挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
未踏の郷里 ルーフェイア・シリーズ13 作者:こっこ

Chapter:04 宝物

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

52/59

Episode:52

「要するにアンタ、やっぱ自分のためじゃないか! その運動でアンタの気は済んでも、俺はどうなんだよ!」
 どうしてか分かんないけど、また泣きたくなる。

 ニルギアがヒドい目に遭ったのは、本当だ。そのせいで今もヒドい目に遭ってる人がいるのも、ウソじゃない。俺の親もたぶん、一部はそういうことが原因だ。
 けどそれでも、納得いかなかった。

 たしかに全部取られた。親も、住むところも、何もかも。
 だけどシエラに拾われて、掴んだ。食べるもの、住むところ、先輩、友達……。

「運が良かっただけかもしんないけど。けど俺だって頑張ったんだ! じゃなきゃシエラの、Aクラスに居られるかよ!」
 もう何が言いたいかも分からない。ただただ、押し付けられる何かがイヤだった。

「……ジュマ君、やめなさい。この子にそういうものを、背負わせちゃいけないよ」
 教授の静かな声が響く。
 さらに別の声が加わった。

「そうじゃぞ、ジュマ。この子の先行きは、この子が決めねばならん」
 言ってまた、おじいさんが俺の頭を撫でた。

「過酷な運命の中、この子は不思議と助けられて、まっすぐ育った。それは大切にせねばならん。曲げてはダメじゃ」
 さらにおじいさんが、ルーフェイアのほうを見る。

「ごらんジュマ、あの子を。あれほど姿が違っても、この2人は互いに相手を友達だという。それこそが、お前の目指す世界ではないのかの?」
 静かに諭されて、ジュマさんがうなだれた。

「そなたは確かに、不運じゃった。理不尽な目にもずいぶん遭うた。それはワシも認めよう」
 おじいさんのシワだらけの黒い手が、少し色の薄い、ジュマさんの手を握る。

「じゃがの、その恨みを継がせてはならん。どれほど苦しくても、若い者に継がせてはならん。それが大地の教えじゃ」
 遠くを夢見る瞳。

「遥かな大地から引き離されて、北の地からも逃げ出して……ここへ来てやっと落ちついたとき、ワシは夢を見たのじゃ。ネラマニ様の夢じゃった」
 ネラマニと言えばたしか、豊穣の女神か何かだ。

「女神様は、ワシに言われた。恨みは捨てよと。女神なる自分が引き受けるから、恨みは捨てて同胞の支えになれと。くれぐれも、恨みから何かをしてはならぬと」
 おじいさんが深く息を吐いた。

「ワシもの、最初は意味も、どうしていいかも分からんかった。じゃがネラマニ様の言うことじゃ、なんとしてでも従わねばならんと思うて、必死に同胞を助けて回っての」
 にこり、とおじいさんが笑う。

「気づいたら、ワシを捕らえた者への恨みは消えておって、そのときやっと分かったんじゃ。あのまま恨んでおっても、時間のムダじゃったと」
 ジュマさんが「意味が分からない」という顔になった。




Web拍手 ←Web拍手です

FT小説ランキング  毎日OK:FT小説ランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票
 順位だけ見たい方はこちら

NEVEL Ranking  月に1回:NEWVELランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票


◇イラストいろいろです。随時募集中です♪◇
シエラ学院制服  Blue Ocean  ルーフェイア・シリーズ

自サイト美術室はこちら
掲示板はこちら。お気軽にどうぞ♪


筆者サイト
↑筆者サイトへ
最新話へのリンク、改行なし版等があります
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ