挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

【詩集】Shangri-La

なにげない夜に吹く風に

作者:野鶴善明

 なにげない夜
 小川のほとりを
 ぶらぶら歩く
 なにげない夜の
 さりげない風
 ねむたげな柳を
 そっと揺らして

 まっすぐ家へ
 帰りたくない気分だから
 こんな気持ちを
 持って帰りたくないから
 汚れた空に
 ひっそり息づく
 薄い星を見上げる

 風よ
 風よ
 僕の心を
 吹き抜けておくれ
 僕の心を
 洗っておくれ

  嘘やいつわり
  邪険な想いは
  軽いうちに
  振り払ったほうがいい
  心にこびりつく前に
  拭き取ったほうがいい

  誰かの期待だとか
  誰かの憎しみだとか
  自分の欲だとか
  自分の怨みだとか
  そんなつまらないことは
  どうでもよくて

  願うことは
  たわいもないこと
  きれいに笑って
  きれいに暮らしたい
  心安らかに
  生きてゆきたい
  ただそれだけ

 なにも思わず
 なにも考えず
 よけいなものを
 心から追い払う
 ただ風を感じて
 なにげない夜に吹く
 さりげない風を感じて

 風よ
 風よ
 僕の心を
 清めておくれ
 心ほのかに
 澄みわたるまで
 風に吹かれて歩きたい


評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ