挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
未踏の郷里 ルーフェイア・シリーズ13 作者:こっこ

Chapter:01 捜し物

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

9/59

Episode:09

 あたしたち学院生が「ケンディクへ行く」と言うときは、実際には港の周辺を指す。
 南北に長めの大陸国家――といっても大陸としては最小――の南西隅に、ケンディクはあった。
 はるか西、海を挟んだ向こうはアヴァン大陸。だからこの町は、古くから海の向こうとこの大陸とを結び、貿易の中心地として栄えてきた。

 町のいちばん南部は、港だ。他に港から運ばれたものを売り買いする市場、小さな店なんかがいっぱいあって、賑わっている。あと景観のよさで、観光スポットとしても人気があった。学院生が出歩くのもこの辺りだ。

 港の西から北西の海沿いは、商業区と呼ばれている。貿易関係の会社なんかがたくさんあって、そこに勤める人向けの商店や飲食店が多い。ただここは大人向けで全般的に高いから、あたしたちはあんまり行かなかった。

 港の東側で目立つのは、シエラの分校だ。なにしろ規模だけは本校を上回るから、その敷地もとても広い。聞いた話じゃ、昔の大貴族の持っていた敷地を、丸ごと使ったんだって言う。
 あともうひとつ目に付くのは、「裏町」とでも言うものだ。ロデスティオのスラムほどじゃないけど、そういう場所になっていて、あまり普通の人たちは近寄らなかった。

 港の北、町の中心部に当たる辺りは行政区だ。そういう行政機関がいっぱいある。
 あとここは元々、ここを支配していた領主や貴族たちの住むところだった。だから宮殿や石造りの古い町並み、劇場、大図書館なんかが集中していて、観光の目玉になっている。

 周辺、特に北側は高級住宅街が広がるし、その人たちが買いにくる高級な店がたくさんあって、独特の雰囲気だっていう。
 そして軌道バスがたくさん走っているのは、行政区と商業区だった。だから探している店は、このどこかなんだろう。

「やっぱり、行政区かな……?」
「かな。商業区、そゆ店あんま、なさそうだ」
 意見が一致する。

「えっと、じゃぁ何番路線……」
「1番だ。行政区だから」
 アーマル君、シエラに在籍が長いからケンディクも良く知ってるみたいだ。迷いもなく歩いていく後を、ついていく。

 ――ひとりで来なくてよかった。
 あたしだけじゃ街の勝手が分からなくて、きっと迷っていたはずだ。
 でもあの時は迷ったからこそ、イマドと会えたわけで……。

「ルーフェイア?」
「え? あ、ごめん……」
 考え事をしてたら、距離が離れてしまった。

「ごめん、早すぎた」
「ううん、あたしこそ……」

 さっきもそうだったけど、本当に優しいな、と思う。こうやって合わせてくれるのは、あとはイマドと、シルファ先輩くらいだろう。
 駅の脇――長距離列車の終着駅で、昔は貨物専用だった――を抜けて、すぐ先の停留所へ着くと、軌道バスがちょうど来たところだった。




Web拍手 ←Web拍手です

FT小説ランキング  毎日OK:FT小説ランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票
 順位だけ見たい方はこちら

NEVEL Ranking  月に1回:NEWVELランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票


◇イラストいろいろです。随時募集中です♪◇
シエラ学院制服  Blue Ocean  ルーフェイア・シリーズ

自サイト美術室はこちら
掲示板はこちら。お気軽にどうぞ♪


筆者サイト
↑筆者サイトへ
最新話へのリンク、改行なし版等があります
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ