挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
未踏の郷里 ルーフェイア・シリーズ13 作者:こっこ

Chapter:04 宝物

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

55/59

Episode:55

「なんかその、すみません……」
「気にするな少年」
 俺が笑いながらも謝ると、教授は笑ってひらひらと手を振った。

「もともと実地調査自体は、行く予定だったからね。同行者が2人くらい増えてもどうにかなるし、何より現地を知る人たちだ。誰も文句は言わないよ」
 言って教授が、今度はジュマさんの方を向く。

「ジュマ君、大学の入学試験は来月だ。編入になるか通常の受験になるかは、調べないと分からないが、まだ頑張れば間に合うぞ?」
「え……」
 あと2ヶ月弱で準備しろとか、ムチャクチャなことを言われて、ジュマさんが呆然とする。

「頑張って受かったら、キミもニルギアに連れてってあげよう。なに、勉強は見てあげるよ。だから死に物狂いでやってみなさい」
 教授にウインク――気持ち悪いです――されて、ジュマさんががっくり肩を落とした。

「教授の死に物狂いって、マジで死に掛けるじゃないですか……」
「大丈夫大丈夫、今までだって死んじゃいないだろ?」
 話しからすると教授、前科があるみたいだ。それにあの嫌がり方だと、文字通り死に物狂いなんだろう。

 ――何するんだろ?
 ちょっと興味が湧く。もしかして、時間内に解かないと焼け死にそうになるとか、教授の扮した緑怪人にボコボコにされるとか、そういうのなんだろか?
 だとしたらさすがに、ジュマさんが気の毒かもしんない。

 やり取りを見てるおじいさんは、すごく楽しそうだった。
「ほれ、ジュマよ。勉強せんか。さもないと、ワシらと一緒にニルギアへは行けんぞ?」
 てか、しっかり煽ってるし。

 そんなやり取りをみながら思う。
 今までほとんど意識したことのなかった、ニルギア。行ったことはもちろん、見たこともない故郷。
 そこへ行けば、何かきっと分かると思う。

 分かってる。行ったからって、親父やおふくろが生き返るわけじゃない。俺の住むとこがあるわけでもない。
 でも行ったら、何かが始まるはずだ。

「それにしても、こんな日になるとはの。ニルギアを出てから、今日は最良の日じゃ」
「まったくですな。こんな日があるから、人生はやめられませんわ」
 年寄り2人が笑う。
 会話の意味は俺には、分かるようで分からない。けどいつかきっと、分かるようになるんだろう。

「せっかくじゃ。今日は宴と洒落込むかの?」
「おぉ、いいですな。すぐ手配しますよ」
「む。施しは受けんとあれほど――」
 笑いながらの、さっきと同じようなやり取り。きっと2人とも、分かってやってるんだろう。

「なになに、私が用意するのは、この少年への祝いの宴ですぞ? まぁ後見人のイファ殿にも、客人として来ていただきますが」
「そうか。それなら仕方ないの」
 俺たちも笑いながら、そのやり取りを聞く。
 その日は夜遅くまで、ニルギアの太鼓の音が響いた。




Web拍手 ←Web拍手です

FT小説ランキング  毎日OK:FT小説ランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票
 順位だけ見たい方はこちら

NEVEL Ranking  月に1回:NEWVELランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票


◇イラストいろいろです。随時募集中です♪◇
シエラ学院制服  Blue Ocean  ルーフェイア・シリーズ

自サイト美術室はこちら
掲示板はこちら。お気軽にどうぞ♪


筆者サイト
↑筆者サイトへ
最新話へのリンク、改行なし版等があります
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ