、相討ち狙いに変えやがった……どう考えても、体格や体力的に相討ち狙いは悪手だろ……

 だが何故だ、なんでこんなに血が騒ぐ……

 ……
 …………
 こいつ、フラットの癖を見抜きはじめてる!?

 これで、体格の不利は消えた……か。
 だが、体力の不利はどうする? 小さな戦士よ……

 ……
 …………

 おいおい、嘘だろ? こいつの体はどうなってんだ?
 やられても、やられても倒れねぇ……それに急所には一発も貰っちゃいねぇ……
 でも、見た感じもうそろそろだな……まあ、フラットのやつもいっぱいいっぱいだが……

 …………相討ちか…………面白れぇ……あの小さな戦士、俺がヤってしまいてぇ……待て待て、もっと成長させてからヤった方が良いよな。
 だが、いつまで待てば……そんなには我慢出来ねぇぞ……だが、うちの生徒だ……本気で潰す訳には……

 ああっ、もう考えるのは止めだ……
 俺は猛然と突っ走った。


 ◆◇◆◇◆◇◆◇

「おい! そこの小さな戦士! 名前は何と言う?」

 するとこいつはムクッと立ち上がり、自分の名前を言った。

「ランディ・ダーナスです! 」

「ええっ!?」

 なんでフラットのやつは驚いているんだ? まあいい……

「ではランディ、お前は明後日からこの俺がしごいてやる……技の基礎と応用は申し分ない……だが、体幹が未熟だ……明日から毎日学院の外周を10周しろ! ついでにお前らは、今から5週してこい」

 俺は、呆然と見ているガキ共に言ってやった。
 因みに、この学園はバカみたいに広い……5周も走らせれば10キロを軽く超える距離がある。
 ガキ共に丁度良い距離だ。

「ガキ共……今のお前らには、つまらん駆け引きは要らねえ……暫く『壱の型』の素振りだけしてな……だが素振りが飽きたら言え。俺が1つの型を極める大切さを、実戦でじっくり教えてやる」

「「「「「…………」」」」」


「ついでに、フラット」

「は、はいぃっ!」

「貴様は、俺の鈍った肉体を解すため、毎日俺と戦闘訓練だ。学院長とキツネには、俺が言っておくから心配するな」

「いやぁぁぁ!!」
 ふっ、フラットの奴泣いて喜んでるな……根性あるじゃねぇか。

 すると、外周を走らせる一団に、小さな戦士ランディが混ざっていた……おい、お前は相討ちで倒れてなかったか? 傷まで無くなってんぞ……

 まさか、この中に回復魔法を使うガキが紛れていたのか?

「ランディだったか……もう走る元気があるのか? なら今から俺が鍛えてやろうか?」

 大概のやつらは、これで逃げ出すんだが……

「えっ? 良いの? 今直ぐ回復します。 エクスヒーリング」

 こいつ回復魔法使いかよ……しかも、俺との戦闘訓練を嫌がらねぇ……
 ランディはバランスが良いからギフト持ちじゃねぇ、竜神のギフトなら力に頼り、人神のギフトなら速度重視になる……ランディにはそれがねぇんだ……
 
 なら肉体強化魔法の、ハイブリットか…………
 珍しいな。

「いや……もったいないから明日にしよう……魔力が尽きては肉体強化魔法も使えなくなるしな……」

 すると、ランディがおずおずと、手をあげて話してきた。

「僕は肉体強化は使えませんよ? 」

 なにぃ!? こいつ……肉体強化もギフトも無しであの強さか……不味い今すぐやりてぇ……だが我慢するんだ……

「よし! お前らぁ!! 明日も同じ時間にここに来い! 面は全部覚えたから、サボったやつは後でじっくり俺が鍛えてやろう……」

 ランディ以外の全員が青ざめているな……
 まあ、ランディには明日、解らせてやるか。

 これが、ランディとの出会いだった。
 この事がきっかけで、俺の2つ名『居眠り教官』の名前が消えた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ