挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
水霊の巫女 作者:奈備 光
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

9/14

第 8 章 「草原」

 同じ頃、パブではクイックバード、オルカバにその妻ビオラシードが加わって噂話に花を咲かせていた。
 館の女中をしているビオラシードがイレーヌの世話係だった掃除婦のメグについて話していた。

「あの娘が辞めさせられるちょっと前のことだよ。いつものように食事を持って行ったんだって。メグが行く時間には、婆様はちゃんとお茶を用意して待っていたそうだよ。なのに、その日にかぎって婆様の姿が見えない。畑の辺りを探しても見つからない。メグは村の中をうろついているうちに思いついたんだ。婆様が以前話してくれたことのある井戸にいるんじゃないかって。それでメグは、井戸がある広い草むらに入っていった。その中にあると聞いていたんだね。踏み跡を見つけて、ずんずん進んでいった。すると、コティお嬢様の姿が見えたんだって」
 ビオラシードの声は噂話らしい声色になり、いかにも自分が見ていたような口振りになる。


「普段、メグはコティお嬢様には近づかない。でも、そのときは婆様のことがあるから、恐る恐る近づいていった。すると、草に隠れて見えなかったんだね。コティお嬢様は、ぽんと開けた空地に立っていた。そして、そこには井戸があり、今まさに婆様が水を汲み上げようとしていた。メグは婆様に駈け寄ろうとした。手伝うためにね。それをお嬢様が黙って鞭を上げて遮ったんだ」

 コティはメグには見向きもせず、イレーヌを見つめていた。
 イレーヌは地味な茶色の古ぼけた服を着ていた。紐できつく絞ったギャザーの襟ぐりから、細い首が突き出している。
 力を入れるたびに、首の血管が浮き出る。小さな体にアンバランスにのっかっている伸び放題の白い髪。血の気の失せた浅黒い顔。刻まれた深い皺。
 色の薄い瞳からは、どんな感情も読み取ることができない。

 黒い雲が強い風に流されていく。
 イレーヌの髪が乱れて顔を隠した。
 イレーヌは辛そうにロープを手繰り上げ、水の入った重い桶をつかむ。
 力のない痩せこけた腕。くるぶしをあらわにした足。いつもの革のサンダルを履いていない。素足だった。
 よろける。桶から水がこぼれ落ちる。それでも、足元に置いた水入れの中に井戸の水を移し替える。
 それはわずかな量だった。


 唐突に、コティが居丈高な声を浴びせかけた。
「おまえ、今の格好が一番いい! ここの風景に似合っているわ!」
 イレーヌは何も言わず、桶を井戸の縁の上に置いた。
「雨の中でもおまえを見てみたい。イレーヌ、いいこと。明日も同じ時間にここに来るのよ!」

 老婆は黙ったまま、草むらの中に入っていった。
 曲がった背よりはるかに高い草に隠れて、すぐに姿は見えなくなった。
 コティが井戸の周りを一回りして中を覗き込んだ。メグなどそこにいないかのように一瞥もくれない。そして馬にまたがった。

 メグの顔は怒りで火照り、引きつっていた。
 しかし、前を通りすぎていくコティに顔色を悟られないように、黙って頭を下げ続けていることしかできなかった。

「メグはこの話を、その日のうちに私にしてくれたのさ。涙ぐんでいたよ。やさしい娘だったのさ。お屋敷を辞めたのは、いや追い出されたというべきだね、それからすぐのことだよ。理由は聞かされなかったけどね。この話を知っているのは、お屋敷の中でも多くはないよ。きっと、私とファインコルトさんだけだろうね」
cont_access.php?citi_cont_id=690017836&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ