挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
神級回復呪文使いが転生したら……こうなった。~調子に乗ったランディの、神罰転生~ 作者:鹿鳴館
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

4/120

【3話】ランディ回復魔法習得する

 自分の身体に、何か説明出来ない感じで、力の流れを感じる……何だろうか?

 目を開けると、父親と母親、メイドのアイシャ、乳母のレジーナと、初めて見る顔のジジィがいた。

「ランディ!」
「「ぼっちゃま!」」
 三人の心配そうな表情から一転、ほっとした顔になった。

 そうか……僕は階段から転げ落ちたんだっけ……よく助かったな。

「ほっほっ……これで大丈夫じゃと思うが、もう一回かけとくかの」
 と言ってジジィは僕の頭に触り、ある言葉を発する。
「ヒーリング」

「んあ~」
(これだ。身体に流れる正体不明の力は)
 これから、これは魔力の流れと言うことにしよう。
 ついでに少しだけ痛かった身体の一部の痛みが、治まった。

 なんか、流れのコツを掴んだぞ。
「あうばんぶ」
(ヒーリング)


 まだ上手く話せないが、ちょっとだけ身体に魔力の流れを感じた……まぁ魔法は失敗したけどね。
 今はまだ、魔法は使えない様だが、そのうち使えるかも知れないな。
 きっちり言葉を発音出来る様になったら、また試そう。

 ▲△▲△▲△▲△


 ついに、ベビースキル『二足歩行』が出来るようになった。
 歩けるって事は、なんと素晴らしい事なんだろうか……
 幸せを噛み締めるように、よちよち歩く。
 日頃から座ったり、つかまり立ちしていたからな……日々の訓練の賜物だ。

 一ヶ月早く生まれた、アリサも僕に触発されたのか唸りながら、つかまり立ちをしている。
 この分ならアリサも、近いうちに伝い歩きが出来るようになるだろう。

 最近のアリサは『ダァ、アダッ』と叫びながら僕を叩いたり髪を引っ張ったりする。

 もちろん大人の知識がある僕には、アリサの行動は敵対行動じゃなく、興味があるから確認行為をしていると理解出来る……出来るんだけど、僕の心許ない髪を引っ張るのは勘弁して欲しい。
 ハゲるのは嫌なのだよ。

 ▲△▲△▲△▲△▲△

 どうやら、僕は一歳になったようだ。
 一歳になったお祝いとして、いろんな豪華な食事を食べる真似をさせられたよ。
 きっと健康に育って欲しいの意味を込めた儀式かなんかだろう。

 この日を境に、一日一回だった離乳食が一日四回になった。
 それでもレジーナの母乳は有りがたく頂いている。

 そして、みんなには内緒にしているが、結構言葉を話せるようになったんだぜ。

 今は、ビックリされないように、
『パパ』『ママ』『ごはん』『う○ち』『ちっこ』『だっこ』『おりる』『あーしゃ(アイシャ)』『ありた(アリサ)』『びっち(レジーナ)』
くらいに留めて、言ってやってる。

 レジーナは何故私だけ『ビッチ』なのかしらと頭を捻っているけど、教えてやんない。

 そして、ある程度言葉か出るようになったから、
 回復魔法の『ヒーリング』を試すことにした。

 寝る前に、家具の角に自分の手を打ち付ける。
 ジンジンと痛みが伴うが、この程度の痛みなど、僕にとって大した事では無い。

 あの時に感じた魔力の流れを思い出し、
「ヒーリング」
 どうだ!

 すると手の痺れはスゥーと引いていった。

 やった成功だ。
 しかし、急に頭がぼうっとして、目眩までする。
 魔法の副作用? それとも魔力切れ?

 判らないので、もう一度手を角に打ち付けて『ヒーリング』を唱えた瞬間、僕の意識は無くなった。


 ※ランディ魔力総量 12→11


 どうやら、昨日は魔力が枯渇して気を失ったみたいだな……これは覚えておこう。
 しかし『ヒーリング』一回で打ち止めとは悲しくなってくるな……

 今夜は気絶しないように一回だけにしよう。
 ヒーリングを一回唱えると、目眩がしてきた。
 恐らく魔力の枯渇寸前の、サインみたいな物だろう。

 今夜はこれで終わりにしよう。


 ※ランディ魔力総量 11→13


 ヒーリングを唱える毎日が続いた。
 全く成長しない日々に焦り出す……ラノベだと日をおうごとに成長して、英雄の道を歩き始める筈なんですけどね?
 そんなある日、ヒーリングを一回唱えても、魔力枯渇のサインである『目眩』が無い……まさか。

 もう一度唱えて見た。
 するとヒーリングは無事に成功した。
 よしっ! ヒーリングが二回唱えることが出来るようになったぞ。
 俺の魔力総量は使えば使うほど上がっていると見た。
 今はまた目眩がしているけど、試しに枯渇するまでヒーリングを使い、僕は気を失う。


 ※ランディ魔力総量 21→19


 夜になってヒーリングを使ったが、何故か今回はヒーリング一回で、魔力切れのサインが出た。

 まさか、気絶するまで魔法を使うと魔力総量が減るのか?

 だとしたら、魔力総量の増減の仕組みは、魔法を限界近くまで使うと魔力総量が増えて、枯渇まで魔法を使うと、逆に魔力総量が減ってしまう、と仮説を立てて見た。
 いや、これでほぼ間違いないだろう。
 今、ここで気がついて良かったかも知れないな……

 これからは魔力切れのサインが出たら、魔法は使わない事にしよう。


 こうしてランディは約一年間ずっとヒーリングを使い続けた。


 ※ランディ 二歳
 ※ギフト 無し
 ※魔法の種別 回復系
 ※使用可能魔法 『ヒーリング』
 ※魔力総量 401


 僕の魔力総量は判らないけど、ヒーリングを三十回以上唱えても魔力切れしないようになった。

 ヒーリングの消費魔力は、計算すると6~10って予想が出来る。
 つまり僕の魔力総量は、少なく見積もっても、180……いや200は有るだろう。

 この調子でガンガン行きたいけど、毎日ヒーリングを三十数回もかけるのは、手間になってきたな……
 何か良い案は無いだろうか。

 数日してから、僕は父親に片言で頼み事をしてみた。

「パパ、ジジィ、見る、ヒール、見る、ジジィ、行く」
(親父ぃ、ヒーリング使えるジジィに会いたいんだけど連れて行ってくれねえか?)

 同じ言葉を何回か繰り返したら、意味を解ってくれたみたいだ。

 どうやらジジィは、この村の人間で二人しかいない治療師の一人だって話だ。

 回復魔法ってそんなにレアなのか?

 父親にジジィのいる場所に連れてきて貰い、対面する。

「おう、おう……あの時の赤ん坊か……大きくなったもんじゃのう……ケガで来た訳じゃなかろう?」

「それがですね……」
「ジジィ、魔法使う、それ、見る」

「なんと、もうこんなに話せるのか? この子の素質は?」
  どうやら、ジジィは僕がこれだけ話せる事に驚いているな……本気の僕はもっと凄いんだぜ。

「はい、ランディは回復魔法の素質が有るんですが……」
 語尾が、小さくなる我が父親。

「が?」

「魔力総量が12しか無くて……」

 ジジィも、僕の魔力総量には驚いてる。
「なんと、たったの12とな!? それは可哀想じゃが、子供のうちから鍛えれば30……もしかしてこの子なら50は行くかも知れんぞ?」

「魔力総量ってそんなに増える物なんですか? 私は聞いたこと無いですね」

 僕……結構増えてますが?

「訓練学校で、みっちり訓練すればある程度増える子もいるんじゃよ」
 ふぅん……やっぱり学校とかあるんだね。

「でも、学費がかなり高いから厳しいかな……」
 やっぱりうちは貧乏貴族だったか……凹むな。

「じゃな……ギフト持ちなら確実に学費免除なんじゃがの……」

 う~ん僕の目的は『ヒーリング』以上の回復魔法を見たいんだけど……
「ジジィ、魔法、見る」

 ジジィはジジィと言われるのが不快なのか、苦い顔で、
「もったいないのう、このガキはかなり頭が良くなりそうなのにの……」


 タイミングよく、何人か怪我人が来た……でも、重症じゃないな……
 ジジィは、手早く『ヒーリング』で治していく。
「ワシくらいになれば、一日四十回もヒーリングが使えるのじゃ、どうじゃ? 凄いじゃろ?」
(ほんとは百回以上はギリギリでイけるが、バレると不味いんでな……)

 僕も、それくらいなら使えるぜ。
 でも、ここは持ち上げておこう。
「ジジィ、スゴイ、もっと、スゴイ、見る」

 ジジィは、僕の言葉に調子に乗った。
 ジジィも『チョロい星』の出身らしい。
「ようし、良く見ておけよ……エクスヒーリング」

 しめた! 僕はさりげなくジジィの背中に触れていた。
 ……うん、やはり魔力の流れが理解出来る。
 僕って天才?

 ……
 …………

 ジジィを、出来るだけおだてた僕は、家に戻ってから
 自分に回復魔法をかける事にした。

「エクスヒーリング」
 テコの原理でへし折った、僕の小指が治った。
 ふふふ……成功した。

 僕は、これを目眩がするまで繰り返した。
 だけど、僕はMじゃないからな。

 僕は、このエクスヒーリングを、毎晩使い続けた。


 そして、ランディは三歳になる。

 ※ランディ 三歳
 ※ギフト 無し
 ※魔法の種別 回復系
 ※使用可能魔法『ヒーリング』『エクスヒーリング』
 ※魔力総量 1101
本日、もう一本投稿します。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ