挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
世界の狂う重さ 作者:ん?ん?ん?ん!!
17/200

8話 千鶴子(再)登場

どことなくほっとした風な声で、それでも皮肉を言う栞。
「やあ千鶴子君、君はいつもいつも元気だねぇ」

「うふふ、そうよぉ。元気なのが私のステータスだからね!!」

無意味にビシッとポーズを決める千鶴子さん。
青っぽいスカートに、上は黒のジャージを着ている。その隙間から覗く白い服は、制服だろうか。
外見からだけでは、【代償】を伺う事が出来ない。
が、一つ気になる点があるとすれば、ポーズを決めたせいで強調された、肘まで覆う真っ白な手袋だろう。

整った顔―――かわいい、というよりは、美人という表現がしっくりくる―――が、少しヒクヒクしている。きっと、この雰囲気を何とかしようと、気をきかせてくれたのだろう。
意識して少し明るめの声を出し、千鶴子さんに挨拶する。

「貴方が千鶴子さんですね。どうぞよろしく。」

「こちらこそよろしく、茉莉君。…………………ふふ。君の体はなかなか良かったわよ。また今度、是非【貸して】ちょうだいね。」

「はは。まぁ、気が向いたら。」

「まぁ、気が向かなくても貸してもらう事は出来るんだけど、ソコは貴方の意思を尊重するわ。同意があった方が色々こちらとしてもいいしね。」

なにげに、この人の能力は、非常におそろしいな。
【体の自由を奪われる】事に比べたら、頴娃君の心を読むくらい、大したことないんじゃないか……………と、そんな風に思えた。

「駄目だよ茉莉君、ソコできっちり断っておかないから、増長するんだよ。」
栞も会話に加わってきた。
というか、それを君に言われる筋合いは無いと思うが。

「意外と速かったですね、千鶴子さん。例の本は見つかりましたか?」
と頴娃君が聞くと、少し残念そうな顔で、千鶴子さんが答えた。

「ごめんね。まだ見つかってないの。」

「いえ、いいんです。もともと、あるかどうかも分からないものですから。」

「そう?まぁ此処を探索するの結構面白いから、今度はあっちの方を探してみるよ。」

「そうですか?それは助かります。」

「いいっていいって。じゃ、そういう事で。また会いましょうお二人さん。」

そう言って、救世主は颯爽と去っていった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ