挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
未踏の郷里 ルーフェイア・シリーズ13 作者:こっこ

Chapter:03 悲しみ

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

43/59

Episode:43

「キミがさっき言ったのと、似たような理由だった。裏切り者だそうだ」
 誰も何も言えなかった。

「しかもその時いちばん嘆いてくれたのが、兄をみていた教授でね。その人の肌は白かった。いちばん怒ってくれたアパートの隣のおばさんは、肌が黒かった。いちばん心配してくれた友人は、肌が褐色だったよ」
 教授の話は続く。

「肌が黒い兄とだけ、付き合う人も居た。逆に肌が黒くない私とだけ、付き合おうとする人も居た。同じ兄弟なのにだ」
 悲痛な声。

「しかも、私の兄が黒いと知ると、離れる人も居た。逆に近づいてくる人も居た。意味がわからんよ」
 教授にしてみれば、ほんとうにいたたまれなかったと思う。同じ兄弟で、周りもいろいろで、しかもお兄さんまで殺されてしまって……。

「なぁ、ジュマ君。こんな私は、何を信じてどこへ入ればいいんだ?」
「それは……」
 答えられるわけがない。こんな問題、どんな賢人だってきっとムリだ。

「ジュマ君、キミの言うように白黒で分けたら、私の居場所はない。だからきっと、そんな簡単なものじゃないんだ」
「だが……」
 何か言いかけたジュマさんに、教授が首を振る。

「ジュマ君、キミが大変な目に遭ったのは分かる。私の兄もそうだったからね。それにキミらのような子たちが、ひどい仕打ちを受けているのも知ってる。だがこれとそれとは分けないと、物事がおかしくなると思うよ」
 ジュマさんは下を向いたまま、何も言わなかった。いろいろと、考えてるのかもしれない。

「大学へ行きたいのなら、私のところへ来るといい。推薦状を書くよ」
「え……!」
 はじかれたように、ジュマさんが顔を上げた。

「もう一度、そこから始めないか? なに、途中まで行ってたんだから、残りを行けば済むよ」
「けど、俺は同胞の解放を!」
「そのためにも、私はもう一回学んで欲しいんだ。もっといろいろ背景を知って、そこから始めるべきだ」
 教授が真っ直ぐ、ジュマさんの瞳を見つめる。

「でないと闇雲に動くばかりで、最後は立ち行かなくなる。そうなったら元通りどころか、みんなさらに落ちてしまうよ」
 完全に黙ってしまったジュマさんを、優しい瞳で見ながら、教授が今度はいたずらっぽく言った。

「で、ジュマ君。私たちはイファさんのところへ、行く途中なんだが。案内でもしてくれないかね?」
「え? あ、はい、俺でよければ」
 意外にもジュマさんが快諾する。

「そうか、助かるよ。さて、みんな行こうか」
 ジュマさんを先に行かせて、すたすたと教授が歩き出す。
 あたしたちも慌てて追いかけたけど……その背中は、とても寂しそうだった。




Web拍手 ←Web拍手です

FT小説ランキング  毎日OK:FT小説ランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票
 順位だけ見たい方はこちら

NEVEL Ranking  月に1回:NEWVELランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票


◇イラストいろいろです。随時募集中です♪◇
シエラ学院制服  Blue Ocean  ルーフェイア・シリーズ

自サイト美術室はこちら
掲示板はこちら。お気軽にどうぞ♪


筆者サイト
↑筆者サイトへ
最新話へのリンク、改行なし版等があります
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ