挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
未踏の郷里 ルーフェイア・シリーズ13 作者:こっこ

Chapter:03 悲しみ

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

33/59

Episode:33

 あとちょっと気になったのが、あたしや教授みたいな肌と髪の色の人が、少ないことだった。
 全く居ないわけじゃないけど、かなり少数派だ。だからここじゃ、アーマル君やお姉さんのほうが、溶け込んでて自然に見える。
 面白いな、と思った。ちょっと色の組み合わせと、そこに居る人数が違うだけなのに、こんなにも雰囲気が変わる。

「なんて人なんですか?」
 アーマル君、気になるんだろう。さっきから教授に、質問ばっかりだ。
「もう80歳過ぎた方でね、イファさんと言うんだ」
 すごいな、と思う。

 シュマーの一族は、基本的に短命だ。血が薄ければ人並みだけど、ある程度以上に濃いと、30~40代でだいたい亡くなる。
 まぁその分、成長も早いのだけど……。

 あたしなんてどういうわけか人より育つのが遅いから、幾つも年下の子のほうが、よっぽど大きい有様だ。
 どちらにしても、あたしたちの倍も生きるんだから、普通の人はいろいろ有利だと思う。

「なんでもイファさんは子供の頃に捕虜になって、エバスの隣国、ネーレアムに連れてこられたんだそうだ」
 教授やアーマル君の顔が曇る。
 捕虜になって連れてこられたってことは、つまり売られたってことだ。そのイファさんがどんなところへ売られたか分からないけど……けっして楽じゃなかっただろう。

「でも、どうしてケンディクに?」
「エバスとネーレアムが小競り合いになったときに、ドサクサにまぎれて逃げ出したらしい」
 そのあと仕事を探しながら東へ流れていって、最後にこのケンディクに居ついたのだという。

「ここはほら、観光地だし保養地だから、世界中から人が集まるだろう? だから暮らしやすくていいそうだ」
「ですよね!」
 アーマル君が勢い良く言う。

 あたしはまだここへ来てから日が浅いから、彼ほどこの町に思い入れは無い。
 でもたしかに、いい町だと思う。食べ物は豊富だし、冬は暖かい。夏はそれなりに暑いけど、目の前が海だし風もあるから、けっこう何とかなる。
 これから会いに行くイファさんも、そんなとこが気に入ったんだろう。

 と、気配を感じた。
 他の人は気づいてないけど、明らかに複数が、それも前後からこっちを伺っている。

 ――どうしよう。

 その気になれば、あたしひとりで何とかなると思う。ただそれは、周りを考えないで全力で行った場合だ。
 もし実際にやったら、間違いなくアーマル君たちを巻き込む。



Web拍手 ←Web拍手です

FT小説ランキング  毎日OK:FT小説ランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票
 順位だけ見たい方はこちら

NEVEL Ranking  月に1回:NEWVELランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票


◇イラストいろいろです。随時募集中です♪◇
シエラ学院制服  Blue Ocean  ルーフェイア・シリーズ

自サイト美術室はこちら
掲示板はこちら。お気軽にどうぞ♪


筆者サイト
↑筆者サイトへ
最新話へのリンク、改行なし版等があります
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ