挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
未踏の郷里 ルーフェイア・シリーズ13 作者:こっこ

Chapter:04 宝物

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

50/59

Episode:50

「歳から見て、お前さんはきっと、ロドマ殿のひ孫じゃな。親御さんが混乱の中、その珍しい名を借りたんじゃろう。お前さんが独りになっても、どこの誰か分かるように」
「あ……!」
 たしかにそうだ。そんな騒ぎがあった名前なら、覚えてる人だってたくさんいるはずだ。

「あのときは分からんかったが、ご先祖様はこの日が来るのを、分かっておったんじゃのう。こんな珍しい名じゃなければ、会っても分からんかった」
「――はい」
 きっとそうなんだと思った。そんなおかしなこと信じるのかとか、ただの偶然だとか言われそうだけど、俺的にはご先祖様のおかげだと思う。そういうことがあったっていい。

「……イファさんすみません、つまりどういうことでしょう?」
 感激してる俺たちの間に、妙に冷たい声が入った。ジュマって人だ。

「む、分からんかったか? 要するにこの子は、偉大なるティティ王国の末裔、ラダ=ティティ族の生き残りじゃ」
「やっぱり、それでいいんですね」
 やり取りが続くけど、どっかがヘンだ。何かすっきり入ってこない。
 ジュマさんが、俺のほうに向き直った。

「アーマル、だったな。俺たちと一緒に、解放運動をやらないか?」
「解放……?」
 よく分からなくて、思わず繰り返す。
 ジュマさんが訳知り顔で頷いて、話し始めた。

「お前も少しは知っただろう? ともかくエバスやその周辺じゃ、俺たちニルギア系の人間は、まともな職にも就けない。それを何とかするんだ」
「え、でも、それってさっき……」
 さっきそれで、大騒ぎになったはずだ。で、教授からこの人、やり直せって大学に誘われたはずだ。

 ジュマさんが、また頷いた。
「そうだ。俺はもう一度大学へ行く。そしてまた、解放運動をする。一緒にやろう」
 要するに、今じゃないけどこれから、そういう運動に加われってことらしい。

 少し考える。
 俺はあんまり実感なかったけど、ニルギア出身の人が特に西の大陸で、大変なのはたしかみたいだ。実際俺もこのケンディクで、あんなふうに襲われたし。
 けど、なんでだろう? 正しいことのはずなのに、どうしても心の底から賛成できない。

「なぜ悩む? 自分の同胞が困ってるなら手を差し伸べる、当たり前の話だろう?」
 そう、当たり前のことだ。なのに、何かがやっぱりおかしい。

「……いい加減にしたらどうですか」
 厳しい声で割って入ったのは、ルーフェイアだった。
 この子がこんなふうに怒って、こんな声出すなんて、初めて見た気がする。




Web拍手 ←Web拍手です

FT小説ランキング  毎日OK:FT小説ランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票
 順位だけ見たい方はこちら

NEVEL Ranking  月に1回:NEWVELランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票


◇イラストいろいろです。随時募集中です♪◇
シエラ学院制服  Blue Ocean  ルーフェイア・シリーズ

自サイト美術室はこちら
掲示板はこちら。お気軽にどうぞ♪


筆者サイト
↑筆者サイトへ
最新話へのリンク、改行なし版等があります
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ