挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

大公爵令嬢エレノア 本編・スピンオフシリーズ

大公爵令嬢 唯一の敵は天使の微笑

作者:爽村 愛
公爵家7つの内、筆頭公爵家であるが故に、大公爵の爵位を賜った家に生まれた令嬢エレノア。
見目麗しく、花のような微笑みで大人たちを虜にして生きてきました。
しかし、5歳のある日、人気ナンバーワンを脅かすはじめてのライバルと出会ってしまいます。そのライバルは、なんと天使の微笑みを持つ男の子でした。
その男の子実は、エレノアの住む国エクスグレイトペリー王国の王太子さま。

大公爵令嬢と王太子殿下、次々に思い浮かべるアイデアで周りを巻き込み、競い合うように豊かさを与えていきます。そして、そのライバル心は二人が、社交界の華となっても静まることなく・・・。

小さなライバル心を糧に、成長していくご令嬢の物語。大公爵や、ご家族、沢山の使用人に愛され過ぎる箱入り令嬢でありながら、年齢とともに、少しずつ生きる世界が広がっていく様子をお楽しみ下さい。

本作にて楽ノベ文庫賞をいただきました。
270万pv突破。ありがとうございます。

※王太子さまは目線(モブキャラ物語も)は、シリーズ登録しましたスピンオフを。スピンオフも完結済です。
※ショートスピンオフ2作品シリーズに追加しました。
子供時代編 5歳の春
【5歳の春】はじめての宮殿訪問
2015年 10月 18日
子供時代編 7歳の夏
【7歳の夏】お屋敷にて
2015年 10月 18日
【7歳の夏】作戦準備
2015年 10月 19日
【7歳の夏】作戦決行
2015年 10月 20日
【7歳の夏】 後日談
2015年 10月 20日
子供時代編 10歳の秋
【10歳の秋】 異国からのお客さま
2015年 10月 21日
【10歳の秋】タウンハウスでのレッスン
2015年 10月 21日
【10歳の秋】タウンハウスで過ごすとき
2015年 10月 22日
【10歳の秋】三度目の勝負のとき
2015年 10月 22日
【10歳の秋】再びの・・・
2015年 10月 23日
【10歳の秋】その後、卒業の時
2015年 10月 23日
子供時代編 13歳の冬
【13歳の冬】待つということ
2015年 10月 23日
【13歳の冬】家族会議
2015年 10月 24日
【13歳の冬】冬の国
2015年 10月 24日
【13歳の冬】異国への旅立ち
2015年 10月 25日
【13歳の冬】緑豊かな風景を抜けて
2015年 10月 25日
【13歳の冬】はじめての外泊
2015年 10月 25日
【13歳の冬】離宮へ
2015年 10月 26日
【13歳の冬】思い出話
2015年 10月 26日
【13歳の冬】国境の街へ
2015年 10月 27日
【13歳の冬】辺境地の精鋭さん
2015年 10月 27日
【13歳の冬】耐え忍ぶということ
2015年 10月 28日
【13歳の冬】雪山を登って
2015年 10月 28日
【13歳の冬】外交デビュー
2015年 10月 29日
【13歳の冬】国を出たくない訳
2015年 10月 29日
【13歳の冬】冷たさと暑苦しさと
2015年 10月 30日
【13歳の冬】はじめての協力依頼
2015年 10月 30日
【13歳の冬】やってみたらば
2015年 10月 31日
【13歳の冬】ここまで来るとお決まりの・・・?
2015年 10月 31日
社交界編 15歳の早朝
【15歳の早朝】ブライズメイドの朝はお悩みがひとつ
2015年 10月 31日
【15歳の早朝】社交界って美しさなの!?
2015年 11月 01日
【15歳の早朝】幸せな歌声と女神
2015年 11月 01日
社交界編 16歳の午後
【16歳の午後】デビューへの準備
2015年 11月 02日
【16歳の午後】社交界は調査の場
2015年 11月 02日
【16歳の午後】初めてのワルツ
2015年 11月 03日
【16歳の午後】サロンへの招待状
2015年 11月 03日
【16歳の午後】文化の香りを探して
2015年 11月 03日
【16歳の午後】ご視察ですか?
2015年 11月 04日
【16歳の午後】茶園散策
2015年 11月 04日
【16歳の午後】ピクニックバスケットにお茶を添えて
2015年 11月 05日
【16歳の午後】お茶工房
2015年 11月 05日
【16歳の午後】ミルクを入れないお茶の会
2015年 11月 06日
【16歳の午後】再び、離宮へ
2015年 11月 06日
【16歳の午後】文化交流お茶会
2015年 11月 06日
【16歳の午後】やはり 放っておいてはくれませんか
2015年 11月 07日
【16歳の午後】そして、もう一段・・・
2015年 11月 07日
社交界編 17歳の夕暮れ
【17歳の夕暮れ】17歳バースデーの伝統
2015年 11月 07日
【17歳の夕暮れ】晩餐会のお料理は
2015年 11月 08日
【17歳の夕暮れ】晩餐会へようこそ
2015年 11月 08日
【17歳の夕暮れ】数々のプレゼント
2015年 11月 08日
【17歳の夕暮れ】そしてスペシャルなプレゼントも
2015年 11月 09日
【17歳の夕暮れ】お馬のレッスン
2015年 11月 09日
【17歳の夕暮れ】お馬のレッスンは、合宿に!?
2015年 11月 10日
【17歳の夕暮れ】辺境伯さま再び
2015年 11月 10日
【17歳の夕暮れ】3度目の離宮訪問
2015年 11月 11日
【17歳の夕暮れ】迎賓館パーティは誰のため?
2015年 11月 11日
【17歳の夕暮れ】パーティーをご満喫下さい!
2015年 11月 12日
【17歳の夕暮れ】勝負はしていないはず、なのですが
2015年 11月 12日
社交界編 18歳の夜
【18歳の夜】眠りの前に想うもの
2015年 11月 13日
【18歳の夜】プラチナムプラムへの旅立ち
2015年 11月 13日
【18歳の夜】モデル場所巡り
2015年 11月 14日
【18歳の夜】深夜のお客さま
2015年 11月 14日
【18歳の夜】国に帰りましょう
2015年 11月 15日
【18歳の夜】気づいたとたんに
2015年 11月 16日
【18歳の夜】部屋にこもって
2015年 11月 16日
【18歳の夜】甘い癒し
2015年 11月 17日
【18歳の夜】お父さまお願い!
2015年 11月 18日
【18歳の夜】転んでもただで起きる訳には参りません
2015年 11月 18日
【18歳の夜】今回ばかりは
2015年 11月 19日
エピローグ
【22歳のある晴れた日】本当のライバルは
2015年 11月 19日
cont_access.php?citi_cont_id=532042746&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

ヤンデレ系乙女ゲーの世界に転生してしまったようです

 リコリスは奇妙な既視感に悩まされる大人びた子供だ。ある日父親から自分の婚約者について聞かされたリコリスは、それが前世でプレイした乙女ゲームのキャラクターである//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全69部)
  • 1198 user
  • 最終掲載日:2016/02/10 22:51
復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる

大学へ向かう途中、突然地面が光り中学の同級生と共に異世界へ召喚されてしまった瑠璃。 国に繁栄をもたらす巫女姫を召喚したつもりが、巻き込まれたそうな。 幸い衣食住//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全67部)
  • 1184 user
  • 最終掲載日:2017/01/14 20:46
お前みたいなヒロインがいてたまるか!

アラサーOLだった前世の記憶を持って生まれた椿は4歳の時、同じく前世の記憶持ちだと思われる異母妹の言葉でこの世界が乙女ゲームの世界だと言う事を思い出す。ゲームで//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全164部)
  • 1272 user
  • 最終掲載日:2016/12/09 00:00
乙女ゲーム六周目、オートモードが切れました。

気が付けばそこは、乙女ゲームの世界でした。ハッピーでもバッドでもエンディングは破滅までまっしぐら、家柄容姿は最高なのに性格最悪の悪役令嬢『マリアベル・テンペスト//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全69部)
  • 1230 user
  • 最終掲載日:2016/12/29 18:21
令嬢はまったりをご所望。

悪役令嬢の役を終えたあと、ローニャは国の隅の街で喫茶店の生活をスタート。まったりを求めたが、言い寄る客ばかりで忙しく目眩を覚えていたが……。 ある日、最強と謳わ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全49部)
  • 1107 user
  • 最終掲載日:2017/01/17 12:50
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全179部)
  • 1739 user
  • 最終掲載日:2017/01/09 16:01
悪役令嬢、時々本気、のち聖女。

 名門アンドール侯爵家の令嬢、エリカ・アンドール。  彼女は次から次へと男を手玉に取る悪女。そして気に入らない相手には、力でもって制裁を加える傲慢な人間。――っ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全123部)
  • 1235 user
  • 最終掲載日:2016/07/29 10:00
私はおとなしく消え去ることにします

私は転生した。転生したのは国の防衛を担う武の公爵家だった。先視の才を持つ私は断片的な未来を見る。そして知った。私には戦う力がない。それを持つのは弟だと。そのこと//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全59部)
  • 1182 user
  • 最終掲載日:2017/01/09 04:00
転生したので次こそは幸せな人生を掴んでみせましょう

車に轢かれるという残念な結末を迎えたと思ったら、気付いたら赤ん坊に。しかもファンタジーな世界の住人になっていました。マジですか。  というかよくよく考えれば、//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全177部)
  • 1196 user
  • 最終掲載日:2016/12/10 12:12
誰かこの状況を説明してください

貧乏貴族のヴィオラに突然名門貴族のフィサリス公爵家から縁談が舞い込んだ。平凡令嬢と美形公爵。何もかもが釣り合わないと首をかしげていたのだが、そこには公爵様自身の//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全174部)
  • 1337 user
  • 最終掲載日:2017/01/11 22:49
魔法使いの婚約者

剣と魔法の世界に転生したこの私。復活した魔王、聖剣に選ばれた勇者―――――そんな王道ファンタジーが繰り広げられる中で、与えられたポジションは魔法使いの婚約者。(//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全40部)
  • 1387 user
  • 最終掲載日:2016/05/27 08:04
男爵令嬢は、薔薇色の人生を歩みたい

継母に疎まれ命を落とした精霊術師の王女は、500年後、同じ国にセンゲル男爵の娘フェリシアとして生まれ変わった。今度は前世のような最期を迎えないように、良い子の仮//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全112部)
  • 1365 user
  • 最終掲載日:2015/11/12 00:18
悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される

婚約破棄を言い渡され、国外追放されるはずだったティアラローズ。 「ここって、私がプレイしていた乙女ゲームだ!」そう思い出したのは、物語エンディングの前日だった―//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全48部)
  • 1187 user
  • 最終掲載日:2016/12/29 23:13
ドロップ!! ~香りの令嬢物語~

生死の境をさまよった3歳の時、コーデリアは自分が前世でプレイしたゲームに出てくる高飛車な令嬢に転生している事に気付いてしまう。王子に恋する令嬢になれば暗い未来が//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全56部)
  • 1503 user
  • 最終掲載日:2017/01/12 22:38
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻した。私、カタリナ・クラエス公爵令嬢八歳。 高熱にうなされ、王子様の婚約者に決まり、ここが前世でやっていた乙女ゲームの世//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部)
  • 1560 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 19:18
悪役令嬢後宮物語

エルグランド王国には、とある有名な伯爵令嬢がいた。 その麗しい美貌で老若男女を虜にし、意のままに動かす。逆らう者には容赦せず、完膚なきまでに叩き潰し、己が楽しみ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全128部)
  • 1222 user
  • 最終掲載日:2016/02/14 09:00
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全157部)
  • 1258 user
  • 最終掲載日:2017/01/17 00:00
第三王子は発光ブツにつき、直視注意!

相手のオーラが見える貧乏伯爵令嬢のリナは、ある日王宮に行くことになる。そこで出会ったのは、あまりにも眩しすぎるオーラを持った第三王子のジルベルトだった。直視でき//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全48部)
  • 1183 user
  • 最終掲載日:2016/08/28 12:00
聖女の魔力は万能です

二十代のOL、小鳥遊 聖は【聖女召喚の儀】により異世界に召喚された。 だがしかし、彼女は【聖女】とは認識されなかった。 召喚された部屋に現れた第一王子は、聖と一//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全28部)
  • 1149 user
  • 最終掲載日:2017/01/09 19:00
勘違いなさらないでっ!

 男女の仲を破滅させ浮名を流し、兄と妹の結婚話の障害物として立ちはだかる悪女、シャナリーゼ・ミラ・ジロンド伯爵令嬢。すっかり気に入った悪女の役を、本当の自分をさ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全106部)
  • 1125 user
  • 最終掲載日:2016/12/17 22:00
転生したけど、王子(婚約者)は諦めようと思う

 ノイン王国宰相・ザリエル公爵には、一人娘がいる。  銀色の髪にアメジストのような澄んだ瞳を持つ美しい娘・クリスティーナだ。  彼女の幼い頃からの婚約者は、ノイ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全21部)
  • 1354 user
  • 最終掲載日:2017/01/05 22:00
狼領主のお嬢様

自らの贅沢の為に、悪逆の限りを尽くした前領主一家。その一人娘だった私は、使用人であり恋人の彼が、領主の尻尾を掴もうと潜り込んでいた間者だと知った。 そして、領民//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全20部)
  • 1144 user
  • 最終掲載日:2016/06/19 06:34
非凡・平凡・シャボン!

※ 2016年9月12日、アリアンローズ様より第一巻が発売されました。 ※ 2016年8月17日、本編完結しました。 ※ 2016年9月14日、後日談完結しまし//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全178部)
  • 1115 user
  • 最終掲載日:2016/09/14 00:00
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全271部)
  • 1709 user
  • 最終掲載日:2017/01/15 23:34
婚約破棄の次は偽装婚約。さて、その次は……。

伯爵の娘であるアナベルは、父伯爵が亡くなった途端、従兄から不貞を理由に婚約を破棄される。それはまったくの濡れ衣だが、アナベルも従兄が嫌いだったので、婚約破棄はこ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全75部)
  • 1140 user
  • 最終掲載日:2016/12/11 21:45
転生王女は今日も旗を叩き折る。

 前世の記憶を持ったまま生まれ変わった先は、乙女ゲームの世界の王女様。 え、ヒロインのライバル役?冗談じゃない。あんな残念過ぎる人達に恋するつもりは、毛頭無い!//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全88部)
  • 1461 user
  • 最終掲載日:2017/01/16 00:00
わたしはふたつめの人生をあるく!

 フィーはデーマンという田舎国家の第一王女だった。  このたび、大国オーストルの国王で容姿端麗、政治手腕完璧、ただひとつ女性に対して冷たいのをのぞけば完璧な氷の//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全166部)
  • 1419 user
  • 最終掲載日:2016/07/01 07:15
悪役令嬢の取り巻きやめようと思います

気付いたら、悪役令嬢の、取り巻きBでした! あれ?これって娘が前にやってたゲームの中の世界じゃない?! 突然、前世の記憶を取り戻した伯爵令嬢コゼットは自分の太ま//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全161部)
  • 1286 user
  • 最終掲載日:2017/01/17 07:00
アルバート家の令嬢は没落をご所望です

貴族の令嬢メアリ・アルバートは始業式の最中、この世界が前世でプレイした乙女ゲームであり自分はそのゲームに出てくるキャラクターであることを思い出す。ゲームでのメア//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全104部)
  • 1302 user
  • 最終掲載日:2016/10/10 11:31
そして少女は悪女の体を手に入れる

生まれつき体が弱かった私。17歳の人生が幕を閉じようとした時、笑顔がとっても可愛い天使さんが現れて、私に別の人の体をくれた。 どうやらその人は、自分で自分の人生//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全66部)
  • 1154 user
  • 最終掲載日:2017/01/01 23:53
↑ページトップへ