挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

けれど僕はこの場所で生きて行く

作者:Free radical
西暦2415年。地球外から輸入された特殊鉱物精製所に一発のミサイルが撃ち込まれた。暴発を起こした鉱物性燃料はエルニの街の半分近くを焼き払った。
十年後。エルニと、この精製所を守るために設置されたエルニタン基地。そこに養成所を卒業したばかりの新米整備士、ロイ・オルコットが配属となった。そして入って早々から、人手不足となれない作業に追われていた。
そんな中でエルニタン基地に、敵である宇宙移民リジルに対抗するための新型のプロトタイプ機とテストパイロットが配属される事となった。ウィルという若きパイロットは民間から異例の抜擢を受け、抜群のセンスを持っていたが、気難しくて気性が激しいためロイ達、整備班とぶつかる事も多かった。
 だがある事件をきっかけにウィルはロイを認め、ロイとウィルはバディとなる。
ロイは目立たないながらも卓越した観察力を発揮し、ケイローンをウィルが扱いやすいように次々に改良を重ねて行く。彼らは互いの職種を越えた信頼関係を築いていった。
プロローグ・エルニタン基地へ
2017/09/06 00:56
新米整備士
2017/09/07 09:19
新型戦闘機
2017/09/07 14:02
テストパイロット
2017/09/07 23:55
嫉妬
2017/09/09 00:27
問題のテストパイロット
2017/09/09 00:30
スクランブル
2017/09/09 00:35
機付長となった新米整備士
2017/09/10 00:02
いつもとは違う日常
2017/09/10 00:04
異色な二人
2017/09/11 10:00
ミア
2017/09/11 23:31
クリスマスとアクロバット飛行
2017/09/12 23:58
贖罪
2017/09/13 22:28
ウィルの作戦
2017/09/14 14:16
狂気の果てに
2017/09/14 14:19
本来の日常
2017/09/15 23:51
成層圏での死闘
2017/09/16 23:53
地上から空を見上げて
2017/09/17 23:47
けれど僕はこの場所で生きていこう
2017/09/17 23:53
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ