挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

Smile Japan

寄り添う人々

作者:大橋 秀人
独りぼっちになってしまった少年は、小高い丘の頂上で夜空を見上げていた。

ひどく冷たい風が首筋に巻き付き、彼は一つ身震いをする。

周りには灯り一つない。

でもなにも見えないわけじゃない。

夜空を漂う月が、少年の周りを優しく照らしていた。

星たちも浮かんでいる。

一筋、流れ星―――とても長い線を描き、それは彼の足元へ落ちてきた。

白く、優しく発光する星が、一つ、また一つと落ちてくる。

少年が再び空を見上げると、何百何千何万、何億もの星が、今、まさに振り落ちてきている最中だった。

大小さまざまな星たちが、さまざまな光り方で彼を過ぎ去っていく。

星屑が彼の頬に零れ、額を濡らし、全身を包んでゆく。

あたり一面が星に満たされ、少年はいつしか光の海に身を委ねていた。

大地と空の境目がなくなり、浮いているのか沈んでいるのか、立っているのか寝ているのかすら分からなくなる。

ただ、意外に不安は起きなかった。

そればかりか、心の奥底に眠っていた暖かな気持ちが湧いてくるのを感じた。

なんとも言えない気分だ。

いつ以来だろう、こんなに安らいだ気持ちになれたのは。

少年は光のベッドに身を委ねる。

やがてそばに誰かがいることに気付く。

その人物は光の中から浮き出して、にっこりと少年にほほえみかける。

誰かに似ているが、誰に似ているのかはわからない。

その人の正体を突き止める前に、また同じような人物が光の中から浮き出してくる。

一人、また一人と。

おじいちゃん、女の子、青年、赤ちゃん。

そのだれもが微笑んで、少年に寄り添っていた。

そうか、この人たちはきっと…。

薄れゆく意識の中、少年はそれら全ての元である何かを発見し、納得したように目を閉じたのであった。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ