挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
未踏の郷里 ルーフェイア・シリーズ13 作者:こっこ

Chapter:04 宝物

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

54/59

Episode:54

「さてさて、ロドマ殿のひ孫よ。いろいろと、情けないところを見せてしまったな」
「あの、アーマルで十分です。てか、情けなくとかないです」
 なんたって、ニルギアがまるごとひとつ潰れるような話だ。しかもおじいさんなんて、その真っ只中に居た人だ。簡単になんて行かないんだろう。

「ロドマ殿に似て、真っ直ぐないい子じゃな。まぁ今回のことは、ワシに免じて許してくれんか? ジュマにはよく言い聞かせておくのでの」
「そんな、許すとか!」
 あるわけない。分かってもらって、かばってもらって、親切にしてもらったのに。
 何より、初めて会った親戚だ。

「ほんにいい子じゃなぁ」
 おじいさんが目を細めて、すごく嬉しそうになる。
 こんな表情してもらえて良かった。会いに来て良かった。

「出来たら、そなたとニルギアへ行きたいのぉ。あの山、あの大地、あの聖地。教えてやりたいことが、たくさんあるんじゃ……」
「あの、じゃぁ俺、働きます!」
 気づいたときにはそう言ってた。

「たくさん働いて、旅費貯めますから! あと何年かかるか分からないけど、頑張りますから」
 そこまで言って、はっとする。そんな先までおじいさん、生きてられるだろうか?
 おじいさんも、同じことを思ったらしい。

「いいんじゃよ、そこまで気を遣ってもらわんでも。なんせこの年じゃから、明日にでもくたばるかもしれんし」
「けど……」
 たしかにそうかもしれないけど、そんなのイヤだ。俺、おじいさんと一緒にニルギア行きたい。

「なら、行きますか? この夏にでも」
 横から割り込んだのは、教授の声だった。

「ティティの末裔と、部族の証の指輪が見つかっては、早く現地調査に行かないと。もちろん、一緒に行ってもらいますぞ」
「ワシは施しなぞ浮けんぞ? 長老がそんな真似をしては、沽券に関わるからの」

 言い返すおじいさんに、教授が意味ありげな笑みを見せる。
「誰がイファ殿だと言いましたかな? 私が連れて行くのは、こちらの少年ですよ」
 そして明後日のほうを向いて、うそぶいた。

「ただ、この子はまだ未成年ですからねぇ……誰か後見人を、同行させないと」
「ふぅむ」
 おじいさんが顎に手を当てて、考え込む。
「それは困ったのぉ。この子には親がおらんから、誰か行かなくてはならんな」
 見え透いたやりとりに、みんな笑いをこらえるのに必死だ。

「いいか、ワシはこの子に付いて行くんじゃからな?」
「分かってますよ。それよりイファ殿、夏までは生きてくださらないと、この子が後見人を無くして、行けなくなってしまいますぞ?」
「分かっとるわ」
 もうこれには、悪いと思いながらも、吹き出して大笑いするしかない。




Web拍手 ←Web拍手です

FT小説ランキング  毎日OK:FT小説ランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票
 順位だけ見たい方はこちら

NEVEL Ranking  月に1回:NEWVELランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票


◇イラストいろいろです。随時募集中です♪◇
シエラ学院制服  Blue Ocean  ルーフェイア・シリーズ

自サイト美術室はこちら
掲示板はこちら。お気軽にどうぞ♪


筆者サイト
↑筆者サイトへ
最新話へのリンク、改行なし版等があります
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ