挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
未踏の郷里 ルーフェイア・シリーズ13 作者:こっこ

Chapter:03 悲しみ

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

38/59

Episode:38

「ルーフェイア!」
 突然名前を呼ばれて、声の主を探す。
「あー、いたいた。大丈夫?」
 さっき分かれたお姉さんとアーマル君が、他にも人を連れて来ていた。

「うわ、教授ったらこれ出しちゃったの?」
 例の仮面を見ただけでお姉さん、何が起こったか分かったらしい。

「ねぇあなた、大丈夫だった? 何にもされなかった?」
 教授が倒れてることは、気にならないみたいだ。

「何もって言うか、なんか、何とか女神の化身とか……それで、なんか飛び掛られて、思わず魔法を……」
「あらこれ、動力切れじゃなかったんだ」
 教授、ひどい言われようだ。

「あたし……全力で、眠りの魔法、かけちゃって……」
「へー、今度あたしも教えてもらおうかな? 大人しくていいし」
 お姉さん教授をよく殴ってたから、普段困らされてるんだろう。

「さて、今のうちに仮面を外してと」
 言いながらお姉さん、仮面を外して、さらに教授をごちんと殴った。

「痛いじゃないか、ミラダ君」
「何言ってんですか、女の子襲おうとしたくせに」
 それで起きる教授も教授だけど、お姉さんの言ってることも相当だ。

「何のことだ? 私は覚えていないぞ。仮面を被ったのは覚えてるが」
「だから、いつも言ってるじゃないですか。この仮面被っちゃダメだって」
「何を言う、これは偉大なるロワメナ神を象った、神聖なものだぞ!」

 やり取りを聞いてるうちに、頭が痛くなってくる。
 あたしたちを連れてきたグループのほうも、しばらく唖然と見ていたけど、こそこそと帰り始めた。
 けど。

「お前ら、ちゃっかり逃げるんじゃない」
 アーマル君とお姉さんが連れてきた、見知らぬおじさんが鋭く言う。
「じゅ、ジュマさん……?」
 どうやらこの人が、さっき話しに出たジュマさんらしい。
 あたしはなんとなく、もっと若い人を想像してたから、ちょっと驚きだ。

「何度か言っただろう。特にこの人には、むやみに手を出すなと」
「え、そうなんすか?」
 ジュマさんという人、この一帯では相当力を持ってるらしい。もしかすると、何かの団体を率いているのかもしれない。

「まったく。知らないようじゃ困る。少なくともこの人は、俺たちの敵じゃないんだぞ」
「すんません……」
 あんなに威勢が良かったのにグループの人たち、今はまるで、大人にいたずらを見つかった小さい子みたいだ。




Web拍手 ←Web拍手です

FT小説ランキング  毎日OK:FT小説ランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票
 順位だけ見たい方はこちら

NEVEL Ranking  月に1回:NEWVELランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票


◇イラストいろいろです。随時募集中です♪◇
シエラ学院制服  Blue Ocean  ルーフェイア・シリーズ

自サイト美術室はこちら
掲示板はこちら。お気軽にどうぞ♪


筆者サイト
↑筆者サイトへ
最新話へのリンク、改行なし版等があります
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ