挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
神級回復呪文使いが転生したら……こうなった。~調子に乗ったランディの、神罰転生~ 作者:鹿鳴館
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

106/119

【97話】アルテシアンナ⑥

 アルテシアンナに来て、そろそろ1年経が経つ。

 そう、僕は14歳になっていたのだ。

 前世の力を70%継承して、今の力をプラスしている。
 単純な腕力と速力は、前世の僕を若干超えたと感じる。
 毎日真面目に鍛えて良かった。

 後は、呪文と体力だな。

 14歳になる少し前、大した努力もしていないのに、朝起きたら魔法を覚えた。
 その名も『キュアディシーズ』名前からして病気の治療と見ました。
 出来れば頑張って、覚えたかったんだけどな。
 達成感がないと、喜びがイマイチなんです。



 空き時間を有効に活用するため、金稼ぎのネタになることを考えていたけど、思い浮かばない。


 ある日、2人いる御者のうち1人が、地面に上手な絵を描いていた。

 特長を上手く残したまま、デフォルメされていて面白い。

 ふと思い立って、小さな木版にドルデルガーさんの絵を描かせてみた。

 その出来映えは、見事と言うしかなかった。
 時代が時代なら、同人誌を描かせたい。

 こいつは使える。

「たしか、君はテインだっけ?」

 個人的にスカウトするため、名前を聞いてみた。

「違います、アーティスです。テインはもう1人の奴ですよ、男爵様」

 間違えちゃった。

「君のその技術を生かして、僕のお抱え『絵師』として、雇われる気はないかい? 給料は弾むぞ」


 アーティスは数秒考えた様子を見せた後、こう答えた。
「ありがたいお話ですが、親友を捨てて、1人男爵様にお仕えするのは……」


 あの御者達はいつも仲が良さそうだ。
 親友とはもしかして。

「アーティス、その親友も絵が上手かったりするのか?」

 期待を込めて聞いてみる。

「いえ、私のようには描けませんが、私が描いた絵をそっくり真似をするのは上手いです。テイン、ちょっと来てくれ」

 ビンゴだった。
 それならば2人まとめて雇える。

 だが、ここに嬉しい誤算があった。

 テインは一から絵を描くのは苦手だが、ま横に置いたアーティスの絵を、そっくりそのまま描き写したのだ。

 天才だった。

 おい……見てるかビッグ○イトに集まる壁際の絵師達よ……お前等を超える逸材がここにいるのだ! それも……2人も同時にだ。

 でも、ここは剣と魔法の世界。
 宝の持ち腐れだね。

 でも、僕なら君達を上手く使うことが出来るかもしれない。

 僕は、2人を正式に雇い入れた。


 ………………

「どうですか、ドルデルガーさん? これは売れると思いませんか?」

「う……む……確かに面白い、しかし売れるかと言うと、これは……」

「あら、あなた試してみるのも良いじゃないのかしら? 原価はただ同然なのでしょう?」


 僕らが作って提案したのは『十大貴族デフォルメカード』

 木簡を利用して、今まで見たことがある公爵のデフォルメキャラを描かせてみた。

 現在描けたのは以下の通りだ。


 王位継承権第一位、ユーロガッポ公爵
 王位継承権第三位、ゼニクルーガー公爵
 王位継承権第五位、ドルデルガー公爵
 王位継承権第六位、ギルダエルダ公爵
 王位継承権第七位、ウォンタマル公爵
 王位継承権第八位、ペソヤーマ公爵
 王位継承権第九位、ポンドフィバー公爵


 の七公爵だ。
 アイスプラントを広める過程で、繋がりとまでは言わないけど、アーティスも貴族の顔を見る機会があったんだ。

 しかし、一度しか見たことがない貴族を、これほど可愛くもカッコイイキャラに仕立て上げるとは。


 これについては、近日中に王都に行く予定があるから、確認を取ると言う事だった。


 ◇◆◇◆◇

 ついに、米の栽培マニュアルの一部を、閲覧出来るまでに信頼を得た。

 と言っても、半分は翻訳されておらず、絵を頼りに解読したようだ。

 これだけ言えば解るだろう。
 米の栽培方法は、遺跡から出土されたマニュアルにあったのだ。

 僕は、品種改良以外の閲覧が可能になっていた。

 玄米を薄い塩水に浸けて、沈んだものを採用する方法から始まって、わざと温度変化を与えて発芽を促したり、水田の作り方、水の抜くタイミング、雑草を抜くタイミングから、収穫まで事細かに記載してあった。

 今回は、雑草の処分をするタイミングだったらしく、見学をすることが出来た。

 田んぼの雑草を見つけては抜く、と言う行程を繰り返していた。

「あっ!」

「どうしました? ランディ君」
 最近だけど、ドルデルガーさんとはだいぶ親しくなって『さん』と『君』で呼び合うようになっている。


 僕は、アルテシアンナの大きな欠点に気がついた。


 アルテシアンナは見ている範囲内では、かなり裕福な国だ。

 今回の飢饉だって、領主が国に助けを申請すれば、餓死者は出ないくらい、国の基板はしっかりしている。

 盗賊にしたって、目立つような輩はいない。

 ドルデルガーさんの話だと、いるにはいるんだが、食えなくて盗賊になるんじゃないらしく、楽して金を得るために、盗賊をやるらしい。
 そのせいか面倒な事に、大半の賊は小規模で存在してるから、発見駆逐に手間がかかるらしい。

 話を戻すが、稲作に携わる人々に貧しい者はいない。

 だからこれに気づかないんだ。
 しかも、マニュアルに頼りすぎている。


 だから、ドルデルガーさんにお願いした。
「この雑草を、全部下さい」


 ……
 …………

 抜いた雑草には、丸い根っこがあったのだ。

 先ずは『塊茎』と呼ぶ部分を洗う。

 綺麗にしたら、そのままパクパクと食べる。

 シャクシャクとした歯応えに、ココナッツと栗の渋皮を混ぜたような味。

 そのままで食べたにしてはかなり美味しい。

 アク抜き推奨だけど、ドングリとちがってアク抜きなしでもイケルイケル。

「…………ランディ君、それは食べれるのかい?」

 今まで、大人しく見ていたドルデルガーさんが、質問してきた。

 アーサーじゃないから、食べただけじゃ判らんよ。

「はい! そこそこ食べたので、明日の体調を見て食べれるか判断しましょう」

「……ランディ君は、君は自分を使って試したのかい?」

 その通り! でも大丈夫だとは思うんだよ。

 予想通りなら、これは『カヤツリグサ』だから。

 もし品種が別物で、これが有毒だったとしても解毒出来るしね。

 ただ引っこ抜いた時期が早いから、塊茎が小さかったな。

 こいつの生命力は雑草並みだから、プランターを、作って栽培してみよう。


「はい、結果は明日の昼にでも」

 ……
 …………


 翌日

「ドルデルガーさん、具合が悪いどころか、気持ち調子が良いです。健康食品ですね。乾燥させれば日保ちもします。大成功です」

「ランディ君……君はいったいいくつの奇蹟を起こすんだい? おや、それは?」

 さすがドルデルガーさん、僕の内職にいち早く気付いた様です。

「これは、昨日頂いた雑草を叩いて叩いて叩きまくって、○○を入れて煮込んでみました。アルテシアンナには上質の紙がありましたね。これが原料になるか持ち込んで下さい」

「…………」

 ドルデルガーさんは、目眩でも起こしたのかふらついた。

 どうしたの? 回復必要ですか?

 ……
 …………

 結果は上質とまでいかなかったけど、そこそこ高値で取引出来る原料に認定されました。

 分かりやすく言うと、今のわら半紙以下の品質かな。
 折り曲げには弱いし、厚みもバラつきがあるしね。


 しかし、アルテシアンナに漂泊の技術があるとは思いませんでした。
 そのうち、カヤツリグサでももう少し質の良い紙を生み出すかも知れません。


 この2つの利権は、ドルデルガーさんのおかげで、殆ど僕の物になってしまった。

 僕の帰りの日は近い。


 ※ランディ 十四歳
 ※ギフト 暗黒女神の愛
 ※魔法の種別 回復系
 ※使用可能魔法『ヒーリング』『エクスヒーリング』『グランヒーリング』『アルテミットヒーリング』『デトックスA~F』『ニュートラライズポイズン』『キュアディシーズ』
 ※魔力総量 4481
 ※クレリック呪文 第1レベル 35回
 ※クレリック呪文 第2レベル 32回
 ※クレリック呪文 第3レベル 28回
 ※クレリック呪文 第4レベル 24回
 ※クレリック呪文 第5レベル 20回
 ※特技『神速』


新魔法キュアディシーズの解放条件
→魔力総量4444です。
まあ、失われるわけですね。

カヤツリグサは タイガーナッツとパピルスを参考にしました。

ランディ「そろそろ帰ろっかなぁ」

ドルデルガー「残念だがランディ君は帰れなくなった」
トワイライム「もう、あなたの家も建築中なのよ? こちらに永住しなさい」

ランディ「(;゜∀゜)!」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ