挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
未踏の郷里 ルーフェイア・シリーズ13 作者:こっこ

Chapter:01 捜し物

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

10/59

Episode:10

 軌道バスは要するに、路面を走る小さな列車だ。道路に専用の軌道が敷かれていて、そこを走る。
 車と違って好きなところへは行けないけれど、渋滞も交通規制もないし、路線も30くらいあって、行政区と商業区じゃ文字通り「市民の足」だった。

 ちなみに港区にこれがないのは、邪魔だったからだそうだ。人より荷物が行き交う港周辺は、馬車なんかのほうが使い勝手がよかったらしい。で、行き渡らないままになってしまったんだという。

 コインを買って乗り込むと、中は空いていた。世間は平日だからだろう。
 軌道バスが動き出して、窓から見える町並みが少しずつ変わっていく。雑多な賑わいが、華やかな賑わいへと移っていく。

 石造りの、でもアヴァンとはまた違う、柔らかな曲線を持つ建物。広めに取った、見通しのいい道路。
 その両脇を小さな軽食スタンドや、窓辺の花が彩っている。

「二駅だっけか?」
 急に聞かれて慌てる。今日はこんなことばっかりだ。
「えっと、うん、たしかそう……」
 自分でも呆れるくらい曖昧な答えだけど、アーマル君は怒らなかった。この辺はイマドに似てる。

「中央駅のそばか。店多そうだな」
 どうも探すの、大変そうだ。
 でもどうしても今日ってわけじゃないし、たまにはこんなふうに、探索で歩くのもいいだろう。
 軌道バスが一つ目の停留所を過ぎた辺りで、大きな建物が見えてくる。

「あれ、中央駅?」
「ん? 初めてか?」
 問いにあたしはうなずいた。

 長距離列車は、終着駅が港のほうだ。だから学院とどこかを行き来するときは、港の駅から乗ってしまって、行政区の中央駅は素通りしてしまう。
 そんなわけで、あたしは外からこの駅を見たことがなかった。

「降りよう」
「あ、うん」
 軌道バスが止まるのを待って、急いで降りる。

「大きい……」
 見上げた駅の大きさに圧倒される。アヴァンの駅も大きかったけど、それに引けをとらないだろう。
「何番線まで、あるのかな……」
 思わず言うと、アーマル君が笑い出した。何かあたし、妙なことを言ったらしい。

「えっと、ごめん……」
「いや、俺こそ。てかルーフェイア、面白いな」
 悪い意味はなさそうだけど、なんか微妙な言われ方だ。
 だけど考えてみても何が微妙か分からなくて、結局諦めた。代わりに、今いちばんの問題を聞いてみる。





Web拍手 ←Web拍手です

FT小説ランキング  毎日OK:FT小説ランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票
 順位だけ見たい方はこちら

NEVEL Ranking  月に1回:NEWVELランキング“ルーフェイア・シリーズ”に投票


◇イラストいろいろです。随時募集中です♪◇
シエラ学院制服  Blue Ocean  ルーフェイア・シリーズ

自サイト美術室はこちら
掲示板はこちら。お気軽にどうぞ♪


筆者サイト
↑筆者サイトへ
最新話へのリンク、改行なし版等があります
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ