挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
神級回復呪文使いが転生したら……こうなった。~調子に乗ったランディの、神罰転生~ 作者:鹿鳴館
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

30/110

【27話】ドラグス先輩

 僕は三時限目に、二年生の傭兵コースに出かけた。

「失礼しますっ。ランディ・ダーナス来ました!」

 すると、昨日より多くいる先輩達がみんな僕を見る……やめてぇ、僕は視姦プレイは苦手なのぉ。

 視姦プレイを受けている中、一人の先輩がやって来た。

「君がランディ君か……本当にあいつらを倒したんだよな? 十一歳で?」

「はい、倒したのは僕ですが、年齢は十歳です」
(実は九歳ですけどね)

 先輩が驚いていた。
「うわっ、特待生かよ……じゃもうヒーリングとか使えたりする?」

 しかし、この先輩は言葉使いが柔らかいな……ランディ君なんて呼ばれたの初めてだよ。


「そっか、なら直ぐに模擬戦をしないか? こう見えても私はこのクラスじゃ強い方なんだよ、……おっと、私の名前はドラグスだ、よろしくなっ」

 なんか、感じの良い先輩だな。


 ◆◇◆◇◆◇◆◇

 僕とドラグス先輩、野次馬数名が、訓練場に移動した。


「なあ、ランディ君。一応初っぱなは全力でいかないで徐々にペースを上げていこう」

「? ……ドラグス先輩、どうしてですか?」

「だってな、どっちかが強すぎたら……不味いだろ? 実力差の有る相手に大ケガなんてな……」

 この人、僕が強すぎるのも想定してるの? 年下の僕に?

 慢心の無い先輩……舐めてかからない方がいいかも……

 野次馬先輩が戦闘開始の合図を出してくれた。
「驚くなよ……はじめ!」

 えっ? 驚くな?
「ドリャァァァァァァ!!」
 はっ? いきなりバーサクモード!? はじめは手加減するんじゃ……

「オラ、オラッ、オラッ! オラッァ! オリャァッ!!」

 突如オラオラ系の人になりましたが。

 言ってくれた通り、徐々に攻撃の回転が上がってきている……早く力強い攻撃……でもそれだけだ。

 技術も駆け引きも、未熟だった。

 僕は、ドラグス先輩の腕が伸びきった瞬間に上腕をバシッと叩いた。

「ツッ! やるな……肉体強化LV1! ……ドリャ、ドリャ、ドリャドリャ、ドリャァァァ!」

 ドラグス先輩のギアも上がった、それでも毎日やりあっていたあの人 (ロイエン)には遠く及ばない……今度は、急所を外した脚部にバシッと叩いた。
 さらに隙があったので、もう一回叩く。

「アヅッ! これでも駄目か……それなら全力だぁ、肉体強化LV2!! ……ウリィィィィィィ!」

 ……まったく、どこの怪物ですか?
 今のドラグス先輩は強い……それでも肉体強化を使わないロイエン程度……まあ力だけだけどね。

 数回、ドラグス先輩の攻撃を弾き返すと、大きな隙になったから、腹を素手で強めにぶっ叩いた。

「ゴパァッ! ……カハッ……ゲホッ、ゲホッ……ま、参った……」

「ドラグス先輩、ありがとうございました」
 僕は、ペコリとお辞儀をする。

「ドラグスに、圧勝だよ…… 」
「噂以上だな……」
「なあ、教官がいないときは、ランディを呼んだ方が練習にならないか?」

 なんか、ドラグス先輩のグループはなんか良い雰囲気なんだよな……

「ドラグス先輩……ヒーリング……大丈夫ですか?」

「ランディ君、ありがとう。しかし、ランディ君はギフト持ちか?」

「ギフト無しって判定結果でした」

「なら、肉体強化のハイブリットか?」

「回復魔法だけですね」

「……それであの強さか?」

「はい、みっちり鍛えられましたから」

 ……
 …………

 僕は、このクラスの人気者になってしまった。
 そして、定期的に遊びに行く事になりました。


 ◆◇◆◇◆◇◆◇

 私は、回復魔法コース一年生担当教官、ジャイル。

 キッツネー学院長代理から、頭を下げてでも、回復魔法修得のコツを掴んでこいと厳命された。


 しかし、ガキに頭を下げる事なんてしなくていいだろう。
 何日か見ているだけで、その秘訣を盗んでやるわ。

 ……
 …………

 回復魔法コースのAクラスは、Bクラスに比べ比較的、頭の良い生徒が集まっている。
 その証拠に、既に二人もヒーリングを使えるようになっていた。


 あのガキの、授業は簡単だった。
 指を四本折って、目を閉じさせてヒーリングをしただけだった。
 そんな簡単な事か? 本当にそんな簡単なのか?

 なんと、こんな簡単な方法で、二十八人中四人の生徒がヒーリングを覚えてしまった。

 何故上層部は、こんな簡単な方法が思い付かなかったんだ?
 いや、それよりヒーリングを二十八回も使って、平然としているガキに驚いた。
 あのガキの魔力総量は相当高いな……

 翌日は、更に四人の生徒がヒーリングを覚えた。
 しかし、私が驚いたのはこの次の日だった。

 あのガキは、ヒーリングを一人あたり二回も使いやがった……合計四十回だぞ?

 この日は七人の生徒がヒーリングを覚えた。

 更に翌日……
 クラスの全ての生徒にヒーリングを覚えさせやがッた……覚えの悪い生徒には、五回も六回もヒーリングを使っていた……あのガキの魔力総量の底が知れん……
 いや、そんなことはもういい……
 来年度は、私があの方法を使って、名を上げてやろう……うまくいけば、私は学年主任に……いや、王室に雇われるのも夢じゃ無い!

 クックックッ……くわぁぁぁぁははははは!
 笑いが止まらないってこの事だわ。

 時代は今、このジャイル様に、向いている!
 ぎゃぁぁぁぁははははははっ!!


 ~~~~
 彼、ジャイル教官は、翌年無能教官として、学院内で有名になるのだが、その話はまた後日。
 ~~~~
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ