挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
神級回復呪文使いが転生したら……こうなった。~調子に乗ったランディの、神罰転生~ 作者:鹿鳴館
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

11/120

【10話】ランディ第2レベル呪文に目覚める

 僕が七歳になった辺りから、第2レベルのクレリック呪文が解放された。

 ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 第2レベル呪文 ー32

 オグルパワー≡力が上がる(力230又は対象者の力×1,1倍の高い方を自動選択)
 鋼皮LVⅠ≡通常武器からのダメージ半減
 サイレント≡半径5mの無音空間を作る
 死者弱体※≡アンデットモンスター弱体化
 ヒール※≡中傷を治す
 ライトヒールサークル≡周囲の軽傷を治す
 ライトリジェネレイト≡再生
 クリエイトフード≡LV×二人分の食糧を出す
 ストライキング≡武器 拳に魔法追加ダメージ

 ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 うん……前世の時と同じく、第2レベル呪文は二十九回使えるな。

 既に、この世界魔法とくらべても、僕の第2レベル呪文は、チートだ……

さあ、説明をしよう。

【オグルパワー】この呪文は、非力な人に使えば腕力限定だけど、爆発的に力が上がる。
何せ一般の『オーガ』に近い腕力を手に入られるんだ。
人間の最高峰だと、思って良い。
しかも、元々化け物並みの腕力を持っている猛者なら、腕力1,1倍だ。

【鋼皮LVⅠ】これは、通常ダメージを半減してくれる力を持つ呪文だ。
捨て身の攻撃が、捨て身じゃ無くなる……これは、強敵相手にはかなり有利に働く。

【サイレント】これは、狙った空間を無音状態にする所謂、呪文封じの呪文だ。
僕は、囚われの人を助けるため、奇襲を掛ける時に使った事が有る。
あと、音が漏れそうな場所でのエッチにも使えると思うぞ。

【死者弱体】まあ、アンデットモンスターを弱らせる魔法何だが、この世界にアンデッドモンスターはいないから、あんまり意味なし。

【ヒール】ライトヒールの強化版だ。
これも、リバース可能呪文だ。

【ライトヒールサークル】これは僕の周囲の怪我人をまとめて治してしまう回復呪文で、この世界の回復魔法と違い、一瞬で治る。
要は、戦闘中にも使える優れモノ。
回復量は『ライトヒール』と同じだ。

【ライトリジェネレイト】これは、欠損部位の再生や、古傷を治してしまう呪文……僕がある程度成り上がったら、ガンガン使って恩を売れる筈だ。
 もしかしたら、この世界にも似たような魔法が有るかも知れないけど、レジーナの知識まででは、そんな魔法は無いらしい。

 【クリエイトフード】これは、そのまんまビッグサイズのカロリーメ◯トだ、第1レベル呪文の『クリエイトウォーター』と併用すれば、僕が餓える事は無い。
 しかも、屈強な大人百人分だから、今の僕なら百八十食分くらいは、有るだろう。
 しかし、量の調節が出来ないのが難点だ。

 【ストライキング】こいつは、武器や拳に魔法の追加ダメージを付与するんだ。
 通常攻撃の効かない、ガーゴイルやトロルなんかにも有効打を与えられるんだ。
攻撃力としては、打撃ならメイスやフレイル一つ分、斬撃ならショートソード一本分追加される。


 ▲△▲△▲△▲△


 アリサの髪が伸びてきて、ツインテールになった。
 うん可愛いなぁ……
 そんなアリサも『エクスヒーリング』を十回以上使えるようになった……順調に成長していますね。
『グランヒーリング』を教える日も遠くない未来かもしれない。


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 今日も暇そうな、ロイエン、セナリースを相手に修行の毎日、やっと二人に本気を出させるまでになって来たけど、本気の二人は強い、力・速度・体格の不利さが相まって今一歩で負けてしまう。

 前世の力を15%も継承しているにも係わらず勝てない……へこむ。
 そして、まだ前世の力を完全に継承していないせいか、意識しないと力が上がらない……まあ、意識すればコンマ数秒で力が跳ね上がるから、ランディ版肉体強化って、感じだ。

 まあ、第2レベル呪文の『オグルパワー』を使えば不利も一気に解消出来るだろうが、ロイエン達も肉体強化魔法を使っていない……

 ガッチリ鍛えて、もっともっと強くならなくては……

 それから、僕は模擬戦闘よりも、基礎の向上に努めた。

 そして、月日が流れ……僕は八歳になった。

 ※ランディ 八歳
 ※ギフト 暗黒女神の愛
 ※魔法の種別 回復系
 ※使用可能魔法『ヒーリング』『エクスヒーリング』『グランヒーリング』『アルテミットヒーリング』
 ※魔力総量 3401
 ※クレリック呪文 第1レベル 35回
 ※クレリック呪文 第2レベル 32回


 ※アリサ 八歳
 ※ギフト 無し
 ※魔法の種別 回復系 ???
 ※使用可能魔法『ヒーリング』『エクスヒーリング』
 ※魔力総量 643


 ◆
 ◇
 ◆


 この部屋の、大きなテーブルの片側に、十人もの村人達が座っている。

 その向かいには、タイム・マツヤが座っていて、傍には一人の執事が立っている。

「君達さえ良ければ、我が管轄の畑でもっと作物を作ってみないか? 当然だが、今よりも確実に収穫が増える」

 村人達は、いきなりの好提案に驚く。
 そのうちの一人が、口を開く。

「私にとっては願ってもない話ですが……その……ダーナス様は……」

「もちろん、アイツには見つからないよう、離れた農地を提供しよう……やってみるか?」

 別の村人が立ち上がる。
「おら、そっちへ行きてぇだ! 」
「おらもだっ」
「わいも、行くぞ」

 一人、慎重な男が質問をする。
「それで、我々は何をすれば良いのでしょうか?」

「ふむ……ダーナス家の管轄地には行かない事、そして君達は隣の町から来た事にしてもらう。それだけでいい。あとは、その区域の長に従ってくれ……今より豊かな生活を保証しよう」

「ありがとうです」だ」ございます」×10

 ……
 …………

 それから約三ヶ月後……ダーナス家の管轄地から、十八にも及ぶ家族が消えた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ