挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
未踏の郷里 ルーフェイア・シリーズ13 作者:こっこ

Chapter:03 悲しみ

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

35/59

Episode:35

「よし、止まれ」
 そう言われたのは、ずいぶん歩いてからだった。たぶんシエラの本島横断より、歩いたと思う。
 あまり綺麗じゃないビルの谷間の、ちょっとした空き地だ。

「さぁて、お前らどうしてやるか」
「別にやるのは構わんが、私に何かすると、後でジュマ君に酷い目に遭わされるぞ」
 教授が平然と、煽るようなことを言う。

「ジュマ君は少々気が短いからな。だが友達思いだ」
「お前、なんでジュマさんの名前を……」
 どうやらジュマさんというのは、この辺の有力者らしい。もしかするとロデスティオのダグさんとかみたいに、一帯を束ねてるのかもしれない。

「なんでと言われてもね。知ってるものは知ってるんだから仕方ない」
 さすがに眉をひそめる。これじゃ完全に挑発で、事態が荒っぽくなる一方だ。
 もちろんあたしはそれでも、何とかなるだろうけど、教授の身の保証が出来なくなる。
 かといって、ここで忠告することも出来ないわけで……。

「どうせハッタリだろ。どっかで名前聞いて、イキがってるだけさ」
 グループの1人が、ある意味もっともなことを言う。

「だいたい、ジュマさんにこんな白い知り合いとか、居るわけねーよ」
「それもそうだな」
 話を聞きながら、なんでだろうと思う。白だの黒だの、そんなの日焼けでもしたらすぐ変わる。だいいち教授やあたしが髪を染めて肌を塗ったら、すぐ色なんて分からなくなるのに。

 そんなことを考えているうちに、向こうがじり、と前へ出た。それぞれが思い思いの武器――たぶんそのはず――を出して、こっちに視線を向ける。
 あたしも動けるよう、少しずつ体制を変えて、教授の前へ出て……何か怖気を感じて、思わず振り返った。

「きょほほほほほほっ、きょっほー!」
 ワケの分からない叫び声に、一瞬動けなくなる。
 ――緑の、怪人。
 さすがに混乱する頭を必死に静めて、状況を把握した。

 この怪人、たぶん教授だ。たしかあの緑の服(?)は脱がずにコートを羽織ってたし、この仮面もさっき見た。だから間違いない。
 けど、なんでこんなときに、こんな格好でこんな雄叫び……。

「なっ、なんだこいつっ!」
「来るなーっ!」
 でももっと戸惑ったのは、連れてきたグループのほうだ。予想とかそんなものを遥かに超えて、異形の何かに出会ったみたいに怯えてる。

「ふほほほほ、ニルギアの誇り高きデワウ族、その屈強なる狩人と共に野を走り、聖なるロワメナ神の姿を許された私に、かかってくるがいい!」
 教授は絶好調だ。




Web拍手 ←Web拍手です

FT小説ランキング  毎日OK:FT小説ランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票
 順位だけ見たい方はこちら

NEVEL Ranking  月に1回:NEWVELランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票


◇イラストいろいろです。随時募集中です♪◇
シエラ学院制服  Blue Ocean  ルーフェイア・シリーズ

自サイト美術室はこちら
掲示板はこちら。お気軽にどうぞ♪


筆者サイト
↑筆者サイトへ
最新話へのリンク、改行なし版等があります
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ