挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
神級回復呪文使いが転生したら……こうなった。~調子に乗ったランディの、神罰転生~ 作者:鹿鳴館
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

16/110

【15話】ランディスカウトされる

 ある屋敷の応接間に、二人の年寄りが談笑していた。

 一人はこの村の治療師マキナス・ルードマイヤだ。
「よく来たな、ハゲスキー。久しぶりに見たら、本物の禿げになりおったか……かっかっかっ」

「ハベンスキーだ! 折角土産を持参して来たのに……ブツブツ」

 暫く、昔話を交えながら話込んでいたが、急に沈黙状態になった。

「「……突然、だが」じゃが」
「「……ん?」」

 互に先に話せとジェスチャーをした後、またしても同時に口を開く。
「「ランディ・ダーナスと言う子を、知らんかな」がいるんじゃが」
 
「「……えっ?」」


 △▲△▲△▲△▲


「…………と言う訳で、ロイエンルーガさんのご子息のランディ君を、我がウエストコート高等学院に入学して欲しいのですよ」

「「はあ……」」
 ロイエンルーガとクラリスは、未だに事情が飲み込めていなかった。

 ロイエンルーガは、
(たしかに、ランディは規格外に賢い、しかも八歳にして一般兵並みの戦闘能力も有る。だから、あの名高い高等学院に入学する資格は、充分に有るだろう……しかし、新旧の学院長が雁首揃えてスカウトに来るなんて)
 と思っていた。

「しかし、お恥ずかしい事ですが、オレ……私にはこの子を入学させる資金が……」

「勿論ランディ君には、学費免除のコースに入学して貰います。このコースは難易度が高いですが、ランディ君なら大丈夫でしょう」
(なにせ、グランヒーリングまで使ってるんですから)

 ハベンスキー学院長が、続いて話し出す。
「ところで、ランディ君は八歳にしては、やや大きいですね。いっその事、九歳って事にして、来年にでも我が学院へ入学しちゃっても……うん、そうしましょう。名案です」

 ただの無茶な思い付きを、名案と断言して『パン』と、手を打つハベンスキー。

「えっ? ……でも、高等学院は十一歳からでは……」
 クラリスは真っ当な意見を出す。

「非常に才能の有る子達には、特例で一年早く入学出来る制度もあるんですよ」

「ハベンスキー、本気か?」
 と言うマキナスも、ナイスアイデア! と表情が物語っている。


 そして、ランディの知らない間に『ウエストコート高等学院』の入学が決定していた。


 △▲△▲△▲△▲


 時刻は夕暮れ……僕は、ロイエンに叱られ、軽く叩かれた。

 理由は、いくら勝算が有っても、野盗相手に戦いを挑んだ事だった。
 今回珍しく、クラリスも参加して、ロイエンと一緒に怒っていた。

 そうだな……今の僕は八歳だもんな、怒られて当然だ。
 次があれば、もっとこっそりやるか。


 少し落ち着いてから、親子三人で入学の事について話し合っていた。

 それで気になるのは、クラリスの態度。
 クラリスは、僕をチラチラ見るだけで、なかなか話に加わらない。

 いかに女心に対して鈍い僕でも解る……僕と話したがっているけど、何となく切っ掛けが無く、この状態になっているんだと。

 もしかしてクラリスは、僕を気持ち悪くて避けていた訳じゃ無いのか……

 なら試しついでに、僕から歩み寄ってみよう。
「父さん、母さん……僕を天才に産んでくれてありがとうございます」
 ニコッと微笑んだ。

「じ、自分で天才って言いやがった……」
「…………グス……」

 えっ!? グス? ロイエンの反応は、ほぼ予想通りだけど、クラリスはなんで? と思っていたら、クラリスが泣きながら僕を抱き締めていた。

「うわぁぁぁ……ランディ、よかった……よかった……ご免なさい、グスッ、今までご免なさい……」

 ごめんクラリス、僕はやっぱり女心を理解出来ませんでした。
 良かったとご免なさいの意味が『いまいち』どころか『いまさん』くらい分からんよ。

 するとロイエンがタイミング良く、僕の疑問に答えてくれた。
「クラリスはな……ランディを能無しで産んだ事に、負い目を感じていたんだ……」

 なんですって!?
「父さん、能無しって失礼ですね……」

「パパって呼びなさい。仕方ないだろ……ランディの魔力総量は、今まで聞いたことが無いほど少なかったんだからな」

 僕は反論します。
「パパ……魔力が無くても、出世の道はたくさん有りますよ?」
(既に、内政チートのプランは出来上がっているのだよ……クックックッ……異世界物のラノベ、たくさん読んだからな)

 それにしても、クラリスってこんなキャラだっけ? 僕と密着して、離れないんだけど……
 まぁ、オッパイの感触がとてもいい感じなんで、このままにして置こう。

「それにしてもなぁ、ランディ……複数の盗賊相手に良く勝てたな……そんなに弱かったか?」

「うん……僕を子供だと思って油断してた」

 そんな感じで、僕は親子団欒を、初めて経験した。
 それは、ランデイヤの記憶と日本人としての記憶、両方探しても無かった物だった。

 ランデイヤとしての記憶は無能と称され、親に捨てられた記憶。
 日本人としての記憶は、母親が他の男を作って消えた記憶。

 だから、いまの母親(クラリス)に抱き締められながら会話をするのが、今まで感じたことの無い感情を生み出していた。
幼年編までは、毎日投稿よていです。
それ以降は、応援メッセージしだいです。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ