挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
八男って、それはないでしょう!  作者:Y.A
4/205

第四話 バウマイスター騎士領。

「我がバウマイスター騎士領内は、実はその領域の広さで言えば大公領に匹敵するほど広いんだ」

 朝食後、俺は同腹では一つ上の兄エーリッヒから、自分の実家であるバウマイスター騎士領内の実情について説明を受けていた。
 六歳の子供が急にこんな難しい質問をするのでおかしいと思われる心配もあったが、新しい両親も含め、他の兄弟や使用人達も特に違和感を感じていないようだ。

 というか俺は、この温和で知的な顔をした少年五男エーリッヒよりも十歳も年下な、味噌っかす扱いの八男なので、今まであまり注目もされていなかったのであろう。

 味噌っかす扱いなのも、時としては助かる事もあるようだ。

「では、全てを開発すれば父上は……」

「開発できたらな。そう……、辺境伯は堅いだろうね」

 ただ兄エーリッヒの口調は鈍く、もし開発できたらという事らしい。

 我が新しい故郷バウマイスター騎士領内は、一応は東部と南部が海に面している。
 だが、我々が辛うじて開いている土地との間には、広大な未開地と森が広がっていた。

 内外の人間から『魔の森』と呼ばれるこの森には、様々な自然の食材や薬草、一部では鉱物や宝石などを産出する場所もあり、開発できれば莫大な富をもたらすはずであった。

 だが、同時にこの森は魔物の宝庫でもある。

 魔物とは、発生のメカニズムは不明であったが、普通の野生動物が巨大・凶暴化したり、明らかに自然の生態系から一脱したような生き物の事を指す。

 彼らは繁殖力が豊富で、その強さは最弱の物でも普通の人間では歯が立たない。
 その代わりに、それらを倒すと毛皮や牙などは高価な素材となり、肉なども美味で高級であった。

 だからこそ、彼らの討伐を専門とする冒険者達や、彼らを支援・管理する冒険者ギルドが存在するのだが、問題なのはその冒険者ギルドにすら支部設置を断られるほど、このバウマイスター騎士領が辺境にあるという事であろう。

「確かに、魔の森は強い冒険者にとっては実入りが大きいのかもしれない。けれど、あのくらいの魔物の巣は、大陸中に何千箇所も存在していてね……」

 リンガイア大陸には、このような魔物の住まう領域というのが大小何千箇所も存在しているらしい。
 それは、荒野だったり、平原だったり、川や湖沼だったり、うちのように森だったりと。

 とにかく一定の領域が魔物のテリトリーとなっていて、そこに侵入する人間や他の動物達を見つけると排除してしまう。
 先程、父アルトゥルが話していたブライヒレーダー辺境伯軍の悲惨な最期は、魔物の縄張り意識を軽視した結果のようであった。

「ブライヒレーダー辺境伯軍の最後に関しては、あれは父上も先代ブライヒレーダー辺境伯も焦り過ぎたというのが……。あとは、中央の王宮側の判断もかな?」

 それに、単独や少人数でこっそりと魔物の領域に侵入し、その力量に合わせて小数の魔物を狩って来る冒険者という仕事はちゃんと成立しているそうだ。

 勿論途中で命を落す者も多いが、危険な分実入りも大きいので、一代で財を成し、有名になって王宮や貴族に仕える者も多いとの兄エーリッヒからの話であった。

「ですが、エーリッヒ兄さん。ならば、どうしてギルド支部設置を断られたのですか?」

「とても手が回らないのさ」

 そう、魔物の住まう領域は王都の近くにも複数存在しているのだ。
 彼らはなぜか自分達のテリトリーからは一歩も出て来ないのだが、逆に侵入した冒険者や軍勢には容赦をしない。
 一攫千金を求めて魔物の領域へと侵入する人間と、それを排除しようとする魔物達との死闘。

 よって、いくら多くの人が冒険者となっても、その分消耗もするので、リンガイア大陸には未だ中央部にも手付かずの魔物の住まう領域が多数存在している。

 当然これら領域の開発など不可能なので、ヘルムート王国もアーカート神聖帝国も魔物の住まう領域を『大陸の痣』と呼んで悩みの種となっていたのだ。

「考えてもみるんだ。いくら辺境とはいえ、たかが騎士爵しか持たない我がバウマイスター騎士領が広大な領域を有するのかを」

 バウマイスター騎士領の起こりは、王都で無役で燻っていた貧乏騎士がスラムなどから数十名の貧民達を連れ、この地に農村を開いたのが始まりらしい。

「王宮は、まさかこの地に人間が農村を開けるとは思っていなかったようで、ご先祖様が村の設置に成功したと報告を受けるとすぐにバウマイスター騎士領の成立が認められたようだね」

 とはいえ、このバウマイスター騎士領は恐ろしいほど辺境にあり、外部との交流手段も恐ろしいほど乏しかった。

「北・西部の領域境を走る山脈の麓に開いた三つの村に、人口が約八百人。主産業は農業と僅かな狩猟・採集物のみ。あとは、少しだけだが鉄と銅が採れるのが救いかな」

 隣人には、うちに関わって痛い目を見たブライヒレーダー辺境伯領が西部に、北部にはうちと同じような弱小領主連合の領地が固まっているそうだ。

 ただ、その間には飛竜が群れを作って生息する山脈が走り、他にも魔物が多数生息するので、彼らとの交流は数ヶ月に一度訪れる商隊との交易のみであった。

「辛うじて、何とか護衛付きなら通れる細い山道が存在するらしい。ただ冒険者の護衛は必須だし、その分外部からの輸入品は高く付いてしまうんだ」

 更に、こんな辺鄙な村まで、しかも飛竜まで襲って来る可能性がある商隊の護衛任務は冒険者に人気が無いそうだ。
 当然報酬は弾まないといけないのでその分商品の値段は上がるし、父アルトゥルは領主の権利とも言える関税すら掛けられない状態にあるらしい。

「関税なんて掛けたら、ここに来る商隊なんてゼロだろうからね」

 兄エーリッヒは苦笑しながら説明を続けてくれたが、要するに四方を魔物の住まう領域に囲まれ、その地も含めて膨大な未開地が領地として王国から認められているものの、まず開発など不可能な状態にある田舎の弱小領。

 これが、俺の新しい家であるバウマイスター騎士領の現実であるようであった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ