挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
未踏の郷里 ルーフェイア・シリーズ13 作者:こっこ

Chapter:02 謎解き

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

22/59

Episode:22

「アーマル君、行こう」
 この子らしい控えめな、でもはっきりした口調。
「けどほら、予定とか」
「大丈夫。それにその、今日、助けてもらったから……」

 ご先祖様、俺感激で、前見えなくなりそうです。
 ルーフェイアが優しいのは良く知ってるけど、俺の思いつきにまで気遣ってくれるとか、いい娘すぎる。

「行けるのかい? なら場所教えるよ。っても大学だから、間違いようないが」
 オヤジが書き付けた紙を、渡してくれた。「ケンディク大学 ニルギア文化研究室教授、ペドジフ=ロドア」って書いてある。

「ふだんは忙しい人なんだけどね、ほら、まだ冬休みだろう? もしやと思って連絡したら、大当たりさ」
 たしかに世間はもう平常だけど、俺たち学生はまだ休みだ。だからこの教授とやらも、のんびりしてたんだろう。

「ここへ来るとき使った軌道バスで3つ戻れば、大学の南門だよ。教授にはこれから行くって、連絡しておくから」
「ありがとうございます」

 3枚目のメモを手に、お礼を言って店を出る。
 なんだか、なんかの昔話みたいだ。こうやって次々何か出てきて、最後は宝箱でも出るんだろか?
 でもその手の話の宝箱、たいていお宝は入ってないから、その意味じゃ鬱だ。

 来た道戻って、また軌道バスに乗る。ルーフェイアは軌道バス気に入ったらしくて、楽しそうだった。
 冬には珍しくぽかぽか陽気の中、今度は大学の門に着く。

「建物、どれだろう……」
「シエラよりデカいな」
 大学なんて、俺たち全く縁ないワケで。
 それでもルーフェイアの手前、カッコ悪いとこは見せたくなくて、精一杯虚勢張ってみる。

「どっかで聞いてみよう」
 とは言うもののアテはないまま歩いてると、ここの学生らしい女の人がいた。すっごいグラマーだ。
 思わず胸の辺りに見とれてから、慌てて首を振る。ルーフェイアの前で、何やってんだ俺。

「あの、すみません」
 さっきの古道具屋もそうだったけど、気後れするのこらえて、話しかける。
「ここへ行きたいんですけど……」
 女の人が、俺のメモを覗き込んだ。




Web拍手 ←Web拍手です

FT小説ランキング  毎日OK:FT小説ランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票
 順位だけ見たい方はこちら

NEVEL Ranking  月に1回:NEWVELランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票


◇イラストいろいろです。随時募集中です♪◇
シエラ学院制服  Blue Ocean  ルーフェイア・シリーズ

自サイト美術室はこちら
掲示板はこちら。お気軽にどうぞ♪


筆者サイト
↑筆者サイトへ
最新話へのリンク、改行なし版等があります
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ