挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
神級回復呪文使いが転生したら……こうなった。~調子に乗ったランディの、神罰転生~ 作者:鹿鳴館
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

20/120

【19話】暗殺事件、前編

 ロイエンが雇ってくれた馬車で、『ウエストコート高等学院』に向かっている僕。

 広大な農村地帯を抜けると、何もない平野が続き、荒野に変わっていく……その間に、小さな町を二回ほど立ち寄った。

「ダーナスの坊っちゃん、この調子なら、一日二日早めに着きそうですよ」

 そう、今回の道中に大きな障害は無かったのだ。
 盗賊のほとんど通らない大きな街道を選んだとは言え、出会ったのは小型の獣が数匹、御者の弓だけで、事足りてしまった。

 そしてさらに一泊して、五日目の朝、広大な森林を目にした。

「ダーナスの坊っちゃん、この大森林を抜ければ、獣の脅威はもう無いでしょう……って言っても今までも有りませんでしたが……盗賊も何もない馬車を襲うほど、馬鹿じゃ無いですしね」

 そう……この馬車は、 クラリスの計らいで、外見は最低クラスの物を用意してくれた。

 まあ、内装もたいした事ないが、クッションだけは良いものを貰ったのだ。

 お陰で、お尻が痛いのを相当軽減できた。
 まあ、回復呪文を使えば問題無いんですが……


 遠くに見えていた、大森林も眼前に迫り、程なく中に入って行く。

 そして、数刻後……何者かに襲われて、全滅している一団を見つけた。

 弓の扱いが上手い御者も、この光景に青ざめ、固まっている……どうやら、ありえない級な出来事なのだろう。

「御者さん! すぐに隠れて! 僕は様子を見る」

 僕の言葉に驚いた御者は、
「ダーナスの坊っちゃん、危険です」

 たが、僕はこう言った。
「大丈夫、様子を見るだけだから……」

 僕は辺りを歩き、幾つもの死体を確認した。

 すると死体には、幾つかのグループが有ると解った。

 この国の騎士思われるグループ。
 統一した服を着た、非戦闘職と思われるグループ。
 黒装束の如何にも暗殺者なグループ。
 ガラの悪そうな傭兵っぽいグループ。

 この四つだ……これだけの規模で全員相討ちなんてありえない。

 死体の一つに触れてみる……温かい……死んだばかりの様だ……。

 待てよ、全員死んでるのか?
「第1レベル呪文……レベルサーチ」

 これは、個体の強さを五段階で見る事が出来るようになる呪文だ、これを使えば、人の生死が簡単に判別出来る……何故なら死体に強さは表示されないからね……便利でしょ。

 すると、やはり何人かは……まだ生きているな。
 一、二、三…………六人もいる。

 差別は良くないが、非戦闘職『ランク1』の人を回復させよう。

 僕は、辛うじて命を保っている、瀕死の人に触れて、気を失っているのを確認する。
 これなら、安心して『回復呪文』の方を使える。

「第1レベル呪文……ライトヒール」
 うん、外傷は全て消えたな……急ごう。

 近くの生き残りにたどり着いて、直ぐに治療を始める。

「第1レベル呪文……ライトヒール……よし、次……第1レベル呪文……ライトヒール」
 この二人も完全に回復したようだ。

 やっぱりこの世界の『回復魔法』より、僕の『回復呪文』の方が、使い勝手が良い。

 恐らくこの世界の『回復魔法』は対象のHPの何%で治すと思われる。
 それに対して、僕の『回復呪文』はHPの数値で治す。
 回復量の振れ幅はあるけど、概ね。
『ライトヒール』なら、100HP
『ヒール』なら、200HP
『シリアスヒール』なら、350HP
 そしてまだ使えない『クリティカルヒール』なら、660HP

 だった筈だ。
 今回の人達は、恐らく非戦闘職だから、ライトヒールで、ほぼ全回復したんだろう。

 僕は、治療した一人の女性を叩き起こす。
 ペチン、ペチン。

 間もなく、女性は気がついて、辺りをキョロキョロ見ている。
 その後、やっと現状が理解できたのか、
「あれ? 私、切られて死んだんじゃ……」

「お姉さん、僕が治しました。この事情を説明してくれたら、色々助けられるかも知れないので、教えてください。何があったんですか?」

 このお姉さんは、目が飛び出るんじゃないかと心配するほど、見開いて驚く。

「えっ? ええっ!? ボクが? うそっ! ……ハッ、お嬢様は、お嬢様!」

 お姉さんは、突然立ち上がり、その『お嬢様』を探している。

 倒れている人々の中には、それれらしいのはいなかったね。

「お姉さん! それより話! それとも見捨てる?」

 僕の勢いに押されて、お姉さんは話してくれた。
「はっ、はいっ! 私達は、突然暗殺者集団に襲われました。此方もそれなりの対策していたのですが、思った以上に敵の数が多くて……」

 なるほどね。
「じゃ、そっちの騎士みたいなのは、仲間?」

「はい……ああ……ひどい……」
 大量の血を流して倒れている、騎士達を見て震えている。

 その騎士の中で、一人だけ生きている人がいる。
『ランク2』だから大した強さでは無いけど……死んでしまう前に助けてあげよう……
「グランヒーリング!」

「え? えっ?」
「お姉さん! この人をお願い! 僕は『お嬢様』ってのを探す!」

 急いでいたので、少し地の口調になったかな……まあいっか……僕は人の争う気配を察知したので、間に合うように、かなり急いで移動をした。

 強敵に備えて、走りながら闘いの準備をする。
「第2レベル呪文……オグルパワー」
「第2レベル呪文……ストライキング」
「第2レベル呪文……鋼皮LVⅠ」
「第3レベル呪文……ゴージャスブレス」
「第3レベル呪文……プロテクションノーマルミサイル」

 五つの呪文が唱え終る頃には、戦闘現場を見つける事が出来た。

 黒装束が三人、騎士が三人、三人とも『ランク3』だ、全員手傷を負っているが、黒装束等が優勢だ。
 騎士の一人が、倒れた。

 騎士の後ろには、綺麗な服を着ていた女の子と、付き人が二人、身を縮こまらせている。
 もう逃げる体力も無いようだ。

 騎士の一人が倒れ、二対三になった事で、闘いの均衡が崩れた。
 急げば、四秒で合流できるけど、初手は不意を打ちたい。
 後、十秒堪えてくれ。

 そして、また一人騎士が倒れた瞬間、思いきり黒装束……もう『黒』でいいか……その『黒』に棍を叩き込んだ。
 
『黒』の一人は、の前の敵に集中し過ぎて、僕の一撃をまともに受けた。
 その人は、頸から頭にかけてあり得ない形に変形して、吹き飛んだ。

「何だと!?」×3

 騎士一人と、『黒』二人が同時に僕を見る。

『黒』達は、驚きつつも、直ぐに刃を僕に向けて切りつけて来た。

 さすが暗殺者……だけどね、その程度じゃ、受けるまでもなく、あっさりと避けれますよ。

「第1レベル呪文……ライト」
『黒』の一人に明かり呪文を目に掛ける。
 本来なら、暗い地下迷宮を照らす為に、使われる呪文だが、目眩まし目的での使い方もある。

「うがぁっ! 目がぁっ! 」
「「眩しいっ!」」
 さらに対象者以外の者達も、突然の眩しさに一瞬怯む。

 この場で一秒でも隙を作ったら命取りだよ……
 僕は三人目の『黒』めがけて心臓突きを実効した。

 心臓を強打すると、さらにこの男の時間が停まる。
 動きが完全に止まった三人目の『黒』に必殺の一撃を加える。

 すると、目が眩んでる筈の二人目の『黒』が僕にめがけて攻撃してきた。

 うん、流石だ……音で大体の位置を読んだんだろう……

 だが、防御はなっていないな、僕の位置は読めても、僕の攻撃までは読めて無い。

 HPの高そうな二人目『黒』は『オグルパワー』の掛かった僕の攻撃に、数回しか持たなかった。

 ドシャァ……と倒れる最後の『黒』……これで『ランク3』かぁ……ちょっと油断し過ぎじゃないのか……これならロイエンの方が、ずっと強いよ。


 ランディは一つ、勘違いをしていた。
 ロイエンとセナリースは、何年もそれこそ、千回以上も、ランディと模擬戦をしていたので、ランディの独特な戦い方に、充分対応出来ていたのである。


 三人目の『黒』が戦闘不能なのを確認し終わった時、最後まで立っていた騎士が、剣先を僕に向けていた。

次話で、幼年編が終わります、
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ