挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

エッセイぽい何か

短編作品のランキングを大きく左右するのは、逆お気に入りユーザー数ではあるまいか ~ポイントが入らず悩んでいる方へ~

作者:貞治 参
 投稿した短編作品のPV数を増やそうと思ったとき、どのような手段を用いるべきか、ということについて考えました。



 日頃から思っていたことなんですが、たとえば短編作品を投稿して1週間程度のトータルのPV数って、(ジャンル別あるいは総合)ランキングに載るかどうかで大きく変わってきますよね。

 で、ランキングに載るかどうかって、その作品の評価ポイントで決まるわけですけど、特に注目されている作品でなければ、だいたい投稿後、1日から2日以内に入るポイントに大きく左右されますよね。

 で、その2日以内に入るポイントって、その作品を読んだ「日頃から評価ポイントを付けているユーザー」の数に依存しますよね。たとえば、3:3という評価をする人が二人いれば、5:5という評価をする人一人の場合よりも、トータルではポイントが高くなります(当然、平均値では劣るわけですが)。つまり、何点をつけるか、よりも評価点を付ける人が何人いるか、のほうがウエイトとしては大きいのではないか、と思うわけです。

 で、ある作品を投稿した時に、たとえば2日以内に30人くらいに読まれるとして、その中に何人評価を行う人がいるか、というのが、ここでは重要になってくるわけです。

 で、実際のところ、評価をしてくれる読者を確保するのって難しいんですよね。運に頼るしかないというか。ほとんどの読者はポイントを入れることなく読んでスルーするわけですし。でも、その部分をある程度制御することができるシステムがあるんですよね。それが、お気に入り機能なのです。たとえば、常に(何点でもいいので)評価をしてくれる逆お気に入りユーザーが10人いれば、最低でも20ptは入るわけです。過疎ジャンルならこれだけでTop5に入ります。最高では100ptも入ります。日間総合ランキングが見えてきますね。

 で、まとめると、

 ①最終的にPV数をとにかく増やしたいなら、ランキング入りは避けては通れない。

 ②ランキングに入るにはポイントが必要(特に投稿2日以内における)。

 ③ポイントを稼ぐには、評価をしてくれる人に巡り合うことを祈るだけではなく、評価をしてくれる逆お気に入りユーザーを確保する必要がある。

 ということなんです。



 現状、「純文学」や「ホラー」などの過疎ジャンルにおいてランキングTop5に入る短編作品の作者はだいたいが「常連さん」で、かつ、「逆お気に入りユーザーをある程度有している方」のように思われます(もちろん、例外はありますが)。

 (特に過疎ジャンルにおいて)短編作品を投稿しているけれども、全然ポイントが入らないと嘆かれていらっしゃる作者様もおられると思います。ある意味では、それは当然のことなのです。積極的に評価をつけてくれる人と交流を行わなければ、そもそもポイントを入れてくれるような読者に巡り合う確率が極端に低いのが、今の「なろう」の現状なのです。

 「そんなこたあ言われなくても知っとるわ!」とか「ランキング上位の作者がさも悪いことしているように言いふらすのはやめろよ!」とか「底辺作者の僻み乙!」とか「逆お気に入りユーザーがたくさんつくほど実力があるってことだろ? だったら正当な評価じゃん」とか「お前の主観を絶対視すんなよ」とか、そんな的外れな意見が寄せられるのではとも考えましたが、上記の考えをエッセイにして投稿することにしました(ただし、感想欄は封鎖中)。

 「なろう」で活動を始めたばかりの新人作家さんや、活動歴はあるけれど作品投稿だけにとどまり、あまり他作者さんと交流をしてこなかった作者さんの参考になれば幸いです。



(余談ですが、「過疎ジャンルのランキングTop5に入っている作品」の評価ポイントを一体誰が入れたのか、というのは実は割と簡単に探ることができます(手間はかかりますが)。もしそれを一覧にしてみれば、過疎ジャンルの短編作品のランキングを決定しているのは、実は特定の、極少数の「なろう」ユーザーである、ということが示されるのではないか、と私は考えています)
悪名高き相互評価クラスタ問題とは、基本的に関係のない話です。ご注意を!

追記(2017/3/29)
今思ったんですが、そもそも過疎ジャンルに作品を投稿する作者自体が少数で、ほぼ常連さんだけのような……。だとすると、議論が色々崩れる可能性があります。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ