挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

病気の原因は体内に溜った薬毒の固結が、溶解排除される苦痛である事

(岡田茂吉師の論文です)
毒素とは何か(岡田茂吉師の論文です)


 病気の原因は体内に溜った薬毒の固結が、溶解排除される苦痛である事と、医学はその苦痛を逆解し、

溶けようとする毒素を固める事であるが、それには毒を体内に入れて弱らす事である。というのは毒素排

除すなわち浄化作用なるものは、人間が健康であればある程旺盛なものであるからである。そこで浄化作

用を停止する事で、それには健康を弱らす事である。その理を知らない人間は、昔からその毒を探し求め

飲ませたところ、からだが弱り、浄化が弱り、苦痛が軽減したのでそれで治ると思い、有難いものとして

薬と名付け、病気の場合これを唯一のものとして用いたのである。これについて有名な漢〔蘭〕方の名医

杉田玄白のいった事は、「薬は毒である。治病に薬を飲ませるのは、毒をもって毒を制するのだ」との言

葉は至言である。ただいささか徹底しない点は、毒をもって毒を出さないようにするといった方がなおハ

ッキリする。この理によって毒の排除を止めるに毒をもってする以上、古い毒素の上に新しい毒素を追加するので、古い毒の固りの外に新しい毒の固りが増えるから、最初より浄化が悪性となる。それに対しまた新しい毒を入れるから、段々毒が増えてゆき、からだは弱る上に弱るので、浄化の力も弱くなる。こう

なった人は顔色悪く、風邪引き易く、元気なく、常に医者と薬に浸りきりになり、生ける屍のごとくなっ

て、年が年中苦しみ通しであって、一人前の仕事など到底出来ない哀れな者である。しかもそうなっても

その原因が分らないから、相変らず次から次へ医師を取換え、新薬を探し求め、灸や禁厭まじない

民間療法、信仰等に遍歴しているが、それでも根本が分らないため、散々金を使った揚句あげく、苦

しみながらあの世行となるので、この因はといえば医学の誤りであるから、この罪悪こそ驚くべく恐るべ

きもので、結果からいえば医学は悲劇の製造元であるといってもいい。
 このように私は思い切って赤裸々にかいたが、これを読んだ医学関係者は何と思うであろう。中には憤

慨する者もあるであろうが、全人類救済上止む事を得ないので、小の虫を殺して大の虫を助ける訳であっ

て、これこそ神の大愛によるのであるから、むしろその恩恵に感謝すべきである。その結果病なき人間が

増えるとしたら、この世界はどうなるであろうか。今までの地獄世界は一転して、地上天国、極楽世界と

なるのは必然で、想像するだに歓喜幸福の希望が湧くであろう。



(岡田茂吉師の論文です)

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ