挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
未踏の郷里 ルーフェイア・シリーズ13 作者:こっこ

Chapter:03 悲しみ

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

36/59

Episode:36

「や、やべぇぞコイツ!」
 グループの1人が叫ぶ。あたしも同感だ。
 というかさっきから「大学教授」のイメージが、音を立てて崩れてってる。天才と馬鹿は……ってよく言うけど、実態はそれ以上にしか思えない。

「こないのなら、こちらからだ。ロワメナ神の従者に手を出した報い、その身で思い知れ。行くぞ、きょっえーっ!」
 怪鳥みたいな叫び声を上げながら、教授が手近な1人に踊りかかった。

 ――あ、案外強いかも。
 その辺の若い人より動きが速いし、相手の動きも良く見えてる。
 教授はその間に頭突きで1人を昏倒させて、また雄たけびを上げた。

「ひひゃひゃ、弱い、弱いぞ文明人よ! 我らロワメナ戦士の敵ではないわ!」
 教授だってケンディクで暮らしてるのだから、十分文明人だと思うのだけど、その事実は無かったことになってるらしい。
 可哀想なのは、あたしたちを連れてきたグループだ。あまりの事態に、腰を抜かして座り込む人まで出てる。
 それでも2、3人、後ずさりながら逃げ出した。

「けきょっ、逃げるとは卑怯な! 食らえっ!」
 教授が手を突き出すと、広場の出口に電撃が炸裂する。
 逃げようとしてた何人かが、驚いて尻餅をついた。

「きょーっきょっきょっきょ、思い知ったかっ!」
 響く哄笑。
 たぶん何かの儀式と一緒で、教授はあの仮面をかぶることで、一種のトランス状態になるんだろう。
 ただそれを差し引いても、まったくの無詠唱であの威力なんて反則だ。

「たっ、助けてくれっ!」
 グループのほうは、気の毒なくらい怯えてる。きっと一生のトラウマになるに違いない。

「けきゃきゃ、そぉれ、天の裁きじゃっ!」
 台詞に嫌なものを感じて、とっさにグループと教授の間に入って、防御魔法を唱える。
「ルス・バレーっ!」
「そぉりゃっ!」

 天から文字通りいかずちが降り注いだけど、間一髪で防御魔法が間に合う。こんなのまともに食らったら、黒コゲになるところだ。
 でも魔法の範囲を広げたせいで完全には防ぎきれなくて、グループの男たちは痺れてひっくり返ってる。立ってるのは、元からある程度魔法を防げるあたしだけだ。、

「きょほほほほほ、神は偉大なり!」
 何かが絶対間違ってると思うけど、教授は満足したみたいだった。
 けど周囲を見回してた視線が、あたしで止まる。

「きょっきょっ、その美しさ、敵といえど守ろうとするその慈愛、もしやネラマニの化身!」
「え……」
 教授、何かおかしなモードに突入したらしい。




Web拍手 ←Web拍手です

FT小説ランキング  毎日OK:FT小説ランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票
 順位だけ見たい方はこちら

NEVEL Ranking  月に1回:NEWVELランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票


◇イラストいろいろです。随時募集中です♪◇
シエラ学院制服  Blue Ocean  ルーフェイア・シリーズ

自サイト美術室はこちら
掲示板はこちら。お気軽にどうぞ♪


筆者サイト
↑筆者サイトへ
最新話へのリンク、改行なし版等があります
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ