挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
婚約破棄されたので、村で内政チートしてみる 作者:ツキニムラクモ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

4/10

村へ

本物のレイアが出る話では、転生者を麗明。本物をレイアと表記しています。
準備を終えた二人は、村へと向かっていた。
「そう言えばさー。」
「何ですか?」
サイドカーに乗るレイアが唐突に声を上げる。
彼らの移動手段はサイドカーの付いた自転車である。
ただし、多段ギアなどは無い。
魔法が発展し、科学や工学など全く発展していないこの世界では、同サイズのネジすら作る事は困難である。
だが、領地を回るのに馬車では時間がかかりすぎる為、試行錯誤の結果、この形で落ち着いた。
ちなみに、3代目である。
本来なら人力車が一番速いのだが、ラシュクルドが蹴り上げた砂がかかったり、衝撃が強すぎて人力車が浮き上がるなどの問題があった。
「いや、ラッシュじゃなくてレイア。」
『何でしょう?』
ラシュクルドを愛称で呼んで否定し、レイアに話しかけた麗明は、ふと疑問に思った事を聞く。
「レイアは逆ハーしたかった?」
『何ですか、唐突に。』
「いやー、前世で逆ハー狙ってた友人がいたからさー。もしかしてレイアもそうなのかなーと思って。」
『麗明さん、こんな事言いたくありませんが、友人は選びましょうね。』
「いや、私じゃないよ! 友人だよ友人! マッタクナニヲイッテルノカナー。」
あからさまに目を泳がせ、不自然な態度の麗明に、ラシュクルドは生暖かい目でむける。
「な、何よ、その目は。友人だからね! 私じゃないからね!」
必死に弁解しようとする麗明に、ウンウンと唸っていたレイアが声をかける。
『麗明さん。』
「何よ!」
明らかな八つ当たりであるが、レイアは構わず続ける。
『例え私が物語のヒロインだとしても、逆ハーは願わなかったと思います。』
予想外の回答に、麗明は驚く。
『我儘姫』
その呼び名が付けられる程、ゲームでのレイアは我儘で傲慢だった。
必要な物は手に入れるではない。
欲しい物は奪う。
それがゲームでのレイアだった。
『確かに、欲しい物は父にねだりました。例えそれが他人の物だとしても。』
いきなりの発言に、麗明は戸惑ってしまう。
『でも、本当は誰かに見て欲しかったのかもしれません。』
「どういうこと?」
訳がわからないといった表情で麗明が問いかける。
『誰も私を見てくれません。いえ、見ているんだと思います。でも、それは侯爵令嬢レイア・フォン・ライアーノであって、等身大の私ではないんです。まるで私の価値が、侯爵令嬢の肩書きにしか思えませんでした。』
「なるほど。一種の独占欲ですね。」
「独占欲?」
「はい。子供などがイタズラをしたりするのは、その人に構ってほしいからです。クラスの気になる子を虐めるあれですよ。」
「あー、なるほどねぇ。」
言われて納得する麗明。
「まぁ仕方ないわよ。恋愛の末に結婚するより、政略結婚がまかり通る世の中なんだから。ハッピーエンドがまかり通るのは、ゲームや小説だけなんだから。」
その言葉に、ラシュクルドもレイアも何も言わない。
二人とも、生前の麗明の身に起きた事をしっているから。
少し重くなった空気の中、一行はラシュクルドが生まれた村へと向かっていた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ