挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

祖父母乱舞

作者:とびらの
我が子への読み聞かせ用、創作童話。
3~7歳くらいがウケやすいと思います。
ぜひ口に出して、聴かせてあげてください。
 むかしむかし あるところに
 おじいちゃんと おばあちゃんが いっぱいいました

 そりゃあもう山のように 
 あっちを向いてもおじいちゃん
 こっちを向いてもおばあちゃん

 あっちもこっちもそっちもどっちも
 おじいちゃんとおばあちゃんだらけでした


 ある日 おじいちゃんは山へ しばかり に
 おばあちゃんは川へ せんたくに
 みんなでぞろぞろ行きました

 ところがおじいちゃんはいっぱいいっぱいいるものですから
 山はあっというまにツルッパゲ

 おばあちゃんもいっぱいいっぱいいるものですから
 川はせんたく汚れでドロッドロ

 なんかもう
 どうしようもありませんでした


 あるとき 1人のおじいちゃんが言いました 

「都では 鬼があばれて こまっているらしい。わしが行って、鬼どもみんな退治してやる」

 おじいちゃんたちは言いました。

「なるほど」「そりゃあいい」「わしも行くぞ」「わしも」「わしも」
「みんなくるんかい!」

「あたしもいきますよ」「じゃああたしも」「あたくしも」
「ばあさんたちもくるんかい!」

 そしてみんな仲良くごいっしょに、鬼退治へ出かけたのでした

 でもおじいちゃんとおばあちゃんは、ちょっと足腰が弱いので
 鬼が島に着くまでに 4年と8カ月 かかりました

 おじいちゃんはますますおじいちゃんに 
 おばあちゃんはますますおばあちゃんになりましたが

 みんな元気で何よりです


 そうして いっぱいのおじいちゃんと いっぱいのおばあちゃんは
 鬼のいる島までたどり着きました


 といっても みんなおじいちゃんとおばあちゃんなので
「たぶん無理だろうな」
 って 実はみんな思ってました


 そう思いながらもたどり着いてしまいました

 するとそこには鬼がいっぱいいました
 だけど鬼も おじいちゃんとおばあちゃんばっかりでした

 おじいちゃんな鬼と おばあちゃんな鬼と
 どっさりいっぱいいるおじいちゃんたちと うずたかき山のようにものすごくいるおばあちゃんと

 どっちかというと 人間のほうが勝ちでした

 おじいちゃんたちとおばあちゃんたちは無事に鬼を退治して
 金銀財宝と 宝箱をもって帰りました

 行きより荷物がふえたので 6年と4カ月かかりました

 それでもお元気そうで何よりです


 里に帰ったおじいちゃんたちとおばあちゃんたちは

 宝箱をあけました

 すると中から……

 うわーっ! これまたやまもりどっさりと いっぱい いっぱいの
 ちいさなおじいちゃんとおばあちゃんが あとからあとからどんどこどんどこ

 うわーーっ! これでもかというほどに
 いっぱいいっぱい 出てきました


 そうして たくさんのおじいちゃんと たくさんのおばあちゃんは
 みんな仲良く たのしく暮らしましたとさ


 めでたしめでたし



 

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ