挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

短編コメディ『考え過ぎ』

考え過ぎ・おでん篇

作者:笛吹葉月

 突然だが、俺は思慮深い人間だ。
 ……ズボラなどではない断じて。生きるための知恵が溢れてると言って。

 レトルトのおでん、というものをご存知だろうか。ビニールのパックの中に出汁と具がパッキングされていて、ボイルで温めて食べる、冷蔵保存推奨のブツだ。
 こたつでおでん、最高だよね!
 というわけで今夜の夕飯はおでんに決定。俺は料理法もエレガントなのだ。俺が作る焼きそばは絶品なんだぜ。“湯切り時に麺も一緒にバシャー”なんて失態はもうしない。経験の積み重ねは大事。

 さて調理開始。鍋に水を入れてコンロにかける。手際よくやらんとね、うん。
 続いて冷蔵庫から取り出したおでんのパックを水洗い。……え? いやだって、パックの外側が汚れてたらボイル中に汚れが水に溶けだして、ひいてはそれが鍋に付着するわけだろ。そしたら鍋を洗う必要が出てくるじゃないか。それは面ど……いやいやMOTTAINAIでしょ。俺、日本人だし。
 沸騰したお湯にパックをイン! 鍋の縁にビニールがくっつかないように箸で沈める。熱で溶けて有毒ガスとか。超ヤダ。
 温まるのを待つ間に皿を用意。汁が結構多く見えたからな、いちばんたくさん入りそうな深皿で。どんぶり鉢くらいの深さがあればよかったんだが、我が家の食器中ではこいつが最大である。大は小を兼ねる……ちなみに他の大多数の奴らは冬眠中である。埃的な意味で。
 箸でちょくちょく沈めながら、時々ビビって火を弱めながら待つこと五分。そろそろ……と、火を止めて熱い袋を箸と手を駆使して引き揚げる。捕ったどー!
 いよいよ盛りつけに入りますよ。
 汁がやっぱり多いなー。流しに捨てればいいのだが、あれだ、大根の屑が含まれた汁を流すと後で掃除するのが大変だ。考えてもみろ、いざ大掃除しようとなった時のことを。水垢と遠い昔の野菜屑に塗れた排水口……超カオス! 触りたくない!
 だからせめて流すなら液体オンリーで。今回は出汁から具の欠片を仕分けるのは至難の技ゆえ、このまま強行突破しようと思う。いける、いけるはずだ……俺はお前の懐の深さを信じているぜ、皿ぁ!
 まずは汁を注ぎ。次に具を慎重に。大根、がんもどき、牛蒡巻き、昆布、さつま揚げ。難関の卵もクリアし……
《つるんっ、ぽちゃっ》
 キェァァアー!!

 ……少々のアクシデントはあったが、どうにか盛り付けも完了。は、はぁ? 指なんて熱くなかったし。シャツの染みとか見えねぇしマジうける見ないでください。
 しかしまぁ皿のキャパが色んな意味で予想外だったわ。愛してる表面張力! 結婚してくれ!
 ……おほん。
 ここからが問題である。『台所より三メートル先に目標を設定!』……したのはいいのだが、こたつに至るまでに、この爆弾と化したおでんを保持したまま、数々の障害物を絶妙なバランス感覚で乗り越えねばならない。これらの難関も、俺の日頃の積み重ねの結果である。
 『ここはフォーム“SURIASHI”を!』『前方に段差を確認! これよりエリア・リビングに突入するッ。スピードを二段階下げろ!』『た、隊長、複雑に絡み合ったコードの群れです! 母体はラジカセ、ドライヤー、携帯の充電器、そして……こ、こたつです! こたつ側がコードを使って我々に攻撃を!』『慌てるな! 落ち着いて、着実に隙間を見極めるんだ。少しでも傾けばおでんの汁が甚大な被害をもたらすぞ!』『着陸予定地に大量の紙類あり! このままでは雑誌及びマンガが危険です!』『緊急避難を要請!』
 ……幾多の困難を乗り越え、俺はおでんをこたつの天板に――置いたっ! ざまぁ!!
 こたつのスイッチを“入”にして、温まるまでに箸を取りに行く。コードの森を調子に乗って跳ん……だりしたら、それは正真正銘アホの子である。俺はそんな“気を抜いた瞬間に足を引っ掛けて転ぶ”ようなありきたりなミスはしない!
 やっと、おでんとこたつの競演が始まる……! 俺はいそいそと愛しいこたつちゃんの元へ戻り、するりと体を中に滑り入れ――
《ガン》
 アッ――!!



 ふっ……よもや入る瞬間に足がこたつにぶつかり、その衝撃で出汁の氾濫が起こるとは一体誰が予想できたろう……。少なくとも俺にはできなかったさ。
 ああ、出汁のいいにほひがします。とりあえず、食って温まろうか……。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ