挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
転生したけどどうしたものか 作者:俺?誰?何?これ?
1/71

ここは何処?まぁ良いか

今まで読むだけで満足していたんですが、書いてみたいなって感じで突然の思い付きで書いてみただけなので余り期待しないで下さい。


俺は今さっき死んだ............

はずなのに何故か見知らぬ場所にいる
これが死後の世界なのか?
そんな風に思ってただぼんやり回りを見渡していると....


こじんまりした部屋を見つけた。
畳1面の真ん中にこたつ
奥の方にはポットとお茶うけがある
まるで何処かの旅館の様な部屋だ。

ふとその部屋でお茶を飲み待ったりしていると
知らない奴が此方をガン見してくる

(ジー............)

「うん?」

(ジー....................)

俺はとっさにそいつに声をかけてみた

「何か用か?」

バタン!!
声をかけるといきなりドアを閉められた
あいつは一体誰で何をしたかったのかよく解らなかったがとりあえず考えるのをやめた............
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ