挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

『この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!』にもの申す

作者:青山 つばさ
 勇ましく作品タイトルを書いたものの、先頭行から既に後悔しています。小心者で、すいません。

 作者は、普段、歴史小説を書いておりますが、読むほうも好きで様々なジャンルを読んでいます。
 その際に気づいたことがあります。この場を借りて『この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!』が実に当てにならんわいっ!と声を大に(フォントを大に?)して、作者は申し上げたいのです。

 読者のみなさま、いかがでしょう? 『この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!』をご覧になっていただけますか? それらしい作品がピックアップされていますか? それらしい作品もあると思いますが、『ちっちっちっ。違うんだよぉ!』という作品が数多いと思います。
 本来は、『この機能は、読者が検索以外の方法で好みの小説を探しやすくすることを目的としています。』とのことですが、当てにならないですよね。
 例えば、作者は戦国時代の信長モノの歴史小説を執筆しておりますが、『拙作の読者さまはどのような作品に興味あるのでしょう?』と確認しますと、は? スライム? いえね、人気作ですから、読者は多いと思いますが、テイストが全く違う作品がリスト化されるのはどうなんでしょうか。拙作読者さまの好みの小説とは思えない作品が数多くリストアップされています。しかも、いわゆる人気作だけ。

 作者は、このようなデータ集計や表示など、IT系の仕事をしていた関係で、どのように『この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!』を表示しているのか、というのがだいたいわかってしまうのです。

『ちっちっちっ。違うんだよぉ!』は次のように作成されています。
 現在読んでいる作品をブックマークをしている方のブックマークを作品ごとに集計していきます。仮にこの集計作業を『ステップ1』としましょうか。
 はい、集計するのは当然です。ただし、そこからがいけません。

『ステップ1』の集計結果を大きい順に今は約30ほどでしょうか。ピックアップしています。その集計結果というのが、678userとか書いてある678なんです。数字の大きい順にピックアップしているので、殆どの方がご覧になったことのあるような人気作品が大半を占める『ちっちっちっ。違うんだよぉ!作品リスト』のできあがりです。要らない情報。既に知ってる作品ですよね。

 この集計作業というのは、少々時間が掛かる作業です。もちろん、人間が手作業で集計せずに、プログラム様が仕事をなさっていて、実際に頑張られるのはサーバーというコンピューター様です。

 恐らく、一日一回。作品ごとに『ちっちっちっ。違うんだよぉ!作品リスト』をつくっています。表示については、毎回順番を変えていますが、そもそもが『ちっちっちっ』ですので、読み手にはそれほど役に立ちません。

 さて本題。『ステップ1』の後に、パーセンテージを計算する『ステップ2』の演算作業をいたします。何のパーセンテージかといえば、『ステップ1』の作品ごとに、占有率と申しましょうか。ブックマーク入れてる率を計算させます。それから、せめてジャンルぐらいは同じものに限定しませんか?

 そうすれば、恐らく『ほうほう。これこれ。これを読みたかったんだよぉ!作品リスト』に近くなると思いますが、いかがでしょうか。運営様。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ