挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
この連載小説は未完結のまま約5年以上の間、更新されていません。
今後、次話投稿されない可能性が極めて高いです。予めご了承下さい。

エキセンへの5円切符~始まりの物語~

作者:RN
超能力者のみが集まる"風変わりな"又は"異常な"裏の駅。ただの人間の少年は不思議な切符と銀髪の青年と出会い、新しい世界へと足を踏み入れた。弱い今の自分を変える為に。強くなり憧れの先輩に振り向いて貰う為に。
少年「どうやったら超能力を使えるのですか師匠!」、青年「先ずは駅で切符を買ってください。今回は練習なので1000円まで、わかりましたか?」、少年「え?」、少女「切符=超能力。コレ常識」、少年「うェ?」。今、此処に始まる次世代鉄道物語!!
プロローグ
2010/02/16 02:07
第01話 : 5円で始める超能力
2010/02/16 19:47
第02話 : チームと少女とリーダの力
2010/02/18 20:39
第03話 : 能力者社会
2010/02/20 00:42
第一章 : 第04話 : 過去からの使者 - 発端
2010/02/21 00:58
第05話 : 超能力講座
2010/02/27 23:56
第06話 : サディスト兄妹
2010/02/28 22:58
第07話 : 公園にて降る雨
2010/03/07 23:59
第08話 : 過去からの使者 - 魔手
2010/03/08 09:04
第09話 : 過去からの使者 - 挑戦
2010/04/17 01:22
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ