挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

聖女が、慈しまれるまで

作者:黒杉くろん
※あとがきにイメージイラストを追加しました


とある王国に、アリシアという誰もが見惚れるほど美しい聖女がいました。
清らかな白金の髪に、海のような碧眼。
白くほっそりした手を組んで祈りを捧げる様子は、天使様そのものだと言われていました。

アリシアはいつも大忙し。
争いがおきたと聞けば、民を諭すために遠くに馬車で出かけます。
神様に祈りを捧げるために、歌の練習を欠かしません。
豊穣の舞いも完璧に美しく踊ります。

優雅に立ち振る舞い、いつだって優しい笑顔と声を届けます。
これを、毎日毎日毎日毎日毎日。

ゆっくりと眠る暇なんてありません。
アリシアほどの素晴らしい聖女は、この世にひとりきりなのですから。
アリシアは疲れ切っていました。

(いつか、ひとりきりで静かに過ごすことが私の夢なの)

胸の内に、ささやかすぎる願いを秘めていました。
いえ、聖女がひとりきりになることなんて、強欲とも言えるほどの莫大な願いなのかもしれません。

アリシアは16歳になり、成人を迎えました。
たくさんの男性から求婚を受けます。
みんな、この時を心待ちにしていたのです。

アリシアは笑顔でいつものように対応しようとしました。
でも、美しい笑顔を浮かべるほどに、目の前で男性たちがお互いを牽制して喧嘩になるのです。
一見にこやかな男性も、腹の中には黒い願望が蠢いているのを、聖女の目で見ていました。

ついにアリシアは言いました。

「私がこの王国にいると、争いの火種となってしまいます。
聖女として、それは見過ごせません。
森林の中の塔で、ひとりきりで、神様にひたすら祈りを捧げさせてください」

聖女として、とまで言われると、信仰深い人々は頷くしかありませんでした。
こうしてようやく、アリシアは願いを叶えられたのです。



森林の塔で暮らし始めたアリシアは、幸せでした。
生を謳歌する鳥の声で目覚めて、きれいな森の水で顔を洗い、自分のために洗濯をします。
それから日中はひたすら神様にお祈りします。

もともと聖女になれるほど信仰深かったアリシアですから、祈り続けることは苦ではありませんでした。
民衆に届けるための大声ではなく、鳥のさえずりに似た小さな声で可憐に祈ります。

そして夜を迎えて、ぐっすりと眠りました。
朝になって目を開けると、世界がきらめいて見えるほど、この生活は素晴らしいものでした。
そうして、数ヶ月が過ぎました。

「たまには、歌を歌おうかしら」

アリシアの声が、風に乗って森に響きます。
すると、こんこん、と窓を叩く小さな音がしました。

まさか、こんなところまで登ってくる人間はいないでしょう。

アリシアが警戒しながら、おそるおそる窓を開けてみると、

「まあ、なあに……?」

ころりと果物が置かれています。
熟した桃でした。

あたりを見回すと、なんと塔の天井に小柄なドラゴンがとまっています。

「あなたが下さったの?」

ドラゴンは頷いてみせました。
アリシアはとても久しぶりに、誰かに対して、心からの微笑みを浮かべました。

(神様から力をいただく聖女となった私には、もう食事も必要ないのだけれど)

桃はアリシアの喉を甘く潤しました。



それから、アリシアとドラゴンの交流は続きました。
一日一回、ドラゴンが何かしらの果物を持ってきてくれるのです。

ある日は林檎、
ある日は梨、
ある日は鈴生りのさくらんぼ。

アリシアは自然の恵みを、神様とドラゴンに感謝して、すべて美味しくいただきました。

聖女が穏やかな気持ちで祈りを捧げるので、森林には以前にも増して多種多様な果物が実り、とても豊かになっていました。

「あなたに触れてもいいかしら」

ある日、アリシアは聞きました。
ドラゴンが頷いて、窓辺に降りてきます。

羽ばたきによる風が、アリシアの髪を揺らして、ドラゴンは眩しそうに目を細めました。

「あなたって大きかったのね」

アリシアの体をすっぽり翼で覆ってしまえるほどもあります。
アリシアは優しい手つきで、ドラゴンの頭を撫でました。

「冷たくていい気持ち。土色の鱗がとてもキレイ。あなたはきっと大地に愛されているのね」

ドラゴンが嬉しそうに喉を鳴らしました。



またある日、アリシアは鳥たちの喧騒で目覚めます。
いつもと違って、よくない予感がする朝でした。

遠くから、多くの人々が歩いてくる足音がします。
アリシアは塔の扉に鍵をして、一番高い部屋の窓から、下を見下ろしました。

なぜか、色とりどりの制服を着た軍隊が、アリシアを訪ねてきたようです。

「どうなさったの?」

尋ねると、

「聖女アリシア様、とつぜんの訪問をお許しください。
この森にドラゴンが住み着いたようなのです。
あなたのために、危険なドラゴンを討伐しにやってまいりました」

アリシアは目を丸くしました。
人々の黒い思惑が透けて見えます。

(ドラゴンを倒して、聖女様に気に入られて、結婚したい。
この森は驚くほど豊かになったので、自分たちの国も豊穣に恵まれるだろう)と……。

訪れたのはさまざまな国の王子たちで、それぞれ「自分のために」この森にやってきたようです。

アリシアが「ドラゴンは危険ではない」と説いても、まるで耳を貸しません。

「人の言葉を知らぬケダモノにまで、聖女様はご慈悲をかけていらっしゃる。
とても尊いことですが、だからこそそんなあなたを守りたい」

自分勝手にうそぶきます。
言葉を持たないドラゴンのほうが、なんて誠実なのでしょうか。
アリシアは泣きたくなりました。

昼前になり、いつものようにドラゴンがやってきます。
みんな我先にと、弓矢を空に向けました。
驚いたドラゴンは、持っていた桃を落としてしまいました。

アリシアが涙を拭いて、神に祈りを捧げはじめます。
いままでで一番強く、清らかな声で、愛を込めて。

ーーすると、どうでしょう。
放たれた弓矢は、白い炎に焼かれてしまいました。

そしてドラゴンは光に包まれ、なんとも美しい若者に変身しました。
白金の衣を纏い、まるで神様のようです。

恐れおののいた人々は、頭を地にこすりつけてひれ伏しました。

「大切なものを守るときに、聖女の力は発揮されます。
このドラゴンは私の大切な存在なのです。
神様もお認めになりました。
なにも心配することはありません。
私はここで、この方とともに暮らしていきますので、立ち去ってください」

アリシアは若者を手招きします。
若者はすんなりと、アリシアの隣に降り立ちました。
背中に生えたドラゴンの翼で、そっとアリシアを包みます。

寄り添う二人は輝くように美しく、どのような人間も敵わないでしょう。

軍隊はしょんぼりと帰って行きました。
それぞれの国にこの時の話を持ち帰ったので、もう人々が森に踏み入ることはありません。

アリシアは隣を見上げて、微笑みます。

「あなたを人の姿に変えて、驚かせてしまってごめんなさい。
でも、ずっと求婚してくれていたでしょう?
私のことを考えて、一番美味しい熟した果物を届けてくれていたもの。
ドラゴンは求愛のために、宝物を捧げるのよね」

若者の目が柔らかく細められます。

「そう。君の歌声に魅せられて、姿に一目惚れして、やがて存在を愛したんだ。
今、とても幸せ。
一番美味しい果物は捧げたけれど、かけがえのない宝物が手に入ったから」

「まあ」

アリシアはうっとりするほど美しく微笑みました。



アリシアは森で幸せな日々を送ります。
ずっと、ずっと、生涯幸せでした。

「ひとりきりが一番だと思っていたけれど、想いやってくれるあなたが側にいてくれる今が最高に幸せよ」

若者と手をつなぐと、温かさにほっと表情を緩めます。

「たくさんの人に必要とされる昔よりも、ひとりぼっちよりも、愛する人との生活は素晴らしいものなのね。
きゃあっ」

ドラゴンの若者が、アリシアを抱きしめて頬ずりしました。
20年生きた彼はまだ子竜だったので、仕草がどうにも子どもらしいのでした。

アリシアは幸せです。

「純粋な愛情を表してくれるところが、とても好き。
だからあなたの名前は光の愛ルーカス

真実の愛アリシア

何度だって名前を呼び合います。

世界は二人を祝福して、そっと見守ってくれました。





読んで下さってありがとうございました。
甘いお話が書きたくなったのです。


挿絵(By みてみん)


評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ