挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。

夜に考えた、悩む事はそんなに悪いのか?

悩みについて、思ったまんま書きました。
 悩む事は悪いのか?

 寝つきの良い人が羨ましい。私は考え始めると眠れなくなる。一度思考が巡り出すと、グルグルと止まらなくなるのだ。ここで執筆する人には似たタイプが多いのではないだろうか?

 夜の思考巡路は狭くて暗い。私の場合あまり良い事は無い。だから寝た方が良いのだ。眠りは救い……なら悩む事は悪い事なのか?

 だけど健全な悩みや緊張は成長を促す。悩まない人は伸びないと思うし、人間的成長を遂げた人は、皆悩んで来たであろう。

 では悩みとは、何をもって健全と不健全とに分かれるのか?

 それは行動だと思う。

 動きながら悩む人、動きながら傷ついた人は、動くゆえに状況が変わるから、悩みも回転しだす。

 そして一つ一つの悩みを解決もしくは保留して、さらに大きな悩みに直面してもがく内に、最初の悩みはもう悩みでは無くなる。

 そうして一人の人間に降りかかる状況というのは、慎ましく生きている限り、そうは激変しない。

 もちろん例外はある。本になるような奇想天外、数奇な運命に翻弄され、人生の荒波がこれでもかと襲いかかる人もいるだろう。

 それでもできる事は、目の前の一つ一つの悩みを、動きながらこなしていくしか無いのだ。できない事は、ステージが変わったのだと諦めながら。

 この時の「動き」とは、自分にとっての動きで良いと思う。人から見たら、何にもしていない様に見えても、自分の中で一つの動きがあれば良い。

 例えば一日の内一度は外に出る、とか、ネットサーフィンの合間に、少しだけニュースを見るとか、就職してる人は仕事に関する報告書に目を通すとか、好きなコーヒーを買いに行くとか。

 できれば人と関わる方が良い。そして二、三言話すとなお良い。

 人間はそんなに悪意ばかりでは無いし、悪意は弱さの裏返しだったりするし、強そうな人が弱かったり、弱そうな人が強かったりする事が分かる。

 世界が広がれば、それだけ怖さは薄れる。知らないから怖いのだ。

 例えばバツイチなんて無駄な事したね、という人もいるかも知れないが、経験したという事実は消えない。結婚しなかった場合とは決して違う何かが残る。

 恋愛にしても、人付き合いにしても、たとえ傷つき、傷つけられても、何も無かったのとは違う。そこには動きが有り、動いた記憶は脳に、体に刻まれている。

 刻まれた何かは、次に動く時に何かを分泌する。それゆえに年を取ると脆くなるし、強くもなる。したたかな方の強さだ。

 だから悩んで良いのだ。動きを伴うために、先ず一歩の勇気を。馬鹿にされても良い、死にはしないというひたむきさ。頭の回転を得るために、とりあえず寝るのだ。

 だからお日様を浴びている間に、悩んで、動いて、もがくのだ。

 その姿を誰かは見ている。サボりも、ひたむきさも。もし見てくれる人がいなかったら、ステージを変えれば良い。それも動きの一つだ。

 それに向けての心の余裕だけは使い切ってはいけない。灰になるまで燃え尽きてはいけない、リアルで思考に酔うのは危険過ぎる。

 良い人を目指さず、粘り強いひたむきさをもって、正しく悩みたい。かっこ悪くても良い。正解は無いし、失敗は必ずある。

 問題は失敗を恐れて立ち止まる事で、でも正しく悩んでいたら、その思考が背中を押してくれる。

 だから夜の思考はほどほどに、暗闇に沈む幸福を甘受してほしい。

 酒、タバコ、オナニー、深夜番組、夜食などの無益を一旦冷静に見つめ直して、今日だけはやめてみよう。もちろんちょっとだけならしても良い。でもほどほどに。自慰行為は五分まで、イキそうになる手を緩めては行けない。

 セックスは良いと思う。あれは究極の人と人とのお付き合いなのだ。粘膜一枚づつを介して一つになるのは、何も肉体だけでは無い。共有するのは生の悦び。そこで生の誕生をもたらすか否かは、冷静に判断してほしい、特に男性は。女性は傷つくし、男性も場合によっては全てを失ったりする。

 セックス以外にオススメなのは、やはり睡眠だ。必要なら薬のサポートも良いだろう。でも酒との併用はやめておこう。

 そして目覚めた時、気持ちが浮いていたら、前日よりほんの少し動いてみる。
 波及効果はより強く、前回の動きと共鳴してパワーを増幅させる。負の連鎖を断ち切って、正の連鎖を始めよう。そうならなくとも、そのイメージを思うだけでいいと思う。

 無駄は無いと信じて、動いて悩もう。言い訳はせず、でも自己主張も挟みつつ。抜けないトンネルは無い、不調時は今が底だと思って、底から明るい世界を見上げれば良いと思う。
何故悩みについて書いてるのにオナニーとか出てくるのか? 品性の無さが情けなくも、けっして嫌いではない。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ